留学

英語を勉強するための留学は不要!TOEFL111点の英語教師

今回は、アラブ首長国連邦にあるNYU(ニューヨーク大学)アブダビ校に在籍し、キャタルの教師としても活躍中の黒田真梨子先生がゲストのラジオ後編です。 前編はこちらから聴けます 高校卒業まで日本のインターナショナルスクールに通っていた黒田先生は、ニューヨーク大学に進学後は、フィレンツェ、プラハ、ロンドンに留学し、現在はカナダのバンクーバーにあるエミリー・カー美術大学大学院に留学中です。 留学経験の豊富な黒田先生と、同じNYUの卒業生であるキャタルの笹原瑚都が、英語学習と留学の関係について熱くディスカッションします。 是非お聞きください! ... 続きを読む

生徒は80国籍!4回留学した現役学生が見る名門NYUアブダビ校

世界大学ランキングで東京大学に10位以上の差をつけるNYU(ニューヨーク大学)は、アラブ首長国連邦、アブダビにもキャンパスを構えています。

2010年に開校したNYUアブダビ校は、NYUが提供する教育プログラムを実践する、世界に11ある校舎のうちの一つで、ニューヨークと上海キャンパスに加えて、NYUの卒業証書がもらえる3つ目のキャンパスです。
NYUの中でも、世界各国から選び抜かれた優秀な学生が肩を並べる素晴らしい環境で、アブダビ校ならではのいくつかの特色もあります。

アラブ首長国連邦にあるNYU(ニューヨーク大学)アブダビ校に在学中のキャタル教師、黒田真梨子先生に、NYUアブダビ校について興味深いお話を伺いました。


NYUアブダビ校のセントラルプラザ(NYUアブダビ校のウェブサイトより)
続きを読む

NYUアブダビ校のリベラルアーツで学んでいること キャタル教師 黒田真梨子先生

本日のゲストは、キャタルの教師として活躍されている、黒田真梨子先生です。 都内のインターナショナルスクールを卒業後、アラブ首長国連邦にあるNYU(ニューヨーク大学)アブダビ校に進学され、現在はカナダのバンクーバーにあるエミリー・カー美術大学大学院に留学中です。 NYUアブダビ校とはどんな大学か、現在どのような勉強をされているのか、興味深いお話を伺いました。 是非お聞きください。 次回の放送では、世界中に留学経験のある黒田先生に、留学について深く掘り下げた対談をおこないました。 どうぞお楽しみに! 黒田さん出演の後編はこちらから聴けます ... 続きを読む

「純ジャパ」でも大丈夫!内部生だからこそ留学するメリットや方法を徹底解説

受験のない附属校生にこそ掲げてほしい将来の目標とは

附属校生に対してある「勉強しない」イメージ

「大学附属」「勉強」というキーワードをGoogleで検索すると、ネガティブな内容の記事ばかりが出てきます。「就職に不利」「勉強もしないし、忍耐力もない」「後悔する親」という検索結果が目立ちます。
ですが、本当にそうでしょうか?
私は大学付属校に通う生徒にあるこのような負のイメージは必ずしも正しくないと思います。
続きを読む

僕がMITに行く理由 Part2 〜日本の英語教育の問題を解決したい〜

前回は、キャタルの学習法で勉強しTOEFL100点以上を実現するまでの道のりをご紹介しました。今回は、世界最先端のテクノロ ジーを誇るMIT(マサチューセッツ工科大学)を留学先に選んだ理由をお伝えします。いよいよ「教育×ビジネス×テクノロジー」で日本の英語教育の課題解決に挑みます。


続きを読む

僕がMITに行く理由 英語塾キャタル代表 三石 郷史

TOEFL100点が絶対条件

この9月から、アメリカのボストンにあるMIT(マサチューセッツ工科大学)の大学院、EMBAに通います。
MBAはMaster of Business Administrationの略で、日本語では経営学修士と訳されます。今回僕が合格したEMBAの頭文字EはExecutiveを意味し、現役の経営者や経営幹部など実際にキャリアを持つ企業人が、その経験を活かしながら学びあい、切磋琢磨することでさらに高めていこう、という大学院です。2年間のコースで、プログラムは月に2回ほど、週末を使って行われます。僕も日本からボストンへ通学します。


