ライティング

4技能が本格化する現状はチャンス!ライティング添削が最重要!4技能試験に対応した教育方法を考える

英語の大学入試は、2020年度から英語の4技能、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングのすべてが大学入試で評価されるようになります。学校教育で鍛えることが難しい、スピーキングとライティングの技能を高める秘訣は、まずライティング技能を高めることです。ライティングの技能を高めるためには、繰り返し添削を受けて正しく自然なライティングを身に付ける必要があります。 この記事では、そもそも4技能試験とは何か、ライティングの重要性、そして保護者が知っておくべき重要なポイントについて解説していきます。   4技能試験とは リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つの技能を合わせて、英語の4技能と呼びます。現在の高等学校指導要領においても、4つの技能を総合的に育成することが目標として掲げられています。しかし調査の結果、スピーキングとライティングの技能が不十分であることが分かっています。スピーキング、ライティングの技能を高めるために、2020年度から、文部科学省の主導のもとで、大学入試で4技能を評価する取り組みが始まります。この取り組みの中には、入試で民間の資格・検定試験を活用することも含まれています。外部試験を活用する理由は、現行の試験では受験者約50万人のスピーキングとライティングを一斉に評価することは、日程的にも人員的にも極めて困難なためです。   4技能試験への対応の決め手はライティング技能の育成 結論から言えば、4技能試験への対応の中で、もっとも力を入れるべきポイントはライティング技能の育成です。なぜライティングが重要なのか、そしてライティングのスキルアップには添削指導がキーであることをご紹介します。 ライティングが決め手となる理由 英語の4技能とは、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つです。リーディングとリスニングの技能は、正しい参考書とリスニング教材を活用した自学自習、つまり現状の教育で伸ばすことができます。新たに対応する必要があるのは、スピーキングとライティングです。 スピーキング技能を育成するためには、自分のスピーキングを良い指導者にその場で何度も修正してもらい、もう一度言い直すような学習が必要です。ライティングも同様の学習が必要です。ライティングの学習は、スピーキングの学習と比較すると、修正や改善、理解といった学習プロセスがすべて可視化されているという利点があります。繰り返し添削を受けてライティング技能を確かなものにすることは、スピーキングの技能を高めるうえでの基盤となります。 添削指導がライティングのもっとも効果的な教育方法 ただし、書きっぱなしでは、ライティングの技能は伸びません。誤った文章や、不自然な文章を繰り返し書いていれば、むしろライティング技能が損なわれてしまうでしょう。きちんと能力を伸ばすためには、自分で書いた作文を指導者に見てもらう必要があるため、ライティングの学習は自学自習だけでは十分ではありません。 それではライティングを伸ばすためには何をすれば良いのでしょうか。ライティング技能を伸ばすために効果的な方法は、添削指導を受けることです。ライティング技能を伸ばすためには、書く作業とともに、書いたものを正しく自然な文章になるように修正してもらい、両者を見比べ、自分でどこに問題があったのかを理解したうえで、正しく自然な文章をもう一度書き直す訓練が必要です。これは、添削指導を受けることに他なりません。   英語教育について、保護者が知っておくべき重要なポイントとは? すでに述べたように、ライティングの添削指導は、学校まかせでは受けられません。保護者は英語教育の現状と4技能を伸ばす方法について理解し、ライティング指導を受けられる塾や学校を探す必要があります。 教育格差問題が起きる 世界がグローバル化する今日、外国の情報を受け止める技能としての、リーディング、リスニング技能だけではなく、自らグローバルな世界とコミュニケーションを取るための、スピーキング、ライティング技能の必要性が広く認識されています。4技能入試もまた、このような認識から出てきたものです。問題は、現状の学校教育が、スピーキング、ライティング技能の育成に対応できていないことです。学校教育体制が不十分なままに、大学入試に4技能評価を取り入れているので、地域や保護者の教育力によって、教育格差が広がる可能性は非常に高いでしょう。多くの教育関係者が、強い懸念を抱くもの当然のことです。 保護者の理論武装が必要 学校の英語教育体制が不十分なままで、4技能入試に突入していくことは、すでに決まっています。現実の問題として、4技能入試への対応は、保護者の選択に委ねられています。意欲のある保護者は、現状をチャンスと捉えましょう。保護者の責任で、適切な英語学習環境を用意できれば、大学入試で有利になるためです。保護者はこうした現状をよく理解する必要があります。また同時に、4技能入試への対応の決め手がライティングであることも理解する必要があります。 ライティングの添削指導ができる塾探しが大切 仮に、30人5クラスを担当している英語教師が、150人の生徒を添削すると仮定してみましょう。1人の添削に30分かかるとすれば、150人全員を添削するのには75時間かかります。先生が毎日8時間、ライティングの添削だけをしていたとしても9日かけても終わりません。この体制では、この学校の生徒は毎週1回の添削指導を受けることはできないでしょう。 通常の学校教育の範囲では、適切なライティングの添削指導は受けられません。丁寧にライティングの添削をするには、あまりに教師の時間が足りないためです。保護者は塾を探す際、ライティングを指導する体制を詳しく確認し、確実にライティングを指導してもらえるかどうかを見極める必要があります。   まとめ 2020年度から大学入試での英語の4技能評価が始まります。新たに評価されることになったスピーキングとライティングの技能を高めるためには、ライティング技能を高めることが基盤となります。通常の学校では、適切な添削指導を行う体制が整っていません。ライティング技能を高める最良の方法は、良い指導者に添削指導を受けることです。適切な添削指導を受けるためにも、塾選びは慎重に行うことが大切です。 参考URL ・文部科学省:大学入試英語ポータルサイト http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/koudai/detail/1420229.htm ... 続きを読む

