Catal

英単語の正しい覚え方!語彙力を強化する効率の良い学習方法を徹底解説します


英単語の正しい覚え方!語彙力を強化する効率の良い学習方法を徹底解説します

英語力の基礎である、語彙力。語彙力は、リーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの英語4技能全ての基礎になっており、英語力は語彙力に比例して成長していきます。英単語を覚えることは、英語学習の中で一番重要な要素と言っても過言ではありません。そして、英語学習の中でも一番時間が必要な作業でもあります。この英単語を覚える作業を、正しく効率的にできれば、みなさんの英語学習は質が高くなり、英語力を上げていくことができるでしょう。今回は、正しい単語の覚え方や効率の良い学習方法を徹底解説していきます。

語彙力の重要性

語彙力は、なぜ必要なのか。もちろん、単語を知っていないと、英文を読めない、書けない、話せないからです。旅先で、「単語と単語をつなぎ合わせて話したら、なんとか英語が通じた!」というような話をよく聞きますよね。それくらい、単語を知っているということは、英語を使ってコミュニケーションをする上でとても大切なことです。

また、各英語の資格・検定試験でも、レベルに応じた必要語彙数の目安があります。日本人に身近な英検だと下記の図のようになっています。

英検級別必要語彙数

つまり、どれだけ単語を知っているかということが、英語力がどれくらいあるのかという基準になってくるとも言えます。

日本の英語教育方法で単語を覚えても使えない理由

日本の教育でも、とにかく単語を暗記して、単語テストでどれくらい覚えているかチェックするということを授業でやっていますよね。ですが、なぜか日本の英語教育だけを受けて大人になった人は、英語で喋れない人が多いと思います。それはなぜでしょうか?理由は2つあります。英単語を和訳し、単語の意味や発音だけを覚えているからです。

英単語と和訳をイコールで覚えている

英単語を和訳して覚えると、英単語1つに対して日本語の意味を1つで覚えますよね。例えば、”apple”という単語を”りんご”という日本語の意味で覚えることで、単語に対する意味がイコールで繋がります。そうなると、1対1の単語と和訳のセットを膨大な量覚えることになります。英検1級の合格に必要な1,5000の単語を覚えるためには、単語と和訳の1セットを1,5000通り覚える必要があります。だから、単語の暗記が苦しくなってしまうし、忘れやすくなってしまう。

意味と発音だけを暗記している

また、単語を意味と発音だけで覚えることによって、どういうシーンでどのような形で使うのかを一緒に覚えられず、単語の意味と発音が切り離された状態でインプットされてしまいます。そうすると、書くときや話すときの使用イメージが繋がっていないので、使うことができないのです。

使える単語の覚え方

では、どのようにして単語を覚えると、効率よく語彙力が上がって使えるようになるのでしょうか?キャタルで行っているバイリンガルメソッドを交えてお伝えしたいと思います。

英英辞書を使って、英語で理解する

まず、和訳をせずに英語のままで覚えることが大切です。英英辞書を使って意味を調べるとどういう風になるかというと、英文で意味や解説が書いてあります。例えば、”apple”という単語を調べると、

ap‧ple  /  1 [countable, uncountable] a hard round fruit that has red, light green, or yellow skin and is white inside
LONGMAN現代英英辞典より引用

と書かれています。appleという単語の解説に、fruitやred、greenなどの単語が出てきました。つまり、英語で意味を理解すると同時に、たくさんの単語を一緒に覚えることができます。

意味を調べた時にわからない単語が出てきたときは、さらにその単語を調べて理解できるようにしましょう。わからない単語を一つずつなくしていけば、語彙力はしっかりと身についていきます。単語と単語が繋がることで言い換えもできるようになり、語彙が広がっていくのを感じることができるでしょう。

覚える作業は、例文を使う

次に、文章を使って活用方法を一緒に覚えることが大切です。どんな文章でどんな形で使うのかを一緒に覚えることによって、同じシーンや同じような文章が出てきた時に思い出すことができます。例えば、先程の”apple”という単語であれば、「I like an apple.」や「This apple is sweet.」などの例文を使うことで、使用イメージや文章のどこに入るのかなども覚えることができます。そのまま書いたり、話したりすることも簡単ですよね。

効率の良い覚え方

さて、ここまで正しい単語の覚え方を解説しましたが、単語を覚えるために必要な作業は変わりません。「読む」「書く」にはスペルを覚える必要がありますし、「聞く」「話す」には発音を覚える必要があります。
ここからは、効率よく単語を覚える方法をご紹介します。

単語カードを作成する

英英辞書で意味や解説を調べ、例文と一緒に単語を覚えるには、単語カードを作成することが一番の近道です。ノートに書いておいてもよいですが、復習するために持ち歩くのは大変ですし、ノートに単語が並んでいると探す手間がかかります。

単語カードの作り方

単語カードは、裏に単語のスペルを書き、表に例文と解説文を書きます。表の例文や解説文を読んで、あてはまる単語は何か、という覚え方をします。例文に当てはまる単語は空欄にしておくことがポイントです。例えば”apple”だとしたら、

I like an (   ).
dif / a hard round fruit that has red, light green, or yellow skin and is white inside

※dif=definition(意味・解説)

と書いておくと、例文を見て単語を思い出すことができなくても、解説文を見て思い出すことができます。
また、動詞など活用系がある場合には、例文も活用の種類に合わせて書いておくと、セットで覚えることができるでしょう。

4技能をできるだけ同時に行う

人は集中しようとするとき、1つの動きに絞ると思います。例えば、スペルを覚えようと思ったときは、ひたすらノートにスペルを書く。発音を覚えようと思ったときは、繰り返し発音をブツブツ唱える。そうすると、どれも切り離された状態でインプットされてしまいますし、バラバラに行えばそれだけ時間が必要になるので、効率よくありません。

4技能を同時に行うというのは、単語の意味や例文を目で読み、口で発音し、その音を自分の耳で聞きながら、同時に書くということです。そうすることによって、効率よく同時に覚えることができます。スペルに自信がついてきたら、書くことを省いて音読(読む・聞く・話す)するだけでも、単語の復習になるのでおすすめです。

語彙力を強化して、英語力を上げよう

いかがでしたか?使える単語の覚え方で、効率よく学習することで、英語の基礎をしっかりと身につけることが英語力を上げる近道です。語彙力なくして、高い英語力は身につきません。リーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの英語4技能全てにかかわる大切な語彙力。

ぜひ、今回の記事を参考にして、英語力を上げていってくださいね!



The following two tabs change content below.
藤田 菜月

藤田 菜月

広告代理店での経験を活かし、英語塾キャタルのマーケティング部に所属。デジタルマーケティングをはじめ、販促企画、事業企画などを担当。社内では"信長"という愛称を持つ、とてもアグレッシブなタイプ。日本中の子どもたちに、将来に繋がる英語学習の機会を届けたい。

【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

関連記事