続きを読む

長文を読むことで語彙力と理解力がついてくる 修猷館高等学校1年 原野桂樹くん

桂樹くんは福岡県立修猷館(しゅうゆうかん)高等学校に通う1年生。中学2年生の冬にキャタルに入学して1年半で、英語力を飛躍的に伸ばしています。
お母さんがアメリカの大学に長期留学の経験があり、英語に携わるお仕事をされているということで、桂樹くんがお腹の中にいる頃から、フォニックスを話したり英語の歌を歌ってくれていたそうです。桂樹くんの英語の発音が良いのはそのおかげでしょうか。
これまでのキャタルでの取り組みや、それによってどんな効果があったか、そしてこれからの目標を話してもらいました。
続きを読む

誰でも成蹊高校から留学できる3つの方法

成蹊高校が留学の提携をしている名門セントポールズ校

一度留学してみたいなと思っていても、「留学は成績がある人だけがいけるもの」とか、「みんなと一緒に卒業したいから、学年を落とすのはちょっと…」と留学に対するハードルが高い人も多いかもしれません。私は成蹊高校出身で、このような声を同級生からよく耳にした経験があります。しかし、調べてみると成蹊高校では国際理解教育にとても力を入れており、積極的に海外での勉学、すなわち留学を勧めており、そのサポートも整っています。長期留学した場合でも留学中の単位が認定されるプログラムもあり、高校在学中に留学するチャンスはたくさん転がっているのです。ここでは成蹊高校在学中に、誰でも学年を落とさずに留学出来る3つの方法を紹介します。
続きを読む

小学校4年間の留学だけでもバイリンガルになれる。大学入試のためだけではない英語教育で、東大にも合格 井上さん

井上さんの海外歴と学校歴

小学3年生~小学6年生 オーストラリア ケアンズ St. Joseph’s Primary School
中学1年生~高校3年生 渋谷教育学園中学高等学校
大学1年生~大学2年生 東京大学文科三類
大学3年生~大学4年生 東京大学教養学部教養学科総合社会科学文化国際関係論コース

英語の所持資格

英検1級     TOEIC 990点満点     TOEFL 114点

続きを読む

世界のトップ大学へ進学する国際的リーダーを育てる教育 AIC代表 桑原克己氏

オークランドインターナショナルカレッジ(AIC)とは、2003年にニュージーランド最大の都市オークランドに設立されたインターナショナルスクールであり、世界各国から生徒が集まっている名門進学校です。世界的視野に立ち、価値ある貢献のできる国際的リーダーの育成を目的とし、世界のトップ大学入学者を数多く輩出していることで話題となっています。今回は、AIC代表取締役の桑原克己さんにお話を伺いました。

中央がAIC代表取締役 桑原克己氏

続きを読む

海外留学の地域や学校の選び方

「子どもを海外留学させようと思うのですが、留学先の地域や学校を選ぶ際のポイントを教えてください」 よくいただく質問ですが、その答えはご家庭によってさまざまです。 留学後に日本の大学に帰ってきてほしいならば、1、2年の期間になりますし、日本で帰国子女入試を利用して大学に入りたいということであれば、例えばアメリカに3年間行くというような長期的な留学になります。つまり、親御さんがどういうビジョンを持っているかによって変わります。 日本?海外?大学をどこにするのか 海外の大学に行くのであれば、早くからそのための教育の仕組みに入る必要があります。1年だけアメリカの高校に通ったからといって、外国の大学に進学できるわけではありません。しっかりと3年もしくは4年間、現地の高校で学ぶ必要があります。 日本の大学に帰ってくる予定であれば、なるべく自然があって、寮がある環境が良いと思います。 ボーディングスクール(寮生活)がおすすめ 絶対おすすめしたいのはボーディング、寮に入るということです。ボーディングスクールの中で他の国の生徒あるいは地元の生徒と寝食を共にして生活することは、学校とは違うたくさんのことを学ぶことができ、子どもたちを大きく育ててくれます。 日本の学生が行くことができるボーディングスクールは、イギリスに非常に多く、ニュージーランド、アメリカの東海岸、スイスなどにあります。学費は、アメリカとイギリスが高く、次いでスイス、そしてこの中で最も安いのはニュージーランドでしょう。 *ボーディングスクールとは、全寮制の寄宿学校のこと。友人や先生と生活を共にしながら、学力だけではなく語学力や国際性、自立心を身につけることができる。 ... 続きを読む

