子ども 英語

【英語学習に役立つ音楽紹介】英語を体で覚えよう!歌詞に合わせて自然に体が動いてしまう一曲 “Another Day Of Sun”(アナザー・デイ・オブ・サン)


今回の音楽は、映画「LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)」のオリジナル・サウンドトラックとして使用されている
Another Day Of Sun”(アナザー・デイ・オブ・サン)です。

見ている人の気持ちをわくわくさせるこの映画では、つい体を動かしてしまいそうな音楽がたくさん使われています。その中でも特に印象に残りやすいこの曲は、歌詞と体の動きが一緒に記憶されやすく、体で英語を覚えることを可能にしてくれます。
続きを読む

【英語学習に役立つ音楽紹介】英語で表された、世界にとって大切なメッセージを理解しよう “Where Is The Love?”(ウェア・イズ・ザ・ラブ)

今回ご紹介する曲は、アメリカの人気グループThe Black Eyed Peas(ブラック・アイド・ピーズ)が歌っている
Where Is The Love?”(ウェア・イズ・ザ・ラブ)です。

2003年にリリースされたこの曲は、9.11事件の翌年に作られたものであり、当時とてもキャッチ-なメロディーが人気を呼びました。
2016年には再度リリースされています。

9.11事件が起こった頃、特にアメリカでは、人々が愛することの意味を忘れ、他人に対し批判的であるような考えが広まっていました。
テロを制止させるために国外へ向けて戦う一方、国内においてもテロと変わらないような荒んだ出来事が起きており、人間の価値観がどんどん歪んでいくように感じる世の中に対し、メッセージを投げた一曲です。
続きを読む

時代の変化がもたらす、これからの教育の形(英語塾キャタル三石郷史)

この記事は、2015年6月30日、ラジオ”In the Dreaming Class”の内容です。ラジオ全音声を聞かれたい方は→こちら

これからの時代に対応した教育を行う上で、社会や保護者が子ども達のためにできることとは一体何か?

 

1.社会の変化に伴う、教育の変化

教育は、時代の流れに合わせて変わっていかなければならない

ラジオが始まって以来、これまでに25名のゲストの方々から教育についてお話を伺ってきましたが、皆さんのお話を聞いてどのように感じましたか?
ゲストの方々から様々なお話を聞く中で、教育というものが昔と比べ、非常に変わってきているということを実感しました。そしてその変化は、時代の流れに合わせて起こっているものであり、時代の変化が教育の変化をもたらしているということに気が付きました。
続きを読む

英語で夢を叶える!(英語塾キャタル代表 三石郷史)

2017年最後のラジオは、英語塾キャタル代表の三石郷史による、 ラジオ総集編をお届けします! これまでのゲスト対談から見出した 【英語教育の未来】 について熱く語ります。 2020年に大学受験が大きく変わり、 本当に使える学力が一層求められています。 ▼これからどんな人が活躍するのか? ▼どういった能力を身につけておくべきなのか? ▼大人は子育てにどう関わっていけばよいのか? といったテーマを具体的に語りました。ぜひお聞きください! ... 続きを読む

時代が求める【一生役に立つ力】とは? せたがや作文教室主宰 高清水美音子先生

世田谷生まれの高清水先生は、ライターと編集者の経験を元に、せたがや作文教室を始められました。 始めたきっかけは、ご自分の出産と育児経験。 これからの子どもたちには、どのようなスキルが求められるのか、どうやってこの時代を生き抜いていくのか。と考えた際に、 ご自分が常に極めてきた【書く力】と【考える力】がこれからの時代には求められるようになる、と気づかれたそうです。 高清水先生は、書くことができれば、人生が半分楽になるよ、と日々生徒さんに教えています。 どんな職業でも、どんな時代でも、人間として生きる上で、書くことは避けて通れません。 逆に、書くことが上手だと、スムーズにコミュニケーションがとれて、ビジネスに限らず、日常生活全般で物事が上手く進むというのは視聴者の皆様も実感されていることだと思います。 ラジオ対談では、 ▼作文を上手く書くコツとは? ▼国語嫌いを克服するには? ▼新しい入試問題の解き方は? といったことをお聞きしました。 ... 続きを読む

AI時代に人が伸ばすべきチカラとは?(二木康晴弁護士)

『いちばんやさしい人工知能ビジネスの教本』の著者で、弁護士の二木康晴先生にお越しいただきました。 人工知能(AI)という言葉が頻繁に聞こえてくるようになりましたが、 具体的にどのような技術なのか、詳しく分かっている人は少ないかもしれません。 人工知能とは人間の生活、働き方をどのように変えるのか? その時代に生きる子供達は、どんな力を身につけるべきなのか? 人口知能に詳しい弁護士の二木康晴先生に伺いました。 ラジオ対談では、 ▼AI時代に人間が伸ばすべきチカラとは? ▼AIによって無くなる仕事とは? ▼AIを活用して、学習を加速させる方法 といったことをお聞きしました。 ... 続きを読む

