日本人とバイリンガルの英語学習の違い

バイリンガル
みなさんのまわりには英語が流暢に話せる「バイリンガル」の友だちはいらっしゃいますか?
最近街を歩いていると日本人でありながら外国の人たちと流暢に英語で会話をしている人をたくさん見かけるようになりました。 日本語も話せて、英語もペラペラな人を見ていると、この人たちと自分が受けてきた英語学習は何が違ったのだろうかと思ったりします。今回は、日本の英語学習とバイリンガルが受けてきた英語学習との違いについて考えてみましょう。

続きを読む

脳の仕組みから効果的な英語学習を!集中できるバイリンガル脳をつくる秘訣とは

脳の仕組みから効果的な英語学習を!集中できるバイリンガル脳をつくる秘訣とは
英語学習の早期化に伴い、お子様の英語にさらに磨きをかけようとお考えのお父さま、お母さまもいらっしゃるかと思います。しかし、どんなに早く学習を始めたからといって思うように英語が身につかないという悩みもよく耳にします。どうせなら効果的に英語を学ばせたいと誰もが思っているはずです。

そのためにはまず脳の働きと英語学習について考えてみましょう。脳の働きを理解すると、より効果的に英語を学習することができます。そしてその鍵は「集中」と「音読」です。今回はこの脳の仕組みと集中・音読の関係について考え、効果的な学習を提案したいと考えています。

続きを読む

小学生の英検受験で注意すべき3つのポイント

小学生の英検受験で注意すべき3つのポイント

小学生の英検受験で注意すべき3つのポイント

近年、小学生の英検受験者が年々増加している背景には、早期から子どもに英語を学ばせる家庭が増えたことが考えられます。そして、私たちにとって子どもの学習成果を客観的に見るのに適しているのが英検なのでしょう。
今回は、小学生の英検受験で注意するべき3つのポイントをまとめてみました。

続きを読む

英語学習における「読書」の有効性と効果的な学習法を紹介します!

英語学習における「読書」の有効性とは

海外に住んでいた、海外への留学経験がある人たちのことを「帰国子女」と私たちは呼んでいます。
帰国子女と聞くと、日本語も話せて英語も堪能な人を思い浮かべます。私はこの10年間1000人を超える帰国子女に会い、彼らがどのように英語を勉強していたのかを徹底的に調査してきました。
その結果、気付いたことが2点あります。それは帰国子女の英語力にも大きなレベルの差があること、そして帰国子女の英語力は滞在期間の長さではなく、その時点までの「読書量」が大きく関係しているということです。
今回は英語学習における読書の有効性について解説いたします。

続きを読む

日本にいてもグローバル人材になれる! 日本のために働く、元キャタル教師 伏見崇宏さん

日本にいてもグローバル人材になれる! 日本のために働く、元キャタル教師 伏見崇宏さん

日本にいてもグローバル人材になれる!日本のために働く、元キャタル教師 伏見崇宏さん

グローバル人材がいかにして育つのか、世界で活躍中の元キャタル教師の3名にインタビューを実施し、どのような幼少期を過ごしたか、グローバルで活躍するために必要なことを聴きました。

3人目のグローバル人材は伏見崇宏さん。慶應法学部在学中にキャタルの教師として活躍し、現在はC4という、日本で社会責任投資の促進をする非営利組織(NPO)で働いています。
彼は、グローバル人材とは「既存の枠組みにとらわれない人である」と言います。
小学生の頃の海外生活の後、どのように英語を維持してきたのか、また、海外経験を通して英語以外に得たものは何かを伺いました。

続きを読む

数学は機械と人間の共通言語 キャタルCTO 川崎真素実さん

数学は機械と人間の共通言語 キャタルCTO 川崎真素実さん

右側がキャタルCTOの川崎真素実さん

今回は、キャタル三石代表の「キャタルの生徒たちにロールモデルとして彼の考え方を聞いてもらいたい」という想いから、キャタルCTOの川崎真素実さんにゲストとしてご参加いただきました。

