【現代ビジネスに掲載されました】ハーバード、イェール、国内大学でも必須!「英語を書く力」の学び方

ハーバード、イェール、国内大学でも必須!「英語を書く力」の学び方

マサチューセッツ工科大学に合格したキャタル代表の三石郷史のインタビュー記事が
Webメディア 現代ビジネスに本日掲載されました。

 
なぜ、英語において「書く力」が重要なのだろうか?
そして、英語を「書く力」を身につける学習法とは?

 
英語を学ぶ人も、お子さんをバイリンガルにしたい保護者も必見の内容となっていますので、ぜひご覧ください!
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55716

【朝日新聞に掲載されました】変わる進学/めざせ海外「英語塾」が人気

めざせ海外「英語塾」が人気 4技能きたえ 新共通テストも対応

6/16(土)の朝日新聞朝刊 都内版に、キャタルを取材した記事が掲載されました。

大学受験の英語で4技能(読む・書く・聞く・話す)を問われるようになるため
小中学生からTOEFL対策をしている塾の人気が上がり始めているという内容の記事で

人気の英語塾の一つとしてキャタルを紹介していただいています!

全文はこちらからお読みいただけます → https://www.asahi.com/articles/CMTW1806181300003.html

 

キャタルの紹介部分(記事より引用)

小3~高3の約500人が通う英語塾「キャタル」(渋谷区)も、多読やエッセーの執筆などで4技能を伸ばし、小学校のうちに英検1~2級、中高生でTOEFL100点をめざす。以前は英語力を維持したい帰国生やインターナショナルスクール生が多かったが、最近、中高生の入塾が増えた。

 1回3時間のレッスンは全て英語でマンツーマン。授業では、女子生徒(13)が英文を音読し、その姿をタブレット端末のカメラで撮影していた。撮った動画を講師と一緒に見ながら、発音や抑揚をチェックする。「英作文を書けばすぐ添削してもらえるし、その場で英語のスキルが上がるのが楽しい」と話す。

 保護者からは「結局どういう英語教育をさせればいいか分からない」という不安の声も寄せられる。一方、高3でも大手受験塾に転塾せず、英語の力で慶応大や国際基督教大、上智大などの合格を目指す生徒も出てきた。三石郷史代表(44)は「4技能入試に対応できる『受験塾』としても広まりつつある」と話す。

世界のトップ大学へ進学する国際的リーダーを育てる教育 AIC代表 桑原克己氏

オークランドインターナショナルカレッジ(AIC)とは、2003年にニュージーランド最大の都市オークランドに設立されたインターナショナルスクールであり、世界各国から生徒が集まっている名門進学校です。世界的視野に立ち、価値ある貢献のできる国際的リーダーの育成を目的とし、世界のトップ大学入学者を数多く輩出していることで話題となっています。今回は、AIC代表取締役の桑原克己さんにお話を伺いました。

中央がAIC代表取締役 桑原克己氏


続きを読む

海外留学の地域や学校の選び方

写真 http://www.aic.ac.nz/より

「子どもを海外留学させようと思うのですが、留学先の地域や学校を選ぶ際のポイントを教えてください」

よくいただく質問ですが、その答えはご家庭によってさまざまです。
留学後に日本の大学に帰ってきてほしいならば、1、2年の期間になりますし、日本で帰国子女入試を利用して大学に入りたいということであれば、例えばアメリカに3年間行くというような長期的な留学になります。つまり、親御さんがどういうビジョンを持っているかによって変わります。

日本?海外?大学をどこにするのか

海外の大学に行くのであれば、早くからそのための教育の仕組みに入る必要があります。1年だけアメリカの高校に通ったからといって、外国の大学に進学できるわけではありません。しっかりと3年もしくは4年間、現地の高校で学ぶ必要があります。
日本の大学に帰ってくる予定であれば、なるべく自然があって、寮がある環境が良いと思います。