小中高大、留学するのはいつがベスト?

  子どもに留学をさせたいのですが、いつ頃がいいのでしょうか これは、保護者の方からよくいただく質問です。 理想は、できる限り早く長く、ですが、なかなか一般的には難しいと思います。 それでも、早く始めて、定期的に行くことがとても大事です。海外に行って、英語でコミュニケーションすることはとても楽しいことなんだ!と子どもたちが早くから感じることが重要です。   小学生のうちに、サマースクール 親から離れて、自分で現地の子と友だちになって英語でコミュニケーションする機会を作ることは、素晴らしい経験になります。そのために、サマースクールなどに参加することをおすすめします。できれば毎年、長ければ長いほどいいですね。   中学生になったら、ホームステイ 学校で用意されているプログラムなどを使って、ホームステイに行ってみましょう。 こういうことが自分は言えなかった、アメリカの学校の授業はこういうことやっているんだ、などいろんなことに気づきます。これは本留学のための良い準備段階と言えます。   高校生で、交換留学 高校には交換で一年間海外に行けるようなプログラムがある学校がありますし、むしろ高校に入る前に、そういうプログラムを持っている高校を目指すこともいいですね。 例えば三田国際学園高等学校はニュージーランドに一年間行くプログラムが用意されています。 海外で一年間学ぶということは、英語力が上がるのはもちろんですし、思春期に日本を離れて客観的に日本を見ることは、すごくいい経験になります。   大学は絶対に海外の大学へ アメリカに限らず、世界にはたくさんのいい大学があります。 とにかく海外の大学に必ず行ってほしいです。できれば4年ですが、なかなか難しいので、日本の大学に入ってから交換で留学することになるでしょう。各スーパーグローバル大学はいい交換プログラムを持っています。 例えば慶應義塾大学だったら提携先の学校にダートマス大学がありますし、早稲田大学だったらイエール大学が提携先に入っているので、スーパーグローバル大学の提携先に交換留学をするのが一番です。 慶應義塾大学提携校一覧 http://www.ic.keio.ac.jp/keio_student/exchange/ex_partners.htm 早稲田大学提携校一覧 http://www.waseda.jp/intl-ac/assets/partnerinstitutions.pdf 日本の学校から交換留学で行けば、学年を落とすこともないし、単位ももらえるし、学費も日本の学校に納めればいい。 そうすると地方の大学から東京の大学に下宿するより、イエール大学に留学している一年の方が安く済んだ、なんてこともあり得ます。 留学というとハードルが高いイメージがありますが、交換留学を使うとグンとハードルが下がります。自分の出身校として、日本の大学名だけではなく、海外の大学名も言えることは国内外で大きな武器になりますので、これを目指してもらいたいです。   TOEFL100点、そして海外の大学へ そこの助走段階として、小学生のうちにサマースクール、中学生でホームステイ、高校生で1年間の交換留学、その中でTOEFL100点の英語力を目指してしっかりと勉強していけば、もしかしたらダイレクトに海外の大学に行けるかもしれないし、逆に東京の大学に交換留学で来るなんてことになるかもしれない、それくらいのビジョンを持ってほしいです。一年でも名門大学に行けていれば、そこからロースクールでハーバード大学に行くとか、ビジネススクールでスタンフォード大学、というのも夢ではありません。大学院で完全留学することを目指して、とか、大学で一年交換留学することを目指して、など無理のない設計を考えると、そういう段階を踏んでいくのが最適だと思います。交換留学に行くことができる基準の英語力は、TOEFL100点です。このスコアがあれば外国人としての足きりラインを越えます。そこから先は現地の生徒や他のインターナショナルスクールの生徒との評価になっていきます。 ... 続きを読む

