Catal

日本人とバイリンガルの英語学習の違い


バイリンガル
みなさんのまわりには英語が流暢に話せる「バイリンガル」の友だちはいらっしゃいますか?
最近街を歩いていると日本人でありながら外国の人たちと流暢に英語で会話をしている人をたくさん見かけるようになりました。 日本語も話せて、英語もペラペラな人を見ていると、この人たちと自分が受けてきた英語学習は何が違ったのだろうかと思ったりします。今回は、日本の英語学習とバイリンガルが受けてきた英語学習との違いについて考えてみましょう。

日本の英語教育は 3 つの言葉で表現すると 「少量黙読」 「英和辞典」 「インプット重視」 になります。学校の英語の授業では話す時間より日本語の説明を聞く時間の方が圧倒的に長いですし、英和辞典をたくさんひいて行う和訳のトレーニングに重点がおかれています。

これに対してバイリンガルの学習法は 「多読 ・ 音読」 「英英辞典」 「アウトプット志向」 です。多読を通じてたくさんの英語に触れ、 それを声に出して自分の英語にしていく。英英辞典を使って英語で考えるトレーニングをし、サマリーやエッセイなど書いたものに応じて評価が決まります。

この方法はバイリンガルに限らず、ネイティブ達もおこなっているナチュラルな学習法です。それでもこれとは違った学習法が日本で行われてきたのには、受験という不完全なゴール設定と指導者不足という2 つの問題があったからでしょう。

日本の英語の授業は、英語を使えない人でも教えられるようになっていました。少ない量の英語を、構文解析をしながら読み進め、 一つ一つに和訳をつける。受験も構文を理解し、和訳ができればクリアできたので、この勉強法でも十分にゴールは達成できました。 ただ、使えるようになることをゴールにした場合は、この勉強方法では到達できません。

使えるようになるためには、 膨大な量のインプットをして、さらにそれを自分の言葉でアウトプットするというトレーニングの繰り返しが必要です。 インプットとアウトプットはセットで行うと効果は高まりますし、小さな子どもから大学の教授までレベルを問わずこのサイクルを 回すことで言葉の力を高められます。帰国子女が日本の受験でも結果が出せるのは、覚えることに加え、その一歩先のアウトプットのトレーニングもしっかりとしているからでしょう。

今までの日本では、使えるようになるというゴールが平易な英会話ができることと混同されてきました。そのため、使うようになるためのトレーニングは軽視され、知識レベルでは英語をとてもよく知っているのに、いざ使ってみるとなるとほとんど使えないというケースをたくさん産み出してしまいました。

これを解決するには、受験の一歩先にゴール設定をして、そのゴールのための学習法を身につけるのが大切です。一歩先のゴール設定をすると言っても、そちらの方が難しいわけではありません。英語の本を読んだり、英英辞典を使ったりするのは最初は敬遠されがちですが、実はそちらの方が日本語と英語を行ったりきたりする従来の勉強法より脳に負担が少なく、楽しく、簡単です。

次回からは、具体的なバイリンガルの勉強法について考えてみます。実際のトレーニング方法を見ながら、それがいかに簡単で、楽しく感じられるものなのかをお伝えしたいと思います。



The following two tabs change content below.
松尾 雄太
英語塾キャタル マーケティング室長

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

関連記事