川崎真素実さんは、早稲田大学高等学院、早稲田大学商学部を卒業後、横浜市立大学大学院経営学の修士修了されました。
その後SBIホールディングス株式会社に入社。退職後はフリーランスのエンジニアとして活躍され、2013年より株式会社キャタルのCTO(最高技術責任者)として、7名のエンジニアチームとカリキュラムチームを率いてプロダクト開発をリードしています。

エリート街道を歩んできたように見える彼ですが、大学時代はパンクロックに夢中で就職する気がなく、一応は就活したものの100社くらい落ちて行くところがないから進学したそうです。大学院の2年間で心を入れ替え無事に就職するも、3.11の大震災をきっかけに自分を見つめ直しフリーランスに。
英語塾キャタルでは、テクノロジーを使って全員の英語力が上がる仕組みを作るべく、サービスの開発をされています。

ラジオでは

  • どうやったらなれるの? エンジニアという仕事について
  • 僕たちはもう半分ウェブの世界で生きている プログラミングについて
  • AI時代こそ数学が大事 機械と共に生きるこれからの時代について

お話しいただきました。
ぜひラジオをお聴きください!

成長するには自分が変わることを恐れない キープレイヤーズ代表 高野秀敏さん

左から順に、キャタル代表三石、株式会社ヒュープロ
代表取締役 山本 玲奈さん、株式会社キープレイヤーズ代表取締役社長 高野秀敏さん

今回は、株式会社キープレイヤーズの代表取締役、高野秀敏さんをゲストにお迎えし、新時代のさまざまな企業形態や、採用状況、求められている人材などについてお話を伺いました。
将来を考えたり、就職活動を控えている学生さんには特に興味深い内容になっています。

高野秀敏さんは、宮城県仙台市で生まれ育ち、東北大学経済学部へ進学。
卒業後は株式会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア株式会社)に入社されました。
6年後に独立して株式会社キープレイヤーズを設立、代表取締役に就任し、独立系キャリアコンサルタントとして、50社以上の社外役員、アドバイザー、エンジェル投資をされています。また、キャリアや起業、スタートアップ関連の講演も多数行っています。
さらに、著書『転職して「成功する人」と「後悔する人」の習慣』など、執筆でも活躍されています。

ラジオでは

  • 結果を出すことが評価につながる 会社員時代に得たものとは
  • 東大理系卒業生も選んでいる 注目のスタートアップについて
  • 地頭・行動力・チーム力 求められている人材像について

お話しいただきました。
ぜひラジオをお聴きください!

英語塾キャタル代表三石が実践した「4技能別TOEFL対策」

今回は英語塾キャタル代表の三石郷史と、番組パーソナリティでキャタルスタッフの笹原瑚都が、リスナーさんからの質問にお答えしたり、2人のお勧めの本や音楽を紹介する内容になっています。

アメリカの大学に進学したい高校生からのTOEFL対策に関する質問では、代表三石自身の経験をふまえながら、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能別のおすすめ勉強法を具体的に解説しています。

続きを読む

英語塾キャタル代表三石がリスナーさんからの質問にお答えします

今回はボストンから放送をお届けします。
番組に届いているリスナーさんからの質問に、英語塾キャタル代表の三石郷史がどんどんお答えしていきます。

大学4年の時にモロッコ旅行で出会って一緒に旅をした人にまつわる奇跡の再会のエピソードなど、自身の体験談を交えながら質問にお答えしています。
また、効果的なリスニング力の上げ方など、英語学習に役立つアドバイスも満載ですので、英語を勉強している方や親御さんにとって興味深い内容になっています。

続きを読む

読解力を上げるには?低下の原因と鍛える学習方法まとめ

読解力を上げるには? 低下の原因と鍛える学習方法まとめ

読解力を上げるには?低下の原因と鍛える学習方法まとめ

経済協力開発機構(OECD)から、2018年に行った学習到達度調査(PISA)の結果が公表されました。日本は「読解力」が15位、前回の調査時は8位だったので、大きく後退するという、子どもたちの将来に危機感を覚えるような結果でした。
大人になっても必要な読解力。そもそも読解力とはなにか?なぜ必要なのか?どうやって鍛えるのか?

