英検?TOEFL?小中学生が今やるべき勉強は? 大学入試に必要となる民間試験について考える

2018年3月、大学入試センター試験に替わる新しい共通テストの英語について、4技能をバランスよく評価するために活用する民間の資格試験・検定試験を、TOEFL、TEAP、TEAP CBT、GTEC、英検、TOEIC、IELTS、ケンブリッジ英語検定の8種類にすると大学入試センターが発表しました。

これについて、英語塾キャタルの三石郷史代表が、現状と問題点、今やるべきことを明確に答えていきます。


教育スクールビジネス研究所の小林正弥氏(左)と英語塾キャタルスタッフで海外歴14年のバイリンガルの笹原瑚都さん(右)がリスナー代表として質問をし、三石代表(中央)がそれに答える形で収録が行われた

 

発表によると、民間試験には受験回数制限があり、高3の4~12月に2回までと設定されています。
8種類のテストを受けたいだけ受けて、その最も良いスコアを提出することはできないのですね。

続きを読む

楽しめることが続ける鍵!自ら考えた勉強法を週2回4年間継続し、慶應ニューヨーク学院に合格!

写真:慶應義塾ニューヨーク学院HPより

今回ご紹介するのは、慶應義塾ニューヨーク学院に合格した中学3年生のK.Fさんです
Kさんは楽しく続けられる勉強法を自分で考え、英語を伸ばしてきました。英語が元々好きだった彼女は、勉強が辛いと感じた時には、“ある方法”で勉強する気持ちを保っていました。
続きを読む

準1級に挑戦し続け中1でついに合格!先生のアドバイスと励ましに心の底から感謝。Y.Mさん

今回ご紹介するYくんは、小さい頃に海外に住んでいた経験がある帰国子女です。
英検2級には小3の3学期に難なく合格!その英語力があった彼でも準1級の壁はとても高かったといいます。
何度落ちてもめげずに挑戦し続けられたのはキャタルの先生の存在が大きかったとか。
明るくハキハキとインタビューに応えてくれたYくんのバイリンガルストーリーです!
続きを読む

文系理系の枠を超え、世界が抱える課題を解決する人材を育む「共創学部」を新設 九州大学が歩む、グローバルな未来への新しい一歩

福岡市の中心から西に20キロほど離れた伊都地区に、九州大学の伊都キャンパスがある。275haの広大な敷地に、近未来的な建物群。郊外ではあるが交通の便は非常に良く、空港や博多駅から大学までは直通の電車が走っている。付近には学生のためのアパートや飲食店が建ち並び、ひとつのコミュニティを確立している。
九州大学は現在、これまで分散していたキャンパスをここ伊都キャンパスへと統合を進めており、これにより全体の約3万人の学生と教職員が一同に会し、国公立大学では日本で最大のキャンパスになる。
九州大学の副理事であり、また平成30年4月に新設された共創学部の学部長に就任された小山内康人(おさないやすひと)教授に、九州大学の魅力や、新しい共創学部について伺った。


地質学がご専門の小山内学部長。地質学の魅力について「大陸があるというのは太陽系の惑星の中で地球だけが持つ特徴のひとつ。40数億年まで遡って地球の成り立ちを調べることにより、地球の未来が見えてきます」
続きを読む

英語も音楽も努力が成長につながる キャタル教師 石場大地 (後編)

引き続き石場先生との対談をお送りします。

前回は石場先生の音楽活動についてお伺いしました。
音楽でも英語でも、日々の努力と自学自習を重ねることで目標達成をして、夢を追いかけることができ、いつのまにか音楽や英語が人生の一部になり、ライフスタイルになるとのことでした。

後編では、キャタルで教師として活躍されている石場先生の経験についてお聞きしました。

教師として、コーチとして、どうやって生徒に接しているか。生徒からのリスペクトを得るにはどのような指導が大切か。
英語を好きになるためのアドバイスもいただきました!

