英検準2級

英検2次試験スピーキング対策 準2級

今回は、英検のウェブサイトに掲載されているサンプル問題を参考に、準2級スピーキングテストの解説をしていきたいと思います。

準2級の問題には、Recyclingというタイトルがつけられたパッセージと、イラストが2つ問題カードに載っています。Recyclingとはリサイクルのことです。

最初に指示されることは、パッセージを20秒間で黙読することです。黙読とはいえど、頭の中ではパッセージをしっかりと読み上げるようにしましょう。次の段階で同じパッセージを音読するように指示が出ますので、よりスムーズに音読できるようにするためにも必要なことです。

パッセージに関する質問の後は、必ずイラストについて聞かれます。まずは、イラストで起こっていることをなるべく詳細に説明するように指示が出ます。こちらの問題は3級のものと似ています。なので、この問題の練習のためにも、日頃から何かしらの絵や写真を見た際には英語でその様子を説明してみるということをやってみましょう。1人でやってみるだけではなく、お友達やご家族の方々と一緒にゲームのような感覚で行ってみることも良いかと思います。1人ずつ順番に、絵の中で起こっていることや、人物の描写、風景などについて英語で説明してみるのです。
また、電車に乗っている時には、たくさんの広告が貼ってあるのを見かけると思います。その広告に載っているモデルさんを見て、「この人はこの写真を撮影した時、一体何を思っていたのだろう?」や「この広告の設定の中で、この人はどういうことを考えているのだろう?」などといったことを考え、それを英語で言うというゲームもオススメです。最初は日本語でも良いです。日本語でやることに慣れてきたら、次は英語でやってみましょう。そうすることでスピーキングに慣れるというだけではなく、想像力を膨らませて身のまわりにあるものを英語と結びつけるということができるようになります。

このようにゲーム感覚で楽しく練習することは非常に効率的です。そして英語で何かを説明するというアクティビティには、たくさんの名詞、動詞、形容詞を蓄えておくことが非常に重要です。英語のストーリーブックやおとぎ話、冒険物語など、読むことでたくさんの鮮やかなイメージとそれに結び付く英単語を学ぶことができる本を読みましょう。やはり本は偉大です。読むことで自分の知らなかったかっこいい形容詞やフレーズ、普段は使わない言葉であっても知っておきたい物や場所の名前、国の首都の名前など、たくさんのことを学べます。

パッセージとイラストに関する問題の後は、受験者について聞かれます。次は受験者に関する問題を見ていきましょう。

ここでは面接官の質問をしっかりと聞き取ることが大切です。パッセージを見て答えるといった、あらかじめ用意してある材料に頼ることができないので、自分のリスニング力が試されます。なので、気を付けて質問を聞き取りましょう。

 

英検準2級のサンプル問題

Do you think drinks in plastic bottles will be more popular in the future?

「ペットボトルに入った飲料は、将来的にもっと人気が出るだろうか?」

パッセージのタイトルがRecyclingであり、内容もプラスチックのことや、どうしたらリサイクルなどといったより環境に良いことができるかといったものでしたので、そこに関連している質問がされます。ボキャブラリーなどをすでに目にしているので、パッセージと全く関係のないことを聞かれるよりも、このように関連づいたものの方が答えやすいです。

 

答えはYes.でもNo.でも大丈夫

では、答え方を見ていきましょう。
答えはYesでもNoでもどちらでも大丈夫です。数学のように1つの答えがあるのではなく、立場と意見を求められている質問なので、正しい答えというものはありません。最も重要なのは、自分の立場をはっきりさせることです。
例えば、
“I think it’s good…I think it will be popular…but I think that it could also not be popular.”
というような、どっちつかずな回答では点数がもらえません。
また、“I don’t know.”「分からない」は禁句です。これを言ってしまうと全く点数がもらえませんので、絶対に言わないようにしましょう。まずはYesかNoかのどちらかを言うことが大切です。

 

Yesの場合

“Yes. A plastic bottle will be more popular in the future because it is easy to carry drinks around in plastic bottles compared to cans because they can be closed and reopened over and over again. I think plastic bottles will replace can drinks.”
「はい、ペットボトルはより人気が出ると思います。なぜなら、ペットボトルは何度も閉めたり開けたりすることができ、缶よりも飲み物を持ち歩くのが簡単だからです。なので、ペットボトルは缶の飲み物をどんどん代用することになると思います。」

 

Noの場合

“No. Plastic bottles will not be popular in the future because it is hurtful to the environment to buy drinks in plastic bottles because a lot of plastic bottles end up in the ocean and pollute the water and harm marine life. People will use less plastic bottles and use reusable water bottles to carry around their drinks and it will become more popular to use reusable water bottles.”
「いいえ、ペットボトルの人気は落ちてくると思います。なぜなら、多くのペットボトルは海へ流れ出てしまい、水を汚染し海洋生物に危険を及ぼすといった環境被害を起こすからです。なので、人々がペットボトルを使うことは減り、再利用が可能な水筒を使って飲み物を持ち歩くようになり、水筒の方がペットボトルよりも人気が出てくるだろうと思います。」
 