ボーディングスクール(寮生活)がおすすめ

絶対おすすめしたいのはボーディング、寮に入るということです。ボーディングスクールの中で他の国の生徒あるいは地元の生徒と寝食を共にして生活することは、学校とは違うたくさんのことを学ぶことができ、子どもたちを大きく育ててくれます。
日本の学生が行くことができるボーディングスクールは、イギリスに非常に多く、ニュージーランド、アメリカの東海岸、スイスなどにあります。学費は、アメリカとイギリスが高く、次いでスイス、そしてこの中で最も安いのはニュージーランドでしょう。

*ボーディングスクールとは、全寮制の寄宿学校のこと。友人や先生と生活を共にしながら、学力だけではなく語学力や国際性、自立心を身につけることができる。

小中高大、留学するのはいつがベスト?

 

子どもに留学をさせたいのですが、いつ頃がいいのでしょうか

これは、保護者の方からよくいただく質問です。
理想は、できる限り早く長く、ですが、なかなか一般的には難しいと思います。
それでも、早く始めて、定期的に行くことがとても大事です。海外に行って、英語でコミュニケーションすることはとても楽しいことなんだ!と子どもたちが早くから感じることが重要です。

 

小学生のうちに、サマースクール

親から離れて、自分で現地の子と友だちになって英語でコミュニケーションする機会を作ることは、素晴らしい経験になります。そのために、サマースクールなどに参加することをおすすめします。できれば毎年、長ければ長いほどいいですね。

 

中学生になったら、ホームステイ

学校で用意されているプログラムなどを使って、ホームステイに行ってみましょう。
こういうことが自分は言えなかった、アメリカの学校の授業はこういうことやっているんだ、などいろんなことに気づきます。これは本留学のための良い準備段階と言えます。

 

高校生で、交換留学

高校には交換で一年間海外に行けるようなプログラムがある学校がありますし、むしろ高校に入る前に、そういうプログラムを持っている高校を目指すこともいいですね。
例えば三田国際学園高等学校はニュージーランドに一年間行くプログラムが用意されています。
海外で一年間学ぶということは、英語力が上がるのはもちろんですし、思春期に日本を離れて客観的に日本を見ることは、すごくいい経験になります。

 

大学は絶対に海外の大学へ

アメリカに限らず、世界にはたくさんのいい大学があります。
とにかく海外の大学に必ず行ってほしいです。できれば4年ですが、なかなか難しいので、日本の大学に入ってから交換で留学することになるでしょう。各スーパーグローバル大学はいい交換プログラムを持っています。
例えば慶應義塾大学だったら提携先の学校にダートマス大学がありますし、早稲田大学だったらイエール大学が提携先に入っているので、スーパーグローバル大学の提携先に交換留学をするのが一番です。

慶應義塾大学提携校一覧 http://www.ic.keio.ac.jp/keio_student/exchange/ex_partners.htm
早稲田大学提携校一覧 http://www.waseda.jp/intl-ac/assets/partnerinstitutions.pdf

日本の学校から交換留学で行けば、学年を落とすこともないし、単位ももらえるし、学費も日本の学校に納めればいい。
そうすると地方の大学から東京の大学に下宿するより、イエール大学に留学している一年の方が安く済んだ、なんてこともあり得ます。
留学というとハードルが高いイメージがありますが、交換留学を使うとグンとハードルが下がります。自分の出身校として、日本の大学名だけではなく、海外の大学名も言えることは国内外で大きな武器になりますので、これを目指してもらいたいです。

 

TOEFL100点、そして海外の大学へ

そこの助走段階として、小学生のうちにサマースクール、中学生でホームステイ、高校生で1年間の交換留学、その中でTOEFL100点の英語力を目指してしっかりと勉強していけば、もしかしたらダイレクトに海外の大学に行けるかもしれないし、逆に東京の大学に交換留学で来るなんてことになるかもしれない、それくらいのビジョンを持ってほしいです。一年でも名門大学に行けていれば、そこからロースクールでハーバード大学に行くとか、ビジネススクールでスタンフォード大学、というのも夢ではありません。大学院で完全留学することを目指して、とか、大学で一年交換留学することを目指して、など無理のない設計を考えると、そういう段階を踏んでいくのが最適だと思います。交換留学に行くことができる基準の英語力は、TOEFL100点です。このスコアがあれば外国人としての足きりラインを越えます。そこから先は現地の生徒や他のインターナショナルスクールの生徒との評価になっていきます。