ぜひ対談をお聴きください。

 
英語も音楽も努力が成長につながる キャタル教師 石場大地 (前編)はこちらから聴けます。

視野を広げられるから英語が好き! 半年でライティング100点アップし中学生で英検準1級に合格!C.Oさん

昨年9月に開校した池袋校に通うCさんは、英検準1級合格と、大学受験を見据えた勉強を目的にキャタルを始めた生徒さんです。

キャタルで学習を始めてから半年で、英検準1級のライティングのスコアを約100点アップさせ、目標としていた準1級にみごと合格! インタビュー中も「キャタルでは積極的に英語を使ってね」と伝えると、その後はインタビューにも流暢な英語で答えるほど英語を使いこなしている生徒さんです。合格した今の気持ちと次の目標を、高校生になったCさんに聞いてみました!
続きを読む

【英語学習に役立つ本の紹介】 ~美しい英語で綴られた「教育は世界を変える」というメッセージ~ I Am Malala(アイ・アム・マララ)

今回は、2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの実話が記された本をご紹介します。

I Am Malala(アイ・アム・マララ)
著者:Malala Yousafzai(マララ・ユスフザイ)氏

“One child, one teacher, one pen, and one book can change the world.”
続きを読む

食べるヨガと歌うヨガを教える ヤムナさん(村田 由恵さん)後編

引き続きヤムナさんとの対談をお送りします。

対談の後編では、ヤムナさんとご主人のマドゥさん(村田大介さん)がご自宅で開催されている【生きるヨガ】のクラスについて詳しくお聞きしました。

毎月第2土曜日に鎌倉で開催されている【生きるヨガ】のクラスは、キルタン(歌うヨガ)、食べるヨガ、バガヴァッド・ギーター講座など、幅広いアクティビティが含まれた素敵なセッションです。私も姉と一緒に、なるべく毎月行くようにしています。

うたうヨガでは、神様の名前を呼び、みんなで声を合わせてうたいます。自然と感情が沸き起こり、流れていく。みんなとうたって踊ることで、自然と心に喜びが満ち溢れます。自分の中にいる神様とつながること、を学ぶことができるのがうたうヨガ(キルタン)です。

対談では、キルタンが私たちにもたらす効果や、毎日実践できるバクティーヨガについて、詳しくお聞きしました。

ぜひ、対談をお聴きください。

 
食べるヨガと歌うヨガを教える ヤムナさん(村田 由恵さん)前編はこちらから聴けます。

~英英辞書を活用!誰もが知っている夢のストーリーで、ワンステップ上の学習へ~ Peter Pan(ピーターパン)

今回ご紹介する本は、ディズニー映画としても有名な、皆さんご存知のお話です。

Peter Pan(ピーターパン)
著者:James Matthew Barrie(ジェームス・マシュー・バリー)氏

ロンドンに住む3人兄弟が、不思議な男の子ピーターパンと出会い、子どもが一生子どものままでいられるというネバーランドで冒険をする物語です。誰もが一度は抱くような、子どもの頃に描く夢で溢れたファンタジーとなっています。
キャタルではこちらの本を教材として使用しており、レベルは英検4級程度です。
続きを読む

国際バカロレアの授業の特徴とはー分析とディスカッションー

前回の記事では、IB (国際バカロレア) の概要と科目の大まかな紹介をした。今回は、IBの授業形式や各科目グループの特徴について実体験を踏まえてお伝えしよう。

さて、突然だが次のテレビコマーシャルを見て欲しい。IBの英語の授業で扱った資料の一つだ。

これは、2011年に公開された日産リーフのコマーシャルである。これを見てあなたはどういう感想を抱くだろうか。おそらく「ドラマチックなCMだ」とか「印象に残るな」などと思ったのではないか。これらの感想は間違っていないし、このCMをみるほとんどの人がそう思うだろう。

しかし、これではIBの授業では不十分である。では何が足りないのか。IBでは、ひたすら「なんで?どのように?」と問い続ける必要があるのだ。つまり深く分析していく力が問われるのである。

例を挙げよう。前述の二つの感想であれば、次のように書き換えられる。

「このCMはユーモアと誇張という二つの手法を用いている。CMが誇張表現の連続で構成されており、電子機器が全てガスで動くという現実ではあり得ない、幾分ユーモラスな状況を描くことでCMにドラマ性を与えている。同時に、日常生活の様々なシーンを映し出すことにより、視聴者が近親感を覚え、またその状況に一種の恐怖を覚えやすくなるので、このCMを印象に残りやすくすることに成功している。」

即興で作った文なので、あまりいい評論とは言えないが、それでもだいぶ具体的になったことが分かるだろうか。そんなのなんとなく作れるよ、という人もいるだろう。しかし、なんとなくではダメなのだ。自分の意見に理由を付加し、例を使って論理的に説明できなくてはいけない。

面倒だ、と思うだろうか。確かに最初は難しいし、面倒な作業かもしれない。しかし、一度こう言う考え方を覚えることで、広告の見方が変わるし、「なんでそういう印象を受けるのか」という本質的な部分まで考えることができるようになる。このようなより深くまで踏み入った分析方法を先生やクラスメイトとのディスカッションで学び、極めていく。その過程で、考える力や違う価値観を受け入れる力などを養っていくのだ。また、考えた内容をプレゼンで発表することにもなるので、度胸やプレゼン力が養われることにもなる。