自分の意見を考えて発言しよう

このように、それぞれの立場から意見を述べることができ、正しい答えというものはありません。日頃から自分の身の回りで起こっていることについて、自分はどう思うか、それぞれの物事に対してどういう意見を持っているのかということを考え、それを発言するようにしましょう。
例えば、ポイ捨て、路上の喫煙、投票の年齢が下がっていることなど、小さなことから国単位の大きなこと、世界中で起こっていることなど、様々な物事について考えることができます。そして自分なりの意見を持った後は、それをお友達やご両親、学校や塾の先生などといった様々な方に話してみましょう。その方々が同じ物事に対してどのように考えているのか、自分と同じように思っているのか、もしくは違う風に考えているのか、そしてその理由を聞いてみましょう。正しい答えも間違っている答えもありません。いろいろな意見や考え方があって良いのです。これはダイバーシティを受け入れる練習にもなるので、いろいろな立場の様々な背景を持った方々とたくさんの話をしてみてください。

英検準2級ライティング対策 ~増えた語数を満たすためのコツを掴もう~

よりレベルの高い文章の書き方とは?

英検準2級では、3級の問題とは表現が少し異なり、外国人の「友達」が「知り合い」に変わっています。日本語においても、ただの知り合いと話す場合は友達と話す時と比べて丁寧な表現を使うことが多いかと思います。準2級では3級よりもレベルが上がっているということで、より丁寧で高度な表現を使うことが求められます。

2017年に出題された過去問のトピックはこちらです。

≪トピック≫
“Do you think fast food restaurants are a good thing for people?”

続きを読む

【英検一次試験対策】3級・準2級・2級・準1級ライティング講座 

英検ライティング対策を音声で解説!

今回の放送は、英検一次試験の対策講座を行っています。

英検3級から準1級のライティングを解説しています。どうぞお聴きください。

Catalは「英検対策に強い塾」です。

4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく目標級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検合格を目指します。

現在通っている生徒は、バイリンガルの先生や教室の雰囲気、通いやすさなど、お子様に合っているかを見ていただいてから通われる方がほとんどです。まずは無料体験レッスンにお気軽にお越しください。

また、英検に何度も落ちている、どこからスタートしたらいいかわからないなど、もし英語のことで少しでも悩んでいるのであれば、なんでもご相談ください。

 

英検に合格できる、キャタルの勉強法はこちら。

【英語学習に役立つ本の紹介】キャタルのレッスンで人気!夢を追う少女の物語 “A Dream Come True”(ア・ドリーム・カム・トゥルー)


英語塾キャタル渋谷校に飾っている絵。「夢をかなえよう!」という想いを込めて、生徒・教師・スタッフみんなで色を塗りました。

“A Dream Come True”(ア・ドリーム・カム・トゥルー)
著者:Andrea Hutchinson(アンドレア・ハッチンソン)氏

この本は、英語塾キャタルのレッスンで教材として実際に使用されているものであり、レベルは英検準2級程度となっています。

イギリス北部のヨークシャーが舞台となるこのお話は、エリーという将来歌手になりたい17歳の女の子が、大好きな歌手に会いに行くという夢を叶えようと奮闘する物語です。夢を叶えるために、エリーは多くの困難に直面するのですが、それを一つずつ乗り越えていきます。
キャタルには、夢を持っている生徒がたくさん通っていますので、このストーリーに共感する生徒も多く、大変人気の一冊となっています。

ストーリーがとても面白いので、どんどん読み進めたいという気持ちになることはもちろん、「楽しい」という気持ちは学習効果を高めることへ繋がります。楽しいと感じられるものは記憶に残りやすいため、キャタルのレッスンでは、常に単語も本から学んでいきます。ストーリーのあらすじが頭に残ることで、新しく学んだ単語や言い回し、文章の使い方なども同時に記憶されやすくなるのです。

本の最初に出てくる “Dreams. Ambitions. Everyone has them.” 「夢や大志は誰もが持っているものだ」というフレーズは、この本が読者に感じさせることのできる「夢を持つことは楽しい」という気持ちを、ストレートに表現したメッセージとなっています。キャタルでは、夢を持つということをとても大切に考えているため、このようなキャラクターが登場する物語は子ども達も共感しやすく、英語学習においても有効な一冊です。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
バイリンガルお勧めの本 紹介記事はこちら
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

~人生の可能性を無限大に広げる力を与えてくれる一冊~ The Phantom Tollbooth(ファントム・トールブース)

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
英語学習に役立つ音楽 紹介記事はこちら
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語で表された、世界にとって大切なメッセージを理解しよう “Where Is The Love?”(ウェア・イズ・ザ・ラブ)

英語を体で覚えよう!歌詞に合わせて自然に体が動いてしまう一曲 “Another Day Of Sun”(アナザー・デイ・オブ・サン)