祝! MIT(マサチューセッツ工科大学) EMBA合格 英語塾キャタル代表取締役 三石郷史社長

本日のゲストは
英語塾キャタル代表取締役の三石社長をお呼びしています。

三石社長の記念すべくMIT Sloan School of Business のEMBA 合格をお祝いするために、ゲストにお呼びしました。

三石社長、おめでとうございます!

対談では、三石社長の子ども時代に育まれたMITへの思いから始まり、キャタルを起業されてからMITに進学するという夢をどうやって達成したかの道のりについてお伺いしました。
そして、なぜ数ある著名な大学院の中から、MITをお選びになったかもお聞きしました。

他にも、

・出願の準備にどのような対策をしましたか?
・どのような選考プロセスでしたか?
・MITから得た知識はどのように生かして行きたいですか?
・今、海外の大学院を目指されている方に何かアドバイスはありますか?

といったことをお話しいただきました。

It’s never too late to follow your dreams!

ライティングとスピーキングを伸ばしGTECで校内3位の成績に!高田梨奈さん

今回は、福岡県の西新校で学ぶ高校2年生の高田梨奈(たかた りな)さんをご紹介します!
梨奈さんは「苦手なアウトプットを伸ばして、英語を得意科目にしたい」と思ってキャタルに入会しました。学校の先生、キャタルのコーチなどのアドバイスを元に、自分に合った学習をコツコツ続けることができる生徒さんです。英語の点数を伸ばし続け、直近のGTECのテストではリスニングとライティングで校内1位の成績を修めています。インタビューの最後に素敵な将来の夢を教えてくれた梨奈さんのバイリンガルストーリーをご覧ください!

 

アウトプットの強化のためキャタルで勉強を始めた

去年の夏に友達から紹介されてキャタルのサマースクールを受講しました。最初は夏休みだけキャタルで勉強してみるつもりでした。でも、サマースクールのレッスンで、私の苦手なライティングとスピーキングが伸びる手応えを感じたので、毎週勉強すると苦手なライティングとスピーキングを伸ばせると期待を膨らませて、「英語を得意科目にしたい!」という気持ちと共にサマースクールの後すぐにレギュラーレッスンを始めました。

 

キャタルのレッスンで長文読解の苦手意識を払拭

学校では英検とGTEC(ジーテック)を定期的に受けています。中学1年生から年3回、これまで12回受けました。毎回詳細なスコアレポートが出るので、受ける度に点数が少しずつ上がっていることがわかります。キャタルに入ってからは、目的としていたアウトプットの強化の他にも、長文読解の苦手意識が払拭されました。以前は長文がでると身構えていましたが、キャタルで毎回長文の物語を読むようになってからは長文への抵抗が無くなりました。実際にリーディングの点数も右肩上がりに伸びています。

GTECとは、中学・高校生対象のスコア型4技能検定です。詳しくは→http://www.benesse.co.jp/gtec/

 

GTECのリスニングの方がゆっくりだった

キャタルで勉強しているCDよりGTECのリスニングの方がゆっくりだったので、とても簡単に感じました。回答しながら「絶対にこの答えで合ってる!」と、自信を持てました。予想通り回答は全部合っていたので、リスニングは満点でした。
ライティングも自信がありました。キャタルで毎回サマリーを書くので、文章の書き方が身についてきている実感があります。GTECの回答は毎回添削してもらえるのですが、その添削の量が以前に比べてだんだん少なくなってきています。学校の英語のテストの点数も、英検も、キャタルに入ってから特にライティングの点数が伸びました。

 

サマリーを書いて文法力が身についた!

