IB教育(国際バカロレア)

初心者から始めてTOEFL iBT107点。日本にいながらバイリンガルになれた学習法とは

今回ご紹介するのは「英語が楽しい!キャタルが大好き!」と、キャタルに7年間通い続けたM.Mさんです。小3で英語初心者としてキャタルに入塾し、約2年で英検®2級を取得しました。そして入塾して6年目の中3でTOEFL107点、TOEIC980点という驚異的な結果を出しています。キャタルのビジョン“ABCからTOEFL100点”を6年かけて体現したM.Mさんに話をお聞きしました!   英語を学び始めるとどんどん好きに 小さい頃から母に「英語が喋れるようになったらインターナショナルスクールにも入れるよ!」と言われていました。私はインターナショナルスクールで勉強してみたいと思っていたので、英語の勉強をがんばれました。キャタルに入ってからは、英語がとても好きになりました。英語がほとんどわからない状態で入塾しましたが、先生が英語で話している内容がだんだんわかるようになってきて、もっと英語を習いたくなり、さらに英語が好きになった当時の気持ちを今でも覚えています。   海外大に進学するため国際バカロレアを希望 小6でインターナショナルスクールに入学後、IB(国際バカロレア※)コースで勉強したいと思い、受験して、都立国際高等学校に合格することができました。授業は全部英語で行われることも、私にとっては嬉しい点でした。ただし、英語レベルが最も高いクラスにいるため、周りの英語力も英検®1級や... 続きを読む

「生きることは何なのかを教えたい」 坪谷ニュウェル郁子氏が提供している世界水準教育

*中央が坪谷ニュウェル郁子氏。1985年にイングリッシュスタジオという塾を設立したのち、幼稚園、小学校、中学校と開校。現在は学校経営の他、国際バカロレアの親善大使、政府の教育再生実行アドバイザーなど多方面で活躍されている

 

どの国に行っても継続できる学習プログラム ― 国際バカロレア教育

坪谷氏が1995年に設立し、現在も理事長を務める東京インターナショナルスクールには、56か国から360名の生徒が通っている(数字は収録当時)。
「生徒の95%が日本に3~4年滞在する駐在員の子どもです。本国の教育の途中でやって来て、また数年後に違う国へ出ていく。彼らのように国を転々とする子どもたちと保護者が求めているのは、世界中どの国に行っても継続できる学習プログラムで、本校は国際バカロレアの認定校となりました」
続きを読む

海外大学への進学の突破口となる国際バカロレア

単刀直入に言おう。子供を海外の大学へ進学させたいのなら、一流の社会人に育てたいのなら、国際バカロレアを受けさせるべきだ。

国際バカロレアでは6つの科目群と3つの必修要件を用いて成績が評価される

 上の大胆とも思われるコメントにはれっきとした根拠がある。それは、国際バカロレアが価値を置いている10個の人間性というものが、一流の社会人に必要となる素質と同じであるからだ。言い換えれば、国際バカロレアを修了することでこれらの素質が身につくようにカリキュラムを組んでいるので、一流の社会人を育成する準備段階として国際バカロレアの価値があると言える。具体的に国際バカロレアが価値を置く人間性とは以下の10項目である。

  • 学習し続ける人
  • 知識のある人
  • 考える人
  • コミュニケーションができる人
  • 信念を持つ人
  • 様々な価値観を受け止められる人
  • 思いやりのある人
  • 挑戦する人
  • 人生のバランスが取れている人
  • 振り返りができる人

これらは世界どこへ行っても通用する素質であり、そのことを理解して50年前から理想像として掲げてきた国際バカロレアは素晴らしいディプロマだと言わざるを得ない。

筆者も、イギリスに住んでいた時国際バカロレアに出会い、国際的なディプロマであるから、海外の大学への進学にも役立つとのことで、履修を決めた。その選択は自信を持って正解だったと言えるし、他人にも自信を持って受けることを勧める。また、読者の中には、子供を海外の大学へ進学させたいと考えている親もいるであろう。そういった方のために、国際バカロレアについて紹介していこう。
続きを読む

世界共通の大学入試資格 「国際バカロレア教育」が日本の学校教育を変える

国際バカロレア(以下IB)は、国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が提供する、全世界に共通する国際的な教育プログラムで、1968年に設置され世界に広がったが、日本での認知度は低かった。 しかし、文部科学省が「2018年までに国際バカロレア認定校を200校程度まで増加させる」という目標を打ち出したことにより一気に注目され、当時16校しかなかった認定校が、現在は100校程度にまで増えている。
改革に取り組んでいる日本の教育界に、黒船のようにやってきたこのプログラムについて、IB教育推進の第一人者である玉川大学の江里口歡人(えりぐちかんど)教授にお話を伺った。


中央が江里口教授、玉川学園での国際バカロレア・プログラム導入に携わり、玉川大学大学院教育学研究科にIB教員養成コースの立ち上げを推進された
続きを読む

海外の有名大学への道が開ける「国際バカロレア」とは?

young-1822682_1280

2020年にはセンター試験が廃止されることも決まり、教育現場では様々な変化が起きています。政府は次から次へと教育改革を推進しており、「情報量についていけない…」と思われている方も多いのではないでしょうか。

さて、今回はその改革の一つをご紹介します。

「2018年までに国際バカロレアのディプロマプログラムを採用する学校200校を目指す」

ーこちらの政策はご存知でしょうか?