もちろん、こういった応用的な英語の授業だけではなく、日本の国語の授業のように名著を読んで分析する、といったような授業も行われる。例えば、アーネスト・ヘミングウェイの「老人と海」という本があるが、内容はキューバの老漁師が漁に出てカジキを釣り、帰ってくるまでにカジキをアオザメに食べられてしまう、という奇妙な話である。しかし、ヘミングウェイの生きた時代を踏まえて細かく分析してみると彼が伝えたかったメッセージがいろんな形で描写されており、非常に興味深い。このように、読解と分析を繰り返すことで理解が深まったり、新たな気づきがあったりするのだ。また、最初読んだ時にはどういう意味があるのかわからなかった部分があったとしてもディスカッションを通してああでもない、こうでもないと議論しているうちにふと理解できたりもする。IBに出会う前はディスカッションは互いの意見を否定するものだというネガティブなイメージを持っていたが、IBを通して、ディスカッションとは様々な意見をぶつけあって一つの結論にたどり着く、とても生産性の高いものなのだと認識を改めることができた。

一般的にIBの授業カリキュラムが日本の通常カリキュラムと大幅に異なるのが、「個性」と「積極性」が求められる、という点に総括される。というのも、IBの授業では多くの授業で上に挙げたようなディスカッションがメインとなってくるからだ。教授が板書した内容を学生がただひたすら書き写すという一方通行な授業ではなく、「なぜこの説が正しいのか」、「これに関してどう思うか」などと学生に意見を求め、発言を促す形式の授業が行われる。すなわち、両方向の意見や知識の交換となるわけだ。そのため、ディスカッションへの積極的な参加率は評価基準の一つとなってくるし、参加することで批判的な思考方法や物事の本質を考えるといったような、日本の義務教育では簡単に身に付かない貴重なスキルを身につけることができるといった利点もあると筆者は考えている。

日本の高等教育とはだいぶ異なっているのがわかって頂けただろうか。ただし、難易度が日本に比べて大幅に上がっているというわけではなく、授業に対する意識やアプローチの仕方を変えるだけで十分に対応していけるだろう。

忘れることなかれ、上記の科目のみで国際バカロレアは構成されるわけではない。TOK(Theory of Knowledge, 知の理論)やCAS(Creativity, Action, Service)など、ディプロマの核をなす科目にはまだ触れていないので、次回はこれらにもっと踏み込んでいこうと思う。

←前記事 海外大学への進学の突破口となる国際バカロレア

創立わずか34年で東大合格者ランキング全国4位 渋谷教育学園中学校・高等学校

千葉市幕張にある渋幕から78名、渋谷区にある渋渋から25名、両校合わせて103名。これは渋谷教育学園中学高等学校の2017年の東大合格者の数である。さらに東大だけではなく、ハーバードやプリンストンなど米名門大学の合格者もトップクラス。田村哲夫校長は東大卒業後、銀行マンだった30代に、父親の経営する都内の女子高を引き継ぎ、当時は全国で最も若い校長先生として話題になった。その後、定時制の女子高をわずか30年余りで全国有数の進学校に飛躍させ、たくさんの優秀な人材を世界に輩出している。


*左が田村校長、渋谷校の8階にある図書室で収録が行われた。キャタル渋谷校とは道路を挟んだ並びにあり、番組内で田村校長にリクエストいただいた有名な曲「春の小川」はこの道路を流れていた小川のことを歌っているそうだ。

 

著書が東大の入試問題に ― 「校長講話」で自己の客体化を

田村校長が年に6回、1時間かけて行っている校長講話は、同校の大きな特徴の一つである。講話ではどのようなことを話しているのだろう。

「話す題材はシラバス(新学期の初めに配布する学習設計図)に載せています。毎回どのようなテーマで、どの教材を使うか、だから生徒たちはその日の講話の目的をわかっていて聞いています。ただ中1で入ってきた時は、正直難しくて何を話しているかよくわからないようです。でも高校生になると理解できるようになり、卒業生は社会に出て、ああ、あの時校長はこのために言っていたんだなってわかってくれるようですね。終わったら一人一人からメモが出てきます。中には批判する子もいるし、みな刺激を受けて、よく考えていますよ」
校長講話の目的は「自分自身を客体化して自分をみること」。これについて田村校長は「最近、メタ認識っていう言葉があり、それは人間が自分自身を認識するときに、自分の思考や行動を客観的に把握するっていうことなんですが、これは誰にも教えられないんですよ。あなたはこういう人間だ、なんて、他人は言えないですよね。だから自分でできるようになるためのお手伝いをしているんです」
田村校長の著書が、16年の東大の現代文の入試問題に採用された。「まさに自己の客体化の意識が成熟しているかどうかを量る出題でした。東大だと知識だけじゃなくてそういう力も見られているんです。生徒たちは問題用紙に僕の名前をみて喜んでいましたね」