教育界のノーベル賞受賞者に聞いた「学び方」(工学院大学附属中学校・高等学校 高橋一也教諭)

教育界のノーベル賞と呼ばれる、グローバルティーチャー賞を受賞した、 工学院大学附属中学校・高等学校の高橋一也教諭にお越しいただきました。 高橋教諭は、大学院で英文学を専攻した後、アメリカの大学に留学し、最も効果的な教育を設計・開発するための方法論「インストラクショナル・デザイン」を研究されました。 ICTを活用したデジタル教材やレゴブロックを用いたアクティブ・ラーニングを授業で積極的に取り入れています。 文法を教えるだけではなく、シリア難民や平和など、今、まさに世界で起こっている問題をテーマに英語でディベートを行い、また、レゴを用いて、生徒が物語などを考え、その場面をレゴで形にして表現していく授業などを展開。英語の力はもちろん、想像力や思考力も鍛える授業を行っています。 ラジオ対談では、 ▼日本はキャリア教育が弱い ▼お金を稼ぐこと以上に大切なこと ▼「学び」と「勉強」の違いとは? といった内容について語っていただきました。 ... 続きを読む

英語初心者から始めて英検準1級に合格!キャタルを全力で楽しみながら成長してきた

小学3年生からトータル6年間キャタルに通っている高校1年生のJくん。通い始めた頃は自他共に認めるやんちゃな子どもでした。長い間、Jくんを見守ってきた教師やスタッフにとっては可愛い弟のような存在です。最初はほぼ英語初心者でしたが、10月の英検では、英検準1級に見事合格しました!これまで、どのように英語と関わってきたのか、明るく話し好きのJくんに聞きました!
続きを読む

目標があれば、どんどん進める!「自分らしさ」を活かした勉強で楽しくステップアップ!

小学4年生からキャタルに通うHさん。英語以外 にフラダンスも習っている彼女は、そんなハワイのイ メージにピッタリな、明るく元気いっぱいな生徒です。 海外短期留学の経験も英語学習に影響を与えてい て、キャタルに入ってからは着実に英語力を伸ばし続けています。そんな彼女の成長の秘訣は、自分の性格・ 特徴を知り、自分に合った方法で勉強することでした。
続きを読む

先生と英語を話す楽しさ、合格した嬉しさが、続ける力を育みました。

3年前からキャタルに通い続けている、小学3年生のKKくん。
レッスンに一生懸命取り組む様子や、コツコツと勉強を続ける姿勢に、キャタルの教師たちも、その成長をいつも楽しみにしています。英検合格の実績や長く続けてきた自信を実感している彼は、キャタルの生徒さんの模範です。継続の訣や、勉強のモチベーションはどんなところからきているのか、インタビューしてきました!

 

継続の秘訣は、教師の存在と英語で会話する面白さ

これまで通っていて「レッスンに行きたくないな」と思うことはありませんでした。
キャタルでは、先生と会って英語でいろいろな話をしたりすることがとても楽しいです。
学校であったことだったり、最近はゲームの話もしました!
先生たちと話すことが面白いから、楽しく通い続けられてるんだと思います。
続きを読む

英検 2次面接対策 ラジオセミナー キャタル代表 三石郷史

今回は、英検の2次面接対策について事例を交えながらお話しします。 英検の各級に合格するためには、どの程度の英語力が求められるのか、 どんな勉強をすれば英検に合格できるのか、一緒に考えて行きましょう。 ▼英検3級の傾向と対策 ▼英検準2級、2級の傾向と対策 ▼英検準1級の傾向と対策 ... 続きを読む

未来を生きる子ども達に必要な力とは?(花まる学習会 高濱正伸代表)


 

「メシが食える大人」=モテる力を持った人である

メシが食える大人とは、一体どういう人のことなのでしょうか?

花まる学習会では、子ども達が幸せになるためには「メシが食える大人」になることが大切だと考えています。「メシが食える大人」というのは、経済的に自立している大人という側面もありますが、それ以上に物事に対する柔軟性や忍耐力が備わった人間という意味があります。世の中には、「この会社はおかしい」「あの上司がいるからできない」という理由で、仕事をやめてしまう人がいます。正直、この世の中は理不尽で満ちています。そんな理不尽な環境に揉まれる経験を通して、自分がどう考え、何を決めるかということが幸せな人生を送る上でとても重要となります。経済的に自立するためには、それ以前に克服しなければならない課題があるということです。
続きを読む