サマリーを書くようになってから、文法に強くなったように思います。サマリーを書き始めた頃は、本の一部を書き写していたのですが、それを先生に指摘されてからは、ちゃんと自分の言葉で書くようにしています。自分の言葉で書いていると、言葉を言い換える力がついてきました。そして、ボキャブラリーカードで正しい例文を覚えるから語順もわかるようになり、自分で文章を組み立てられるようになってきました。間違えることもあるけど、何回もフィードバックをもらっていると、どんどん自分の英語で文章が書けるようになっているので、サマリーを書くことで文法力が身についてきたと感じています。

 

GTECの点数を上げる対策とは?

GTECのスコアを下げたくないので、テストの直前に過去問を解いています。GTECはグレード5や6といった、スコアとは別に自分が今どのグレードにいるかをスコアレポートで教えてくれます。それで自分のレベルがわかるので、次に目指しているグレードの過去問を解いていました。リスニングの過去問は一番上のグレードのものでも簡単でした。中学生のときは何も対策せずに挑んでいましたが、高校生になってからは点数を下げたくない気持ちが強くなってきて、毎回必ず過去問を解いてから本番に挑んでいます。

 

リスニング”満点”は何をしたから取れた?

リスニングを強化する良い方法があります!英語の音源を聞いて、聞いた後にわからなかった単語をメモしてそれを調べます。そしてもう一回聞いて、それをシャドーイングします。このときは、耳で聞いたことだけを元にシャドーイングをするので、文章を見ません。これは学校の先生に教えてもらった勉強法で、学校の授業でも毎回やっています。何回もやっていると聞き取れるようになるので、繰り返しやることが大切だと思います。キャタルの宿題、文字を見て音を聞いて発音する音読も、繰り返しやると聞こえるようになるし意味もわかるようになるので、必ず毎週2−3回は家でしています。

 

目標は字幕なしで映画を観ること!

海外の映画やドラマ、アニメを字幕なしで見られるようになるもっと面白いだろうなと思っています。昨日家で『アナと雪の女王』を英語で観たんですが、アナ雪が公開された当時、私は中学1年生で、そのときは英語がほとんどわからなかったのに、4年経った今は歌詞の意味もわかるようになっているから、「私ってすごい!」と成長を感じて嬉しくなっていました。
でもまだ、字幕をなくすと全部はわからないので、字幕なしでも観れるようになるために、単語を増やして、まずはコミュ二ケーション能力を上げたいです!そのためには、積極的にコーチと英語で話すようにします!

梨奈さんの通う西新校のレッスンの様子

 

将来は病気の子どもに英語を教えたい

英語を勉強しているのは、楽しいからという理由の他にもう一つ、将来の夢につながっているからです。将来は、病気の子どもに英語を教えられる看護師になりたいと思っています。昔から人のために何かをして「ありがとう」と言われることが好きでした。
以前は英語の先生になりたいと思っていたのですが「人を助けられる看護師ってすごいな」と思ってから、看護師になりたいと思うようになりました。看護師になれたら、病気で学校に行けない子ども達に英語を教えられたらいいなと今は思っています。

イギリス教育の強み ~イギリスが実施する受験制度に伴う、学校教育の実態について~Watanabe Office 代表 渡邊和子さん

グローバル化が急速に進む時代の中、日本においても国内という枠にとらわれることなく、あらゆる面で世界へ目を向ける人々が増えてきました。ラジオのゲストであるWatanabe Office 代表渡邊和子さんは、イギリス留学を希望する小~高校生達を38年間支援し続けています。今回は、渡邊代表にイギリス教育の実態や日本の教育との違いについて教えていただきました。


続きを読む

愛のヨガを教える ヴェーダ哲学伝統継承者 マドゥ・マンガラ・ダース (村田大介さん) (後編)