*1000人以上収用可能の講堂。音響や照明が整っていて音楽や演劇など部活の発表場所としても使われている。(渋谷教育学園幕張中学校・高等学校HPより抜粋)

 

大学は議論をする場所 ― 大学入試にむけての取り組み

校長講話では進学についても取り上げるそうだ。「小中高と大学との決定的な違いは、大学は、入った生徒はまだ未熟であっても、教えている先生はノーベル賞をもらってたりする。でも、大学では全員平等、誰でも対等に議論していいんですよね。つまり議論できるかどうかが問題、それが大学入試です」
そのために必要な能力について、入試ではどのように量るのだろうか。「計算力とか記憶力とか正確さなどの、いわゆる技能や知識をチェックするのは全体の2~3割ですね。残りは技能ではない部分なんです。まずは論理的思考力、そしてもう一つは意欲とか目的意識といったその人の資質をチェックしているんですよね。だから知識を詰め込んでいけば入れるっていうことではないんです」
最近の大学受験の傾向として、考える力が重視される欧米化が進んできていると言われているが、同校ではこの能力を付けるために早くから取り組み、そのため生徒たちの意識も高いということが、東大進学者数に見られる強さの理由の一つであろう。

 

一般生でも海外大学へ ― TOEFL iBTで3ケタが目安

渋谷学園というと、東大だけではなく、欧米のトップ校にもたくさんの学生が進学していることで注目されているが、どのような取り組みをしているのだろうか。また、これは帰国子女生が多いことが影響しているのだろうか。

「海外大学への入学者数を増やすための手段は特に意識していないですよ。校長講話で、バカロレアだったり、ギャップターム(秋入学の大学では入学前と就職前に一定の空白期間があること)などの解説はするので、生徒たちはいろいろな選択肢を意識するようになります。実は、帰国子女でアメリカの大学に行く生徒は半分もいないですよ。むしろ一般生がおもしろそうだなって挑戦する。学校には専門の部局があるんです。アメリカのリサーチユニバーシティ(研究型大学)に行きたい人、リベラルアーツ(教養型大学)に行きたい人、希望によって伸ばしてくれる担当の先生がいます。対策は中3くらいから始めますよ、その頃からやらないと間に合わないから。目安としてはTOEFL iBTで3ケタですね、それだけ取れれば向こうの大学の授業を普通に聞けるということですので、そこだけクリアすれば一般生でも大丈夫、年に何回もチャレンジすればいいんです」

 

卒業生に聞く英語の授業 ― 教科横断型でさらに高いところへ

渋渋の卒業生である慶應大学生の鳴釜和佳子さんに、当時の英語の授業内容を伺った。

「私は帰国子女クラスの授業を受けていました。ネイティブの先生と20名くらいの生徒で、いろんなジャンルの本を題材にして授業を進めました。この本のレベルがとても高くて、中3の時にトモス・モアの「ユートピア」とか、そのあとはジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」など、テーマが難しかったので最初は苦戦しました。クラスでのディスカッションを通して、クラスメイトのいろんな意見を聞いたり自分の意見を述べたりして、最後はタームペーパー(期末レポート)にして提出します。その過程で、しっかり理解を深めることや、論理的に考えるという力が身に付きました。タームペーパーは先生が良かった点悪かった点をフィードバックしてくださるので、それを次の課題図書に生かせるよう意識して、それを何冊か続けていくことによって自分の成長を実感することができました」

渋谷学園の英語教育の強さについて、田村校長はこう語った。

「それは担当している先生の能力と、受ける生徒の意欲ですね。ネイティブの優秀な先生を採用していますし、生徒もできる生徒しか入れていませんから。そうすると、在校している生徒の一割くらいは、英語を教える必要はないんですね。だから英語の時間を使って、教科横断型の授業ができるのです。普通は中高生の段階では、教科で独立した教材を使い教科ごとの勉強をしますが、本校では、英語という言葉の問題にプラスして、歴史的な考え方や地学的な知識など、英語であっても他の教科につながっていることを体験させることができる。この仕組みが生徒たちの英語への意欲を刺激しているのだと思います」