イギリス教育の強み ~イギリスが実施する受験制度に伴う、学校教育の実態について~Watanabe Office 代表 渡邊和子さん

グローバル化が急速に進む時代の中、日本においても国内という枠にとらわれることなく、あらゆる面で世界へ目を向ける人々が増えてきました。ラジオのゲストであるWatanabe Office 代表渡邊和子さんは、イギリス留学を希望する小~高校生達を38年間支援し続けています。今回は、渡邊代表にイギリス教育の実態や日本の教育との違いについて教えていただきました。


続きを読む

海外大学への進学の突破口となる国際バカロレア

単刀直入に言おう。子供を海外の大学へ進学させたいのなら、一流の社会人に育てたいのなら、国際バカロレアを受けさせるべきだ。

国際バカロレアでは6つの科目群と3つの必修要件を用いて成績が評価される

 上の大胆とも思われるコメントにはれっきとした根拠がある。それは、国際バカロレアが価値を置いている10個の人間性というものが、一流の社会人に必要となる素質と同じであるからだ。言い換えれば、国際バカロレアを修了することでこれらの素質が身につくようにカリキュラムを組んでいるので、一流の社会人を育成する準備段階として国際バカロレアの価値があると言える。具体的に国際バカロレアが価値を置く人間性とは以下の10項目である。

  • 学習し続ける人
  • 知識のある人
  • 考える人
  • コミュニケーションができる人
  • 信念を持つ人
  • 様々な価値観を受け止められる人
  • 思いやりのある人
  • 挑戦する人
  • 人生のバランスが取れている人
  • 振り返りができる人

これらは世界どこへ行っても通用する素質であり、そのことを理解して50年前から理想像として掲げてきた国際バカロレアは素晴らしいディプロマだと言わざるを得ない。

筆者も、イギリスに住んでいた時国際バカロレアに出会い、国際的なディプロマであるから、海外の大学への進学にも役立つとのことで、履修を決めた。その選択は自信を持って正解だったと言えるし、他人にも自信を持って受けることを勧める。また、読者の中には、子供を海外の大学へ進学させたいと考えている親もいるであろう。そういった方のために、国際バカロレアについて紹介していこう。
続きを読む

