留学

ぴったりの留学方法が見つかる!目的から考える大学での海外留学

色々あってわかりづらい、長期留学の種類

現在、留学の種類が多様化しています。短期留学、長期留学、高校や大学で行く留学。海外の大学に4年間就学する人も増え、インターンという形で海外に行く人もいます。その中、私は以前の記事で、大学での長期留学を勧めてきました。

そして特にお勧めなのが、大学の交換留学枠を使って留学することです。

大学での長期留学と一口で言っても、交換留学の他にも様々な形式が存在します。それぞれのプログラムの形が違うため、特長が違えば、見合う人も異なります。またそれ以上に、かかる費用から、必要な条件も様々です。大学で長期留学をどう行くかを考えている方も、行くかどうかを検討している方も、どの形式が自分の目的や持っている条件に最適かを見極めることは非常に重要となるのです。

 

どうすれば良い留学方法が見つかるのか

自分の目的に最適なものはどう見つければ良いのでしょうか。多くの留学方法を大きく4つにまとめ、それぞれに対して判断基準となるような要素を比較すると、以下のようになります。(留学エージェントや日本の大学によって異なる条件もあります。)

目的 語学を習得したい 海外の大学で勉強してみたい 学びたいことがはっきり決まってる 海外での就職を考えている
留学手法 私費留学(語学学校) 私費留学(大学) 大学の交換留学制度 海外の大学に4年間就学
留学可能な学校数 300校以上 約50校 70〜300校(大学によって異なる) どの学校でも可
留学可能な国数 約20カ国 約10カ国 約15〜30カ国 どの国でも可
費用 130〜500万円 250〜700万円 日本の在籍大学の学費 留学先大学の学費
日本の学校への単位換算 できない場合が多い できない場合が多い ほとんどできる 必要なし
必要な英語力レベル(英語圏への留学の場合) 無し 英検準2級以上 英検準1級程度 英検準1〜1級程度
必要条件 学校の成績・TOEFL iBT 学校の成績・TOEFL iBT 学校の成績・TOEFL iBT 高校の成績・SATのスコア・TOEFL iBTスコア
選抜プロセス 書類審査・エッセイなど 書類審査・エッセイなど 書類審査・英語のテストもしくはスコア・面接 書類・英語のスコア・エッセイなど
倍率 約1倍 約1倍 1〜5倍 1〜3倍

 

大学の交換留学制度を用いた留学がお勧めな3つの理由

比較してわかるように、同じ大学の長期留学でも、行く手段によって様々です。そして、最良なのはもちろん、繰り返して述べていますが、自分の持っている成績や英語のスコア、もしくは行きたい目的によって手段を選ぶことです。しかしどんな方にも、大学の交換留学制度を用いて行くことを一番にお勧めします。その理由として、以下の3つ挙げることができます。

1 学費が安い
2 有名校に行ける
3 就職の選択肢が広がる

まず、本当ならば学費が高い海外の大学に、日本の大学の学費で行けることが最大の魅力です。特に、4年間海外の大学に就学するとなると、奨学金なしではかなりの額になっていまします。また、その学費で、海外のトップクラスの学校に通うことができます。在籍大学によって異なりますが、ほとんどの日本の大学は海外の名の通ってる大学と提携していることが多く、質の高い教育を、交換留学制度では受けられるのです。そして最後に、1年間の留学後、日本でも海外でも就職しようと思えばすることができます。4年間海外の大学に通うのと、4年間日本にいるよりも、はるかに選択肢が広がるのです。

 

大学の交換留学にどうしたら行けるのか

上記でお伝えした通り、大学の交換留学制度を用いて留学をするのが一番魅力的な方法だと言えます。しかし、魅力的だからこそ、他の方法で留学するよりも倍率は高くなってしまいます。特に、有名校に留学するのは、格段と難しいです。

大学の交換留学の選抜では、1年間という限られた期間でどれほどの有意義な学びができるかを重要視しています。そのため、留学先で学びたいことがはっきり決まっている人、そして、学ぶ上で支障のない語学力をすでに持っている人でないと、なかなか有名校には行くことはできないのです。