国際バカロレアって何?と疑問に思われた方々へ。
まずは簡単にこの教育プログラムのご説明をします!

続きを読む

国際バカロレアはどうして重要なの?

■はじめに 前回の記事では、国際バカロレア(IB)のカリキュラムについてご説明しました。この記事では、国際バカロレアが重視される理由について考えていきます。   ■世界各国で採用されている資格 国際バカロレアは国際的な基準と資格であり、世界で同じ水準の教育を受けられることから、関心が高まっています。 地域別に導入校数を見ると、アメリカ、オーストラリア、イギリス、インド、スペインが多く、2014年3月現在のDP導入学校数は、順に801校、152校、149校、94校、72校となっていて、広い地域で普及しています。 また、日本の企業においても海外との取引が増え、英語力やディスカッション・プレゼンテーションのスキルをもち、国際問題について理解する人材のニーズが高まっています。そうした流れを受け、教育においても国際的な基準が求められているといえます。 国際バカロレアの目的は、「異文化理解と尊重の精神を通じて、より良いより平和な世界の実現のために貢献する、探究心、知識、思いやりのある若者を育てること」なので、グローバルに活躍できる人材を育てることができるプログラムといえます。   ■探求、考える、コミュニケーションが重視される 現在、日本の学校教育・受験において考える力が重視される傾向にあり、思考、コミュニケーション、プレゼンテーションなどの力をつけるための授業が増えています。 国際バカロレアの学習者像には、「探究する人」、「考える人」、「コミュニケーションができる人」などが含まれていて、各プログラムでそうした力を育成するカリキュラムを実施します。 たとえば、ディプロマ・プログラムの指導と学習は、生徒が... 続きを読む

従来の日本の教育を覆す!国際バカロレアの内容

DP_01
■はじめに
前回の記事で、国際バカロレア(IB)の概要をご説明しました。今回の記事では、国際バカロレアのプログラム内容をみていきます。

 

■国際バカロレアの内容
国際バカロレアは、プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)、ミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)、ディプロマ・プログラム(DP)、キャリア関連プログラム(CP)の4種類があります。
国際バカロレアは考えて発信し、自国文化と異文化を理解してアイデンティティを確立することを重視していて、英語力に加え、リーダーシップ、企画構想力、感性を兼ね備えた人材を育てるのに適したプログラムといえます。

ディプロマ・プログラム(Diploma Program)は海外大学への入学資格であり、国内大学においても入試の受験資格などとして採用されていて、政府は2015年9月に「国際バカロレア認定のための手引き」を作成しました。そのため、特にディプロマ・プログラムに対する関心が高まり、認定校が増えると思われます。

続きを読む

知らないと損!超名門大学への入学資格になる「国際バカロレア(IB)」とは?

ib_01
■はじめに
英語に力を入れている学校のなかには、国際バカロレア(IB)の認定校があります。国際バカロレアの資格を取得したい場合は認定校で学ぶ必要があるため、早めの準備が必要になります。そこで、この記事では国際バカロレアの概要をご説明します。

 

■国際バカロレアの目的と活動
国際バカロレアとは、ジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する教育プログラムで、1968年に設置されました。国際バカロレアは世界で通用する大学入学資格であり、大学進学への道を付与することを目的の一つとしています。

国際バカロレア機構は、認定校の共通カリキュラム作成や、国際バカロレア試験・資格授与などを行っています。国際バカロレアが定めるカリキュラムを履修して、試験に合格すると資格を取得できる仕組みになっています。

 

■年齢別に4種類のプログラムがある
国際バカロレアのプログラムは次の4種類で、それぞれ対象年齢や科目が定められています。

続きを読む

【英語教育の未来:大学編①】大学入試はこう変わる!

478284069
英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組《In The Dreaming Class》、今回は文部科学大臣政務官の”山本ともひろ氏”をお迎えし、安倍政権の目指す大学入試制度改革についてお話を伺った。今回の記事では、特に「2020年に受験英語はどのように変わるのか?」をテーマに、大学入試制度改革の意図、これからの子どもたちに求めることなどを中心に山本政務官へのインタビュー内容を紹介する。

続きを読む