「高校生になったら1年間のカナダ留学」の夢を現実に!キャタルで学び英検2級に合格!中学3年生のHさん

今回は二子玉川ライズ校で学ぶ中学3年生のH.Fさんにインタビューしました。
Hさんは中1の時に自分の英語が通じず悔しい思いをしました。その経験をバネに、キャタルに来てからは英語力が伸びる「正しい学習法」を意識して学習を始め、4ヶ月で英検準2級に合格、1年で英検2級に合格しました。
また、高校生になったら留学したい!という夢への切符も既に手に入れ、目標に向かって勉強をがんばっているHさんの成長ストーリーです!
続きを読む

【小学生で英検®️2級】親子で掴んだ英検準2級合格!お母さんと一緒だから英語が好きになれた!

今回ご紹介するのは、いつも明るく元気にレッスンに来てくれる綾依莉さんです!英語の本を読むのが大好きで、ライブラリーの本も積極的に借りていきます。
英検ではお母さまも一緒に受験されているようで、一緒に英語を頑張ってきた結果、前回の英検では準2級に合格しました!
※インタビューを実施した翌々年に、小学5年生で英検2級に合格しました!

airi-kondo

 

綾依莉さんの英語力推移

2015年1月(小学1年生) 2016年4月(小学3年生) 2018年6月(小学5年生)
英検5級レベル 英検準2級レベル 英検2級レベル

 

ひとりでいろいろな本が読めるようになった!

キャタルは、本を読むところが楽しいです。私は『不思議の国のアリス』や『アナと雪の女王』が好きです。
自分のレベルに合った英語の本を自由に借りられるキャタルライブラリーでもたくさんの本を借りて読んでいます。
このまえはインサイドヘッドを借りて読みました。最近はバービーの本が好きで、イタリアへ行ったときにバービーの本を買ってきました。おうちでは一人で読んだり、お母さんと読んだりしています。今まではお母さんに読んでもらうことが多かったけど、自分でいろいろな本が読めるようになりました。

 

大変なことも楽しいからがんばれる!

レッスンではボキャブラリーカードを作るのが大変です。書くことがたくさんあるので難しいです。
でも本が好きなのでがんばれます。作ったカードは宿題で声に出してたくさん読んでいます。

 

英語ができるようになりたい!

旅行でイタリア、スペイン、オーストラリア、オーストリア、バチカン、バリなど、いろんなところに行きました。
これからも英語ができるようになってたくさん海外に行きたいです!

airilesson3
レッスン中の綾依莉さん

お母さまにもインタビューし、綾依莉さんの急成長の秘訣をお伺いしました。

子どもが「楽しい」と思うところを選んだ

小学1年生の4月から英語で遊べる教室に、同じ年の6月には他の英語塾にも通い始めました。
キャタルにはその後しばらくしてから通塾し始めましたが、次第にキャタルのほうが楽しくなってきたようなのでもう一方の英語塾はやめてキャタルに通わせることにしました。
子どもにとって英語の文法を習うなど、そういった英語の勉強は楽しくないだろうなと思っていたので、キャタルを選んだら子どもも楽しく通っていて気に入ってくれています。
他の教室と比べて、キャタルは海外経験のある英語を話せる先生がレッスンをしてくれるので、英語力を伸ばすのにとても良いです。そこが普通の英語教室とは違うところだと思います。

 

英語の本から新しい言葉を学べる

本を読みながら楽しんで英語を学んでくれているのが良いです。
「これ知っているかな?」と英単語を聞いてみたら意外と知っていたりするので、語彙の幅が広がっているなと感じます。
こないだ” funeral(葬式)” という言葉が本の中に書いてあって、実際にまだお葬式にも出たことがないのにどんなことかを知っているということもありました。

 

親子で一緒に勉強していると楽しい!

英検の勉強をするとき、試験の内容を把握しておこうと思って私も過去問を一緒にやります。
私が試験を受けたのも、綾依莉と一緒に勉強していて「私も受かるなぁ?」と思ったので、どうせ会場に送り迎えするなら私も受験してみようと思ったんです。そしてなにより一緒に受験できたら楽しそうだなと思いました。
綾依莉と一緒に受けるのが夢だったんです。このまえ合格した準2級も綾依莉と一緒にやろうねってことで受験しました。勉強もやっぱり親子でやっていたほうが楽しいです。

airilesson

段階的に英語を学べる「英検」

段階_02_resize

本当に英検は役に立つのか

毎年230万人が受験している英検は、多くの学校でも推奨される、日本で最もポピュラーな英語の技能検定です。その理由の一つは、合否によって英語力を判定するところにあります。 合格・不合格という明確な結果が得られることで、日常的に使わない英語でも目に見えて成果を感じることができます。但し、必ずしも「合格」=「そのレベル(級)の英語力が身についている」とは限らないのが英検の落とし穴といえるでしょう。

続きを読む