ヴェーダ哲学伝統継承者の マドゥ・マンガラ・ダース (村田大介)さんとの対談の後編をお送りします。

対談の後編では、マドゥさんとご家族が帰国された後の人生の道のりについてお聞きしました。
日本でもどうにか大自然と共に生きる生活を追求しようと試みましたが、ハワイで送っていたロービーガン食生活が日本の風土に合わず、どうすればハワイで得た心の平安を東京という大都会でも実現できるか模索を続けました。

その模索中にハワイで出会った友人が日本に来たきっかけでクリシュナ意識国際協会 (International Society of Krishna Consciousness) に訪れ、聖典のバガヴァッド・ギーターに出会いました。
実はハワイでも目にしていたこの聖なる本、マドゥさんが瞑想で体験した気づきや覚醒が書かれていました。

バガヴァッド・ギーターを学び、ハワイという恵まれた環境にいなくとも追求できる、真の幸せをもたらす生き方に巡り会えたマドゥさんは、ヴェーダ哲学を学ぶためにクリシュナ寺院の隣に家族で住み込みを始め、ヴェーダ哲学伝統継承者になるべく修行を始めました。

ウェーダ哲学から得た叡智、全てのものに愛を持って生きる方法、人類の人生における目的についてご教授いただきました。
ぜひ対談をお聴きください。

 
愛のヨガを教える ヴェーダ哲学伝統継承者 マドゥ・マンガラ・ダース (村田大介)さん(前編)はこちらから聴けます。

愛のヨガを教える ヴェーダ哲学伝統継承者 マドゥ・マンガラ・ダース (村田大介)さん(前編)

 
今回のゲストは、ヴェーダ哲学伝統継承者の マドゥ・マンガラ・ダース (村田大介)さんです。

マドゥーさんは以前ゲストにお呼びしたヤムナさんの旦那様でもあります。
お2人で、鎌倉のご自宅で【生きるヨガ】のクラスを毎月第2土曜日に開催されています。

実は、かつてお笑い芸人を目指していたマドゥーさんは、ヴェーダ哲学やヨガとはかけ離れた生活を送っていらっしゃいました。

ご友人が玄米菜食を始められたきっかけでご自分も始めるようになった菜食生活。
食事を変えるだけで、生活習慣がガラリと変わり、心も体も健康になりました。
夜中心だった生活から、朝は自然と早くに目が醒めるようになり、喫煙の習慣もすっぱりと止めることができました。
都会より森や海、自然と共にいることを求めるようになりました。
自分の驚異的な変化に驚いたマドゥーさんは、奥様のヤムナさんとお嬢さんを連れて大自然と共に生きるためにハワイに移住されました。

ハワイでヨガや瞑想の鍛錬を積み、その経験から得た 「自分と全ての生きとし生けるものとのつながり」の気づきから、マドゥーさんの人生は大きく変わりました。その変化は日本に帰国した後にも続きました。ヨガからどのような恩恵を受けたのか、対談で詳しくお聞きしました。

 
愛のヨガを教える ヴェーダ哲学伝統継承者 マドゥ・マンガラ・ダース (村田大介)さん(後編)はこちらから聴けます。

英検?TOEFL?小中学生が今やるべき勉強は? 大学入試に必要となる民間試験について考える

2018年3月、大学入試センター試験に替わる新しい共通テストの英語について、4技能をバランスよく評価するために活用する民間の資格試験・検定試験を、TOEFL、TEAP、TEAP CBT、GTEC、英検、TOEIC、IELTS、ケンブリッジ英語検定の8種類にすると大学入試センターが発表しました。

これについて、英語塾キャタルの三石郷史代表が、現状と問題点、今やるべきことを明確に答えていきます。


教育スクールビジネス研究所の小林正弥氏(左)と英語塾キャタルスタッフで海外歴14年のバイリンガルの笹原瑚都さん(右)がリスナー代表として質問をし、三石代表(中央)がそれに答える形で収録が行われた

 

発表によると、民間試験には受験回数制限があり、高3の4~12月に2回までと設定されています。
8種類のテストを受けたいだけ受けて、その最も良いスコアを提出することはできないのですね。

続きを読む

楽しめることが続ける鍵!自ら考えた勉強法を週2回4年間継続し、慶應ニューヨーク学院に合格!