*情報の授業で使用するコンピューター室。昼休みや放課後にも開放されていて自由に使うことができる。ディスプレイが机に収納でき、動画編集やプログラミングができる高性能PCも設置されている。(渋谷教育学園幕張中学校・高等学校HPより抜粋)

 

修学旅行は現地集合現地解散 ― 「自調自考」という理念

同校のホームページを開くと「自調自考」という学校理念がまず目に入る。

「自らの手で調べ、自らの心で考える」という意味で、明治時代からある言葉だそうだ。渋谷学園では、修学旅行や宿泊研修、校外学習などほとんどの学校行事が現地集合現地解散とのこと。田村校長はこれについて「学校で全て用意してもらってやるのと、自分で用意してやるのとは全然違うんですよ。なんでも自分でやってみないと分からないし、気づかない。好きじゃないことだってやらなきゃいけないことはたくさんある。だからルールも生徒たちが決めますし、僕たちは口出ししません。自由の中にこそ、渋谷の強さがあると思っています」

最後に、田村校長が考える「夢の授業」とは、また教育という仕事について伺った。

「夢の授業っていうのは、決して教える側の価値観で100%生きてくるものではなく、教わる側と教える側がバランス良く拮抗した時に実現するものだと思います。人間と人間のぶつかり合いが教育っていう仕事なんですよね。私自身、教育に携わった人生でした。教育はとてもやりがいがあり、やってよかったと思える職業ですよ、こんな満足感を得られる仕事は他にないなって、それだけは若い人たちに言いたいですね。日本は、社会全体でもうちょっと意識を持ってもらって、優秀な人に教育に参加してもらいたいです」

 
この記事は、2017年4月28日、ラジオ”In the Dreaming Class”の内容です。ラジオ全音声を聞かれたい方は→こちらからどうぞ

人を幸せにする建築家 手塚貴晴氏

今回のゲストは日本を代表する建築家の手塚貴晴さんです。

手塚さんの作品は住宅、病院、博物館、学校、教会、寺院など多岐にわたり、人の生活に寄り添う美しいデザインばかりです。

手塚さんの代表的作品とも言われるふじようちえんは、OECD(経済協力開発機構)とUNESCO(国際連合教育科学文化機関)により「世界で最も優れた学校」に選ばれた建築です。
「ふじようちえん」は部屋と部屋の間に仕切りがなく、子どもたちは自由に動くことができます。
上を歩けるようになっている、ドーナツ上の屋根には傾斜があり、子どもたちの足腰を自然に鍛えています。
開放感があり、子どもたちの自由な精神が体現された素敵な幼稚園だと感じました。
続きを読む

本を通じて人の心をつなげる 新宿区立大久保図書館館長 米田雅朗さん(後編)

引き続き新宿区立大久保図書館館長の米田雅朗さんとの対談をお送りします。

対談の前篇では、米田館長が取り組んでいらっしゃる多言語の絵本の読み聞かせ会や、なぜ外国人にとって自分の母語と触れ合う機会を持つことが大事なのかについて、お話しました。

後編では、子ども向け以外に、大人の外国人を対象に米田館長が大久保図書館で開催している活動についてお話しました。
特にNPO団体との協力で主催している「やさしい日本語の本を読む」多読ワークショップは、遠方からいらっしゃる方もいるほど好評です。
続きを読む

【英語学習に役立つ本紹介】 ~女性にとって幸せな生き方とは?人生のテーマを見つめ直す一冊~ GIFT from the SEA(ギフト・フロム・ザ・シー)

今回は、「女性の人生」について考えるきっかけを与えてくれる本をご紹介します。こちらは英語学習レベルが中級~上級者向けとなっていますが、様々なテーマにおいて共感しやすい内容がたくさん含まれているので、読みやすく感じることができるかと思います。
また、日本語訳バージョンの本も販売されているので、原作と読み比べながら英語のフレーズの理解を深めるという学習方法もオススメです。
続きを読む

【英語学習に役立つ本の紹介】 ~シリーズで大人気!読むだけで心が温まる、かわいい友情の物語~ Frog and Toad are friends(ふたりはともだち)

今回は、キャタルのレッスンで教材として使用されている本であり、且つキャタル社長である三石が一番お気に入りであるというシリーズの一冊をご紹介します。

Frog and Toad are friends(ふたりはともだち)
著者:Arnold Lobel(アーノルド・ローベル)氏
続きを読む