アイビーリーグの隠れた名門校、ダートマス大学。個性的で自由なエリートたちを育てる、“真のリベラルアーツ教育”とは

ダートマス大学の概要はこちら 日本人の知らないアイビーリーグのエリート校 アメリカの東海岸に位置する伝統的な私立大学8校の総称「アイビーリーグ」。ハーバード、イェール、コロンビアなどアメリカを代表する有名私立大学が含まれていますが、アイビーリーグ校の全8校をご存知でしょうか。 その中でダートマス大学は、おそらく多くの日本人が耳にしたことのない大学でしょう。アイビーリーグの中で一番規模が小さいためか日本での知名度は低いですが、その卒業生たちの中には政府高官やCEO、ノーベル賞受賞者やオリンピックメダリストなど、様々な分野で活躍しているエリートたちが多くいるんです。 ダートマス大学が誇るのは、少人数教育を中心とした学部レベルのリベラルアーツ教育。しかし実学分野での教育も評判が高く、アメリカ最古のビジネススクールの他にも、工学大学院や医学大学院といった、歴史と実力を兼ね備えている大学院を抱えているため、名実ともに米国内では名門校として高く評価されています。 ベイカー・ベリー図書館のエントランスホールで勉強する学生たち 写真提供:麓えり そんなダートマスに交換留学をしたキャタルの教師である麓えりさんですが、彼女も留学先を探している中で初めてダートマスのことを知ったと言います。 最初に大学の名前を目にしたときの感想は「アイビーリーグの一つなんだ…へぇ、知らなかった。」 それなのに、留学が終わる際には、「できればそのまま編入したかった!」という、ダートマスの魅力は一体どんなものだったのでしょうか。   熱い“ウェルカム感”に押されて 小学校4年生から中学校3年生までをイギリスで過ごした麓さん。帰国後に入学した高校では、「帰国子女」として何か特別なことをする訳ではなく、「普通の高校生」らしく部活動に没頭する毎日を過ごしました。 麓さんの「バイリンガルストーリー」はこちら そんな高校生活を過ごす中で忘れられなかったのは、「麓は留学に行くべきだよ」という先生からの言葉でした。 大学入学後も部活漬けの毎日でしたが、部活以外の“何か”を求めたとき、この言葉が脳裏によぎりました。当時所属していたゼミの先生にどういう大学に留学すべきか相談したところ、 「アメリカの大学では、有名な教授が所属していても実際に授業を教えているのはTA (Teaching... 続きを読む

慶應義塾ニューヨーク学院の4つの魅力とは?慶大法学部の長倉さん

長倉さん

長倉さんの海外歴と学校歴

0歳〜3か月 横浜
0歳3か月〜6歳 ベルギー International School of Brussels
6歳〜11歳 日本
11歳〜15歳 カリフォルニア Ridgecrest Intermediate School & Palos Verdes Peninsula High School
15歳〜18歳 ニューヨーク 慶應義塾ニューヨーク学院
18歳〜 慶應義塾大学法学部政治学科

英語の所持資格

英検1級

よそ者と思われたくなかった

ーバイリンガルでよかったと思えた瞬間とは?

人脈が広がることです。分かり合える人が多く、気軽に外国の方やいろんな人とコミュニケーションを取れるので、知り合いの数が多いと思います。バイリンガルであるということは、個人としての価値を高められる要素だと思います。

続きを読む

留学前に知っておきたい!アイルランドの生活と教育制度

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
突然ですが、アイルランドという国がどこにあるか知っていますか?
なんとなくですが、北欧をイメージされる方が多いのではないでしょうか?
実はそのアイルランドが語学留学先として近年人気を集めています。理由は、高い教育水準であることや安全性を含めた生活環境が良いということから留学生が増えているというのです。今回はそのアイルランドに注目してみましたので是非、留学先の候補として検討してみてください。

 

アイルランドの留学生受入れの歴史

アイルランドは高い教育水準を誇る国でありながら、日本では留学先としての認知度は低いです。
しかし、言い換えてみれば日本人の少ない、国際色が豊かなところで英語が学べるので上達も早いでしょう。
アイルランドの大学はヨーロッパの中でも非常に古い歴史を持ち、昔より続く優れた教育によって数多くの著名人を育成しています。大学やカレッジでは、ビジネス、IT、人文科学、美術、デザイン、医学、工学などの多数の専門的なコースがあり、分野の選択肢が多いことから外国人留学生にとって人気の留学先のひとつです。また、留学生のための英語教育プログラムも充実しています。

続きを読む

留学中に英語力を伸ばすために実践しておくべき3つのこと

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

以前、留学しなくても英語力を高める方法をお伝えしました。
日本にいながらも、英語力は十分身につけられます。

しかし、やっぱり留学はできたら是非してほしいと思います。
筆者も大学時代に留学を経験し、たくさんのことを得ました。英語力だけではなく、物事の考え方、さらに世界各国からの人との出会い… 忘れられない経験となりました。

ただし、単に「留学行けば良い」という容易な話ではありません。
留学での過ごし方次第で、その効果には大きく差が出ます。

続きを読む