次の記事では、交換留学の倍率の高さをくぐり抜けるためためには具体的にはどのような語学力が必要なのか、また、どのように準備をすれば良いのかを紹介します。

英語を勉強するための留学は不要!TOEFL111点の英語教師

今回は、アラブ首長国連邦にあるNYU(ニューヨーク大学)アブダビ校に在籍し、キャタルの教師としても活躍中の黒田真梨子先生がゲストのラジオ後編です。
前編はこちらから聴けます

高校卒業まで日本のインターナショナルスクールに通っていた黒田先生は、ニューヨーク大学に進学後は、フィレンツェ、プラハ、ロンドンに留学し、現在はカナダのバンクーバーにあるエミリー・カー美術大学大学院に留学中です。

留学経験の豊富な黒田先生と、同じNYUの卒業生であるキャタルの笹原瑚都が、英語学習と留学の関係について熱くディスカッションします。

是非お聞きください!

長文を読むことで語彙力と理解力がついてくる 修猷館高等学校1年 原野桂樹くん

桂樹くんは福岡県立修猷館(しゅうゆうかん)高等学校に通う1年生。中学2年生の冬にキャタルに入学して1年半で、英語力を飛躍的に伸ばしています。
お母さんがアメリカの大学に長期留学の経験があり、英語に携わるお仕事をされているということで、桂樹くんがお腹の中にいる頃から、フォニックスを話したり英語の歌を歌ってくれていたそうです。桂樹くんの英語の発音が良いのはそのおかげでしょうか。
これまでのキャタルでの取り組みや、それによってどんな効果があったか、そしてこれからの目標を話してもらいました。
続きを読む

海外大学への進学の突破口となる国際バカロレア

単刀直入に言おう。子供を海外の大学へ進学させたいのなら、一流の社会人に育てたいのなら、国際バカロレアを受けさせるべきだ。

国際バカロレアでは6つの科目群と3つの必修要件を用いて成績が評価される

 上の大胆とも思われるコメントにはれっきとした根拠がある。それは、国際バカロレアが価値を置いている10個の人間性というものが、一流の社会人に必要となる素質と同じであるからだ。言い換えれば、国際バカロレアを修了することでこれらの素質が身につくようにカリキュラムを組んでいるので、一流の社会人を育成する準備段階として国際バカロレアの価値があると言える。具体的に国際バカロレアが価値を置く人間性とは以下の10項目である。

  • 学習し続ける人
  • 知識のある人
  • 考える人
  • コミュニケーションができる人
  • 信念を持つ人
  • 様々な価値観を受け止められる人
  • 思いやりのある人
  • 挑戦する人
  • 人生のバランスが取れている人
  • 振り返りができる人

これらは世界どこへ行っても通用する素質であり、そのことを理解して50年前から理想像として掲げてきた国際バカロレアは素晴らしいディプロマだと言わざるを得ない。

筆者も、イギリスに住んでいた時国際バカロレアに出会い、国際的なディプロマであるから、海外の大学への進学にも役立つとのことで、履修を決めた。その選択は自信を持って正解だったと言えるし、他人にも自信を持って受けることを勧める。また、読者の中には、子供を海外の大学へ進学させたいと考えている親もいるであろう。そういった方のために、国際バカロレアについて紹介していこう。
続きを読む

慶應義塾ニューヨーク学院の4つの魅力とは?慶大法学部の長倉さん

長倉さん

長倉さんの海外歴と学校歴

0歳〜3か月 横浜
0歳3か月〜6歳 ベルギー International School of Brussels
6歳〜11歳 日本
11歳〜15歳 カリフォルニア Ridgecrest Intermediate School & Palos Verdes Peninsula High School
15歳〜18歳 ニューヨーク 慶應義塾ニューヨーク学院
18歳〜 慶應義塾大学法学部政治学科

英語の所持資格

英検1級

よそ者と思われたくなかった

ーバイリンガルでよかったと思えた瞬間とは?

