TEAP攻略はリーディングで85点以上取得がカギ!そのためにすべきこととは?


T_Reading

リーディングセクションの全体像を知っておくことが重要

TEAPの傾向と対策を実際に「TEAP実践問題集」のリーディングセクションを解いて考えてみました。
まずは、TEAPの試験を山登りに例えてみます。
山登りをするのに地図、方位磁針、リュック、トレッキングシューズ、ウェア、レインウェア、着替え、手ぬぐい、グローブ、食料、水などを準備するように、まずは試験というお山の全体像にあたる問題構成を把握してから臨むことが大切です。
まずはTEAPの構成を見てみましょう。

Part1(20問) 語彙・語法
Part2A(5問) 図表の読み取り
Part2B(5問) 掲示・Eメールなどの読み取り
Part2C(10問) 短い英文の読み取り
Part3A(8問) 長い英文の読み取り
Part3B(12問) 長い英文の読み取り(図表も含む)
計60問(所要時間70分)

 

TEAPのリーディングセクションはPart1からPart3までの3部門で構成され、60問を70分で解く、というなかなかタイトな時間配分になっています。リーディングは他の3技能のリスニング/ライティング/スピーキングと比較すると、点差がそれほどつかないことが予想されるため、事前の対策をしっかりして85点以上は獲っておきたいです。難易度は英検2級〜準1級レベルの語彙が文中に多く含まれており、内容はアカデミックなものやキャンパスライフに関連するものが出題されます。しかし、回答形式がマークシートですので、しっかりと対策を行っておけば確実に点数をとっておくべき分野であるといえます。

 

リーディングセクションのPart1が高得点へのカギ

リーディングセクションで全60問のうち、「20問」と3分の1を占めるPart1。ざっとみたところ早い人で5分で20問は解けるはずです。70分で全問解くことを鑑みると、どんなに遅くとも10分はここではかけられないので正確なタイムマネジメントが要求されます。
Part2A〜Part3Bまでの時間があまりないことを考えると、リーディングセクションで85点以上獲るためにはPart1の20問で少なくとも9割の「18問」以上を正解したいところです。

ここで問題に出てくる語彙を幾つか紹介したいと思います。
10個ほど列挙しますが、いくつわかりますでしょうか?

① rigid
② overhead
③ abrupt
④ epidemic
⑤ expell
⑥ altitude
⑦ defective
⑧ surreal
⑨ derive
⑩ extract

いかがでしたか?
英検に置き換えると準2級もしくは2級くらいのレベルでしょうか。
10個全部わかる方は比較的容易に回答できると思いますが、5個以下しか分からない、という方はボキャブラリーが足りていないので実際の試験になったとき苦しく感じてしまうと思います。

TEAPの問題は語彙力の不足を読解力でカバーできる要素は多分にありますが、やはりボキャブラリーをたくさん知っているに越したことはありません。多くの語彙を知っていた方が思考とその判断のスピードがあがるので日々、地道にボキャブラリーを増やすための時間をつくっていきましょう!

The following two tabs change content below.

【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

関連記事