ノーベル賞受賞利根川進教授に直接聞いてみた!    第1回 英語の話、留学の話。MITピカワ研究所所長が実践している英語学習法とは。


利根川進教授と三石郷史
(右:利根川進教授、左:インタビューアー三石郷史)

まっすぐな方である。自分も人も騙すことがない口調や視線は、真実を追い求めるサイエンティストの性分だと言えるかもしれない。きっと、この性格であったからこそ、科学者として成功されたのだろう。

利根川進マサチューセッツ工科大学教授。抗体遺伝子において遺伝子の組み換えが起こることを発見し、無数にある病原に対抗する抗体の多様性が、どのようにして生み出されるかを解明して、1987年にノーベル医学生理学賞を単独受賞する。

利根川教授が、ノーベル賞に至るまでの道筋は、立花隆氏との共著『精神と物質』や日経新聞に掲載された「私の履歴書」で読み知ることができる。京都大学を卒業後、カリフォルニア大学サンディエゴ校にて博士号を修得する。その後ビザの問題でアメリカで研究活動を続けることが難しくなり、職を日本かカナダかに求めていたところ、スイスのバーゼル免疫研究所から声がかかり、スイスに研究の場所を移すことになる。結果的にここでの研究が後のノーベル賞につながるのだが、実は利根川教授の博士号は分子生物学で、受賞の対象となった研究の免疫学は、スイスに移ってしばらくするまでは専門外であった。それでもスイスに移り、免疫の研究を始めるという大きな冒険が、大きな成果をもたらすことになった。

利根川教授の生きてこられた軌跡は、冒険心に満ちて人生を切り開いていこうと考えている若い世代には、大きな励みとなるだろう。そして海外にいながらも、母国を憂い、MITという科学の最先端の場所から、我々に檄を送るかのように研究に取り組まれている姿には、勇気をもらう。幸運にも利根川進教授に、彼の研究室があるMIT内のピカワ研究所でインタビューすることができた。今回から全3回にわたって、利根川教授へのインタビューを掲載したいと思う。利根川教授のインタビューとなると、普段は科学のことが中心だが、今回はキャタルのために、いつもは聞けない英語の勉強法や、脳と教育の関係などについて貴重な話を聞くことができた。


-教授は京都大学を卒業されてカリフォルニア大学サンディエゴ校に留学をされましたが、当時はどのような思いがあったのですか

思いも何も、アメリカに来るしかなかったんだよ。

 

-当時は安保が盛んな時期でしたが、京都大学も安保で研究どころではなかったということですか

いやいや、それもあったかも知れないけど。そもそも自分がやりたいことが、アメリカに来ないと出来なかった。日本で研究をしたくても、分子生物学っていう分野はアメリカでしかやってなかった。僕は人生のなかで何人もの素晴らしい先生に出会っているんだけど、その中の1人である渡辺格先生に、サンディエゴに行くことを勧められて行くことにしたんだよ。

利根川進教授に直接聞いた3つのこと
(京都大学ウイルス研究所時代、渡邊格先生と。)

 

-今のサンディエゴはカリフォルニアでも有数の大都市ですが、当時行かれた時はいかがでしたか

今に比べるとそれはまだ田舎という感じだったけど、それでもはじめて行った時は「こんなにうまい話があるのか」と思ったよ。図書館なんかも24時間開いていて、自分の机もそこにあっていつでも勉強できる。ご飯なんかもカフェテリアがあって、ローストビーフでもチキンの丸焼きでもなんでもある。当時はまだ日本の食生活は貧しかったから、地上のパラダイスのようだった。

 

-教授がサンディエゴに行かれた頃は、アメリカへの留学はまだまだメジャーな選択肢ではなかったと思います。逆に、現在のように海外の情報が容易に手に入り、航空券も安くなっているのでもっと日本からの留学生も増えてもいいと思いますが、全然増えていないのが現状です。教授はこれについて、どうしたら日本人の留学生が増えると考えていらっしゃいますか。

MITを見ていても、日本の学部生は1学年に1人くらいしかいない。本当に少ない。それに対して、中国や韓国からの留学生は非常に多い。カリフォルニアなんかに行ってみると、学生の半分くらいはアジアからの留学生だったりする。これはさっきの話と似ているんだけど、中国や韓国の学生は、本国では学びたくても発展途上の部分がたくさんあるから、こっちに来るしかないんだよね。

利根川進教授に直接聞いた3つのこと
(博士研究員として在籍したソーク研究所のレナード・ダルベッコ(Renato Dulbecco)の研究室にて。)

それに対して日本の場合は、こっちに来なくてもことが済んでしまう。むしろ将来的な職のことを考えると、下手にMITやHarvardなんかにくるよりも、日本の大学に居続けて教授と仲良くしている方がポストを回してくれたりする。

日本はムラ社会だから、この人が何をしたかという実績よりも、どこにいるのかで人が評価される。そうすると「東大の教授になる」ということがゴールになっちゃう。それが最終目的になってしまう。英語教育にもその原因があるかもしれない。中国や韓国から来た学生たちは、英語の世界にどっぷり浸かるようなことはなかっただろうけど、それでも相当英語力は高い。

サイエンスの世界ではもう英語なしでは、研究もできないでしょう。僕のところにもたまにアラビア語とかでメールがくるけど、何書いてあるかわからないから、当然返信しないよね。日本もこれからインターナショナルなCitizenを育てていかなければ、サイエンスだけでなく色々な分野で遅れていくことになる。

 

-では、英語はどうやって勉強すればいいですか

一番いいのは、薄いのでもいいから本を読むことじゃないかな。簡単で、面白いと思える本を読むのがいいと思う。たくさん読むことが必要だね。強制的ではなく、面白い本を推薦してあげるといい。今でも僕なんかは、英語を勉強しなければいけないから、小さい本をトイレなんかに持って行って読んでいるよ。

 

-本当ですか?教授はたくさん論文なんかを読まれているので、もう読む必要はないのではないですか?

いやいや、サイエンスの論文なんて、作家なんかに見せると「That’s not English」だって言われてしまうかもしれない。もっとLiteratureとして耐えられるものをたくさん読まなければいけない。あとは新しい表現を覚えたらそれを使ってみること。例えば「sea change」っていう表現があるんだけどどういう意味だか知ってる?

(うーん、なんだか業界が急に変わるような感じですかね?)

そうね、ちょっと近いね。シェクスピアの言葉で「世界が変わるような、新しい発見が起こる」という意味なんだけど、これなんかはうちの研究所にCambridge大学出身の研究者がいて、彼みたいにLiteratureを大切にする国出身の人はこういう表現を使ってくる。これを僕も真似て、使ってみるんだよ。「Sea change!」って。自分で使ってみると、バシッとくる。インパクトがあるからね。その時はじめてYou own the expression.つまり、自分のものにしたことになるわけだ。だからライティングを通じて英語を自分のものにするというのはいいと思う。


インタビュー前半は、教授の留学経験や英語学習の重要性などを中心に話をうかがった。驚いたことは、渡米してから50年も経った今でも英語の勉強をしているということ。そしてその中心に、読書とそこで学んだ表現を使ってみるという、まさにインプットとアウトプットを繰り返すという、このブログの中でも頻繁にお伝えしてきた学習法を実践されていることだ。

世にたくさんある英会話学校で少し話せるようになるくらいではなく、場数を踏みながら自分の表現を身につける大切さを、利根川教授のように英語の世界の最先端で生きる人だからこそ思われているのだと思う。

次回は、ノーベル賞受賞者に聞く成功するサイエンティストの性格について、ご紹介します。


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事