人脈が広がることです。分かり合える人が多く、気軽に外国の方やいろんな人とコミュニケーションを取れるので、知り合いの数が多いと思います。バイリンガルであるということは、個人としての価値を高められる要素だと思います。

続きを読む

留学前に知っておきたい!アイルランドの生活と教育制度

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
突然ですが、アイルランドという国がどこにあるか知っていますか?
なんとなくですが、北欧をイメージされる方が多いのではないでしょうか?
実はそのアイルランドが語学留学先として近年人気を集めています。理由は、高い教育水準であることや安全性を含めた生活環境が良いということから留学生が増えているというのです。今回はそのアイルランドに注目してみましたので是非、留学先の候補として検討してみてください。

 

アイルランドの留学生受入れの歴史

アイルランドは高い教育水準を誇る国でありながら、日本では留学先としての認知度は低いです。
しかし、言い換えてみれば日本人の少ない、国際色が豊かなところで英語が学べるので上達も早いでしょう。
アイルランドの大学はヨーロッパの中でも非常に古い歴史を持ち、昔より続く優れた教育によって数多くの著名人を育成しています。大学やカレッジでは、ビジネス、IT、人文科学、美術、デザイン、医学、工学などの多数の専門的なコースがあり、分野の選択肢が多いことから外国人留学生にとって人気の留学先のひとつです。また、留学生のための英語教育プログラムも充実しています。

続きを読む

留学中に英語力を伸ばすために実践しておくべき3つのこと

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

以前、留学しなくても英語力を高める方法をお伝えしました。
日本にいながらも、英語力は十分身につけられます。

しかし、やっぱり留学はできたら是非してほしいと思います。
筆者も大学時代に留学を経験し、たくさんのことを得ました。英語力だけではなく、物事の考え方、さらに世界各国からの人との出会い… 忘れられない経験となりました。

ただし、単に「留学行けば良い」という容易な話ではありません。
留学での過ごし方次第で、その効果には大きく差が出ます。

続きを読む

留学前に知っておきたい!カナダの生活と教育制度

カナダ
留学を考えている人に留学先の希望国を聞くと、アメリカやイギリスを挙げる方がいます。以前の投稿で「留学前に知っておきたい!イギリスの生活と教育制度」について書きました。今回は次いで人気の高い「カナダ」について触れてみようと思います。留学先の国や都市、学校選びが留学をする上ではとても大切です。是非参考にしてみてください。

 

カナダの留学生受入れの背景

カナダは、歴史的にはアメリカの歴史と少し似ているところがあり、カナダにもアメリカ同様に先住民族が暮らしていました。カナダという地名はもともと「集落」を意味する先住民族の言葉で、985年にノルウェー人の探検家が発見したのが最初と言われています。そして、15世紀頃からヨーロッパ各地から本格的な民族移動や植民地支配が起こります。

その後、イギリスとフランスが国土の大部分を掌握するようになり、世界各地で植民地を巡る両国間の飛び火を受け、カナダでも領土争いが激化します。その後もイギリスとフランスの植民地獲得の争いは先住民族を巻き込みながら続き、フランスは戦いに敗れ、第一次世界大戦が終わるころまでカナダはイギリスの統治下にありました。

こうした歴史的な背景があって、現在でもカナダの公用語は英語とフランス語が使われていたり、フランス統治が強かった地域では今でもフランス語がメインとして使われています。

続きを読む

留学前に知っておきたい!イギリスの生活と教育制度

british
留学を考えている人に留学先の希望国を聞くと、アメリカやイギリスを挙げる方がいます。以前の投稿で「留学前に知っておきたい!アメリカの生活と教育制度」について書きました。今回はイギリスについて触れてみようと思います。留学先の国や都市、学校選びが留学をする上ではとても大切です。是非参考にしてみてください。

 