今回の記事では、読解力を上げる学習方法などをまとめていきたいと思います。

続きを読む

伸び悩んだ時期を乗り越えて高校1年生で英検準1級に合格

伸び悩んだ時期を乗り越えて高校1年生で英検準1級に合格

今回ご紹介するのは、二子玉川ライズ校に通う高校1年生の沼澤咲季さんです。中学2年生の頃になかなか英検2級に合格できないと伸び悩みキャタルに入塾した沼澤さんですが、コツコツと学習を重ね今年7月に見事英検準1級に合格を果たしました!忙しい学生生活の中でも隙間時間を上手く利用しながら勉強を続け、ニュージーランドへの留学も経て大きく成長を遂げた沼澤さんに話をお聞きしました!
続きを読む

言語習得に重要なのは正しさよりも何を伝えたいか  長谷川雅彬さん

左がゲストの 長谷川雅彬さん

今回はスペイン・マドリッドから放送をお届けします。
本日のゲスト長谷川雅彬さんは、日本・イスラエル・スペイン・ロシアなど、世界各地を舞台に、格闘家、アーティスト、投資ストラテジスト、チーフエバンジェリスト、作家、講演家、美術館のアンバサダーなど、異分野で活躍する多彩な方です。

長谷川雅彬さんは、立教大学経済学部卒業。在学中は総合格闘技のプロの試合にも出場していました。
卒業後、大和証券に入社。その後、スペインのIE大学に入学しビジュアルメディアコミュニケーションを学び修士号を取得。
現在は執筆や講演などさまざまな活動を行っています。
2018年には、マドリードにて世界最大のカリグラフィ作品を発表。現在は、ウクライナで12000キロ平方メートルのカリグラフィ作品の制作を目指しているそうです。
著書『世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること』は、既存のやり方が通用しないこれからの時代のビジネスバイブルとして、注目されています。

ラジオでは

  • スケボー少年が人生を変えた スペイン進出のきっかけについて
  • 大学時代は英語もスペイン語も落第再履修組 言語を習得した方法について
  • 好奇心を持ちたくさん失敗すること 子どもたちへ伝えたいことについて

お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

語学力があってこそ、広がる世界がここにある。パリを拠点にグローバルに働く今

グローバル人材がいかにして育つのか、世界で活躍中の元キャタル教師の3名にインタビューを実施し、どのような幼少期を過ごしたか、グローバルで活躍するために必要なことを聴きました。

今回ご紹介する二人目の現役グローバル人材の野澤美咲さんは、英語塾キャタルの教師を経て、現在フランスで建築家として活動しています。グローバルな環境で働いている野澤さんに、幼少期を海外で過ごした経験を活かし、ヨーロッパで働こうと決意した経緯や、パリでの生活についてインタビューを行いました。
続きを読む

人生の舵は自分で握れ 武蔵野大学中学校・高等学校校長 日野田直彦さん

武蔵野大学中学校高等学校の日野田直彦校長先生

今回はボストンでのインタビューをお届けします。

武蔵野大学中学校・高等学校の中学3年生から高校3年生までが、アントレプレナーシップ海外研修でMITを訪問し、庭に輪になってディスカッションしたり、現地の人にインタビューするなど、それぞれのテーマに取り組みました。その様子を見守っていた同校の校長、日野田直彦さんにお話をうかがいました。

 
日野田直彦先生は、1977年生まれの帰国子女。
帰国後、同志社国際中学校・高等学校にて当時の日本の一般的な教育とは一線を画した教育を受けられました。
同志社大学を卒業後、大手進学塾の馬渕教室に入社。その後、奈良学園登美ヶ丘中学校・高等学校の立ち上げに携わりました。