写真:慶應義塾ニューヨーク学院HPより

今回ご紹介するのは、慶應義塾ニューヨーク学院に合格した中学3年生のK.Fさんです
Kさんは楽しく続けられる勉強法を自分で考え、英語を伸ばしてきました。英語が元々好きだった彼女は、勉強が辛いと感じた時には、“ある方法”で勉強する気持ちを保っていました。
続きを読む

準1級に挑戦し続け中1でついに合格!先生のアドバイスと励ましに心の底から感謝。Y.Mさん

今回ご紹介するYくんは、小さい頃に海外に住んでいた経験がある帰国子女です。
英検2級には小3の3学期に難なく合格!その英語力があった彼でも準1級の壁はとても高かったといいます。
何度落ちてもめげずに挑戦し続けられたのはキャタルの先生の存在が大きかったとか。
明るくハキハキとインタビューに応えてくれたYくんのバイリンガルストーリーです!
続きを読む

文系理系の枠を超え、世界が抱える課題を解決する人材を育む「共創学部」を新設 九州大学が歩む、グローバルな未来への新しい一歩

福岡市の中心から西に20キロほど離れた伊都地区に、九州大学の伊都キャンパスがある。275haの広大な敷地に、近未来的な建物群。郊外ではあるが交通の便は非常に良く、空港や博多駅から大学までは直通の電車が走っている。付近には学生のためのアパートや飲食店が建ち並び、ひとつのコミュニティを確立している。
九州大学は現在、これまで分散していたキャンパスをここ伊都キャンパスへと統合を進めており、これにより全体の約3万人の学生と教職員が一同に会し、国公立大学では日本で最大のキャンパスになる。
九州大学の副理事であり、また平成30年4月に新設された共創学部の学部長に就任された小山内康人(おさないやすひと)教授に、九州大学の魅力や、新しい共創学部について伺った。


地質学がご専門の小山内学部長。地質学の魅力について「大陸があるというのは太陽系の惑星の中で地球だけが持つ特徴のひとつ。40数億年まで遡って地球の成り立ちを調べることにより、地球の未来が見えてきます」
続きを読む

英語も音楽も努力が成長につながる キャタル教師 石場大地 (後編)

引き続き石場先生との対談をお送りします。

前回は石場先生の音楽活動についてお伺いしました。
音楽でも英語でも、日々の努力と自学自習を重ねることで目標達成をして、夢を追いかけることができ、いつのまにか音楽や英語が人生の一部になり、ライフスタイルになるとのことでした。

後編では、キャタルで教師として活躍されている石場先生の経験についてお聞きしました。

教師として、コーチとして、どうやって生徒に接しているか。生徒からのリスペクトを得るにはどのような指導が大切か。
英語を好きになるためのアドバイスもいただきました!

ぜひ対談をお聴きください。

 
英語も音楽も努力が成長につながる キャタル教師 石場大地 (前編)はこちらから聴けます。

視野を広げられるから英語が好き! 半年でライティング100点アップし中学生で英検準1級に合格!C.Oさん

昨年9月に開校した池袋校に通うCさんは、英検準1級合格と、大学受験を見据えた勉強を目的にキャタルを始めた生徒さんです。

キャタルで学習を始めてから半年で、英検準1級のライティングのスコアを約100点アップさせ、目標としていた準1級にみごと合格! インタビュー中も「キャタルでは積極的に英語を使ってね」と伝えると、その後はインタビューにも流暢な英語で答えるほど英語を使いこなしている生徒さんです。合格した今の気持ちと次の目標を、高校生になったCさんに聞いてみました!
続きを読む