Catal

人生の舵は自分で握れ 武蔵野大学中学校・高等学校校長 日野田直彦さん


武蔵野大学中学校高等学校の日野田直彦校長先生

今回はボストンでのインタビューをお届けします。

武蔵野大学中学校・高等学校の中学3年生から高校3年生までが、アントレプレナーシップ海外研修でMITを訪問し、庭に輪になってディスカッションしたり、現地の人にインタビューするなど、それぞれのテーマに取り組みました。その様子を見守っていた同校の校長、日野田直彦さんにお話をうかがいました。

 
日野田直彦先生は、1977年生まれの帰国子女。
帰国後、同志社国際中学校・高等学校にて当時の日本の一般的な教育とは一線を画した教育を受けられました。
同志社大学を卒業後、大手進学塾の馬渕教室に入社。その後、奈良学園登美ヶ丘中学校・高等学校の立ち上げに携わりました。

2014年に、大阪府の公募校長制度を通じて大阪府立箕面高等学校の校長に着任、当時36歳で、全国の公立学校で最年少の校長として注目されました。
着任わずか4年で、ミネルバ大学やウェズリアン大学などの難関校を含め海外大学に36人の合格者を出しました。
このことが書かれた著書『なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?』はベストセラーになりました。

現在は、武蔵野大学中学校・高等学校の校長として活躍され、収録では、キャタル三石代表に「日本の教育界の黒船的存在」と位置づけられています。

ラジオでは

  • 日本の普通がわからなかった ご自身の学生時代について
  • 発想が広がって豊かになる 海外の大学へ進学するということ
  • ワクワクする選択肢を自分で選べ 大学入試改革について

お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

The following two tabs change content below.
田邊紗耶香

田邊紗耶香

国際社会コミュニケーション学科卒。高校時代に1年間留学し、大学時代に世界一周をした経験を活かし、英語塾キャタルで広報、デジタル・マーケティング、コンテンツ企画、販促企画などを担当。自らもシングルマザーとして我が子の学習に悩む保護者の気持ちに寄り添いながら、日本の英語教育に対する洞察を深めている。

【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

関連記事