リベラルアーツ

アイビーリーグの隠れた名門校、ダートマス大学。個性的で自由なエリートたちを育てる、“真のリベラルアーツ教育”とは

ダートマス大学の概要はこちら 日本人の知らないアイビーリーグのエリート校 アメリカの東海岸に位置する伝統的な私立大学8校の総称「アイビーリーグ」。ハーバード、イェール、コロンビアなどアメリカを代表する有名私立大学が含まれていますが、アイビーリーグ校の全8校をご存知でしょうか。 その中でダートマス大学は、おそらく多くの日本人が耳にしたことのない大学でしょう。アイビーリーグの中で一番規模が小さいためか日本での知名度は低いですが、その卒業生たちの中には政府高官やCEO、ノーベル賞受賞者やオリンピックメダリストなど、様々な分野で活躍しているエリートたちが多くいるんです。 ダートマス大学が誇るのは、少人数教育を中心とした学部レベルのリベラルアーツ教育。しかし実学分野での教育も評判が高く、アメリカ最古のビジネススクールの他にも、工学大学院や医学大学院といった、歴史と実力を兼ね備えている大学院を抱えているため、名実ともに米国内では名門校として高く評価されています。 ベイカー・ベリー図書館のエントランスホールで勉強する学生たち 写真提供:麓えり そんなダートマスに交換留学をしたキャタルの教師である麓えりさんですが、彼女も留学先を探している中で初めてダートマスのことを知ったと言います。 最初に大学の名前を目にしたときの感想は「アイビーリーグの一つなんだ…へぇ、知らなかった。」 それなのに、留学が終わる際には、「できればそのまま編入したかった!」という、ダートマスの魅力は一体どんなものだったのでしょうか。   熱い“ウェルカム感”に押されて 小学校4年生から中学校3年生までをイギリスで過ごした麓さん。帰国後に入学した高校では、「帰国子女」として何か特別なことをする訳ではなく、「普通の高校生」らしく部活動に没頭する毎日を過ごしました。 麓さんの「バイリンガルストーリー」はこちら そんな高校生活を過ごす中で忘れられなかったのは、「麓は留学に行くべきだよ」という先生からの言葉でした。 大学入学後も部活漬けの毎日でしたが、部活以外の“何か”を求めたとき、この言葉が脳裏によぎりました。当時所属していたゼミの先生にどういう大学に留学すべきか相談したところ、 「アメリカの大学では、有名な教授が所属していても実際に授業を教えているのはTA (Teaching... 続きを読む

秋田から世界へ 国際教養大学が牽引する21世紀の教育とは


 

授業は全て英語

―1・2年目で疑似留学、3年目で海外留学のダブルトラック構造

秋田市の南、豊かな森の中にある国際教養大学のキャンパス。敷地に入ると、すれ違うのは多くの外国人留学生。授業は全て英語で行われ、365日24時間開館の図書館やコンピュータールーム、学生寮では、日本全国・世界各国から集まった学生たちが「英語で」学び、日常生活を送っている。
今年開学13周年の新しい大学が実施している、21世紀のグローバルな人材を育む教育とはどんなものか、学長の鈴木 典比古(のりひこ)氏にお話を伺った。
続きを読む