イギリスの留学生受入れの歴史

イギリスの教育の歴史は古く、パブリックスクールなど、富裕階層のための文法学校が各地に設立された12〜13世紀にまでさかのぼります。一般庶民の教育も14世紀以来の徒弟制度に始まるといわれており、植民地を統治するために、現地の住民に英語を学ばせたところから始まりました。そのメソッドも古くから確立されており、正統英語のゆえんでもあります。
また、英語以外にも、イギリスでは子どものうちから音楽や美術などを学ばせる教育が発達していたため、文化、芸術面での教育水準も高く、学生に人気の高い国です。1999年にトニー・ブレア 首相がイギリスへの留学生受け入れを積極的に推進する政策を打ち出して以来、入国審査の簡略化、就労規制の緩和などいくつかのプランが実行されつつあります。語学力の足りない留学生向けにESLも強化され、とっても学びやすい環境が広がってきています。

続きを読む

留学前に知っておきたい!アメリカの生活と教育制度

newyork_01
「留学するならどこに行ったら良いか?」大抵の人は留学先でまず頭に浮かぶのがアメリカではないでしょうか?以前、失敗しない語学学校選びの6つのポイントでも述べたように、留学先の国や都市、学校選びが留学をする上ではとても大切です。今回は、留学大国アメリカでの生活や教育制度に触れていきます。

 

アメリカの留学生受入れの歴史

17世紀初頭、北部ニューイングランドに移住してきた清教徒の入植とともに始まったといわれているアメリカの教育。その後、1770年の独立革命を経て確立された「自由と平等」という民主主義の理念は、現在もアメリカの教育制度の中に生きています。その代表例が各州管轄の教育制度で、日本のように文部科学省管轄の全国統一というものがありません。各州各学校で、いかに独自性や個性を持った学校にするか積極的に取り組みが行われています。
また、留学生の受入れ体制が充実していて、「誰でも学びたい時に学べる」そんな自由な国アメリカを象徴したような教育理念が根底にあります。

続きを読む

失敗しない語学学校選びの6つのポイント

ryugaku_image のコピー

何がやりたいのか?留学は優先順位が大切

留学をしよう!と決めた時はついつい気持ちが盛り上がってしまうものです。あれもこれもとイメージがふくらんでしまい、具体的に計画が先に進まないこともよくあります。留学先は世界各国にあり、また語学学校だけでも何千校もあるうえに、様々な留学スタイルがあるからです。そのために「何がやりたいのか」という優先順位をつけて考えることが重要です。
また、留学に行くと決めたまではいいですが、時間の制約とお金の制約が必ずあります。その中で「何のために留学したいのか?」を改めてじっくり考える必要があります。語学力アップなのか、ただ単に海外生活がしたいのか、海外のキャンパスライフを味わいたいのか、将来の仕事につなげるスキルアップをしたいのか、など個人によって目的は多様にあります。ですから、「これだけはしっかりやりたい!」という目的意識を持つことが大切です。
次のステップとして、その目的を果たすために留学をプランニングします。予算や期間の他に留学先の国や都市、学校選びが中心となります。国や都市、学校選びは予算・期間と密接にかかわりがあるので、前述の留学目的で優先順位をつけておくことでスムーズにプランニングができます。

続きを読む

ワーキングホリデーを有効に利用して留学しよう!

workingholiday

ワーキングホリデー制度とは

ワーキングホリデー制度は、2カ国の政府間の協定に基づき実施されています。この制度は、両国の18歳から30歳の青少年が相互に相手の国に最長1年間滞在し、異なった文化の中で休暇を楽しみながら、滞在費や旅行資金を補うために現地で付随的に就労することを認めるという特別な制度で、そもそもは英連邦構成国の国家間で始まったものです。
両国の青年を長期にわたって相互に受け入れることによって広い国際的視野をもった青少年を育成し、ひいては両国間の相互理解、友好関係を促進することを目的として本制度は実施されています。
日本のワーキングホリデー制度は、1980年1月、当時の故大平総理大臣がオーストラリア訪問の際、フレーザー首相との間で、日本とオーストラリアの相互理解促進の一環としてこの制度を設けることについて意見が一致し、両国との間に発足したことから始まっています。オーストラリアとの間での制度開始以降、現在まで次の11カ国との間の2国間で協定が締結されています。

続きを読む