2014年に、大阪府の公募校長制度を通じて大阪府立箕面高等学校の校長に着任、当時36歳で、全国の公立学校で最年少の校長として注目されました。
着任わずか4年で、ミネルバ大学やウェズリアン大学などの難関校を含め海外大学に36人の合格者を出しました。
このことが書かれた著書『なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?』はベストセラーになりました。

現在は、武蔵野大学中学校・高等学校の校長として活躍され、収録では、キャタル三石代表に「日本の教育界の黒船的存在」と位置づけられています。

ラジオでは

  • 日本の普通がわからなかった ご自身の学生時代について
  • 発想が広がって豊かになる 海外の大学へ進学するということ
  • ワクワクする選択肢を自分で選べ 大学入試改革について

お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

グローバル人材の幼少期は?世界で活躍中の元キャタル教師 河野さん

グローバル人材がいかにして育つのか、世界で活躍中の元キャタル教師の3名にインタビューを実施し、どのような幼少期を過ごしたか、グローバルで活躍するために必要なことを聴きました。

一人目の現役グローバル人材の河野裕人さんは、早稲田大学先進理工学部在学中にキャタルのスタッフとして活躍し、大学を卒業後、現在は独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)に勤務しています。
英検1級、TOEIC990点、TOEFL104点の高い英語力と、成長過程で身につけたコミュニケーション力を武器に、世界を舞台に仕事をして3年半。
まさにグローバル人材として活躍中の河野さんに、これまでどのような勉強や経験をしてきたのか、インタビューしました。

続きを読む

TEAPとは?TEAP CBTとの違いとおすすめ受験方法、採用大学までCatalがまとめます

大学入試における試験形式は2020年度から大きく変わります。特に英語は民間の資格・検定試験を導入することが決まっています。その試験の一つであるTEAP、TEAP CBTについて解説します。両試験の異なる点や目的別におすすめできる受験方法、そしてTEAPを採用していたり、TEAPで入試を有利にできたりする大学をご紹介します。
続きを読む

教育でアフリカ難民の子どもたちを救う(後編)セルジオさん

左が三石。右がMITクラスメートのセルジオさん。

今回は、現役MIT(マサチューセッツ工科大学)生のキャタル代表三石のクラスメイトである、セルジオ・メディーナさんのインタビューの後編です。

セルジオさんは、エンジニアとして働いたのち、それまでのボランティアの経験を活かし、現在はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の職員として、アフリカの難民救済のための仕事をしています。

セルジオさんはロサンゼルスの生まれですが、メキシコからの移民で、お父さんが不法滞在でアメリカ国籍を持っていないという環境で育ちました。そのような背景を持っているため、「いろんな人がいるということ」多様性の重要さについて、熱く語ってくれました。「多様性の中に身を置くということは他の人がわかってくるということ。すると、実は他の人って自分とあまり変わらないということに気づくことができる。他人という人がいるんじゃなくて、”just us” みんなで私たち、ってことにね」

セルジオさんはMITのクラスの中でもトップクラスのプレゼン能力だそうで、声も聴きやすく、英語も明確でわかりやすいです。また、英語が母国語ではない人と話す機会も多いからか、日本人にもとても分かりやすい単語や表現で話してくれています。是非、セルジオさんの生の言葉にも耳を傾けてみてください。

 
ラジオでは

  • 多様性があるから強くなれる MITで学ぶ意味について
  • 子どもたちに適切な食料・医療・教育を 今のミッションについて
  • 英語はツール 英語を手にして広がる世界について

お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

4技能が本格化する現状はチャンス!ライティング添削が最重要!4技能試験に対応した教育方法を考える

英語の大学入試は、2020年度から英語の4技能、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングのすべてが大学入試で評価されるようになります。学校教育で鍛えることが難しい、スピーキングとライティングの技能を高める秘訣は、まずライティング技能を高めることです。ライティングの技能を高めるためには、繰り返し添削を受けて正しく自然なライティングを身に付ける必要があります。
この記事では、そもそも4技能試験とは何か、ライティングの重要性、そして保護者が知っておくべき重要なポイントについて解説していきます。
続きを読む