英検2級に合格のための勉強法・対策総まとめ|英検対策のキャタル

英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検2級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検2級合格を目指します。この記事では、英検2級の難易度や合格点・合格率、準2級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。   目次 1... 続きを読む

英検2級のライティング対策。本物の英語力を養うための方法伝授

この記事では英検2級のライティングについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検2級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検2級合格を目指します。この記事では、英検2級の難易度や合格点・合格率、準2級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。   1.... 続きを読む

【日経MJに掲載】10代から本場の英語を

10代から本場の英語を という記事で日経MJにキャタルが掲載されました! Rewrites(リライツ)というキャタルが開発した添削サービスを使用して、10代から本格的な英語の添削を受けられるという内容です。 Rewritesはキャタル塾生のみのサービスでしたが、 高等学校での実証実験の結果を生かし、2023年に全ての都道府県での導入を目指していきます! ... 続きを読む

英検3級ライティング対策 ~得点へ繋げるために、書き方のコツを掴もう~

過去問から見るライティングの傾向と対策

英検3級のライティング試験は、最近導入されたばかりのものです。内容は「外国の友達から質問される」という設定になっており、出題されたQuestionに対し、自分の考えと理由を2つ述べるというものです。語数の目安は25~35語なので、しっかりとした長さのセンテンスを3文ほど、もしくはシンプルなセンテンスを5~6文書くことができれば、語数を満たすことができます。なお、解答がQuestionに対応していないと判断された場合は0点になってしまうので、まずは必ず問題をしっかりと読むことを心がけましょう。

では、2017年に出題された過去問のトピックを見ていきましょう。

≪トピック≫
“Which do you like better, staying at home or playing outside?”

続きを読む

英検準2級ライティング対策 ~増えた語数を満たすためのコツを掴もう~

よりレベルの高い文章の書き方とは?

英検準2級では、3級の問題とは表現が少し異なり、外国人の「友達」が「知り合い」に変わっています。日本語においても、ただの知り合いと話す場合は友達と話す時と比べて丁寧な表現を使うことが多いかと思います。準2級では3級よりもレベルが上がっているということで、より丁寧で高度な表現を使うことが求められます。

2017年に出題された過去問のトピックはこちらです。

≪トピック≫
“Do you think fast food restaurants are a good thing for people?”

続きを読む

英検準1級ライティング対策 ~知識とイマジネーションを用いた独創的な文章を作ろう~

英検準1級では、2級までのライティングでは使用することのなかった新しいルールが追加され、さらに高度なライティングの力が求められます。今回は、今までに培った知識に想像力を加えた文章の書き方をご紹介します。

過去問から見る傾向と対策

英検準1級では、出題も英語でされています。そして、以前はPointsの使用は必須ではありませんでしたが、準1級からは必須になっています。また構成も、Introduction, Main body, Conclusion という、最低三段落は書く必要があります。

今回ピックアップする過去問のトピックはこちらです。

≪トピック≫
“Will humans live on other planets someday?”

続きを読む

英検2級ライティング対策 ~しっかりとした文章を構成するためのコツを掴もう~

英検2級では、これまで3級や準2級で行ってきたライティングよりもさらに高度な構成を持った文章を作成することが求められます。今回は、より説得力のある文を書くために必要な知識や書き方をご紹介したいと思います。

 

1. 過去問から見る傾向と対策

2級では、外国人の友人や知り合いに伝えるという背景はありません。また、これまでのトピックでは “What do you think?” と聞かれていましたが、2級では次のように変わっています。

≪トピック≫
“Some people say that the number of cars in cities should be limited. Do you agree with this idea?”

続きを読む

【英検一次試験対策】3級・準2級・2級・準1級ライティング講座 

英検ライティング対策を音声で解説! 今回の放送は、英検一次試験の対策講座を行っています。 英検3級から準1級のライティングを解説しています。どうぞお聴きください。 Catalは「英検対策に強い塾」です。 4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく目標級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検合格を目指します。 現在通っている生徒は、バイリンガルの先生や教室の雰囲気、通いやすさなど、お子様に合っているかを見ていただいてから通われる方がほとんどです。まずは無料体験レッスンにお気軽にお越しください。 また、英検に何度も落ちている、どこからスタートしたらいいかわからないなど、もし英語のことで少しでも悩んでいるのであれば、なんでもご相談ください。   英検に合格できる、キャタルの勉強法はこちら。 ... 続きを読む

ライティングとスピーキングを伸ばしGTECで校内3位の成績に!高田梨奈さん

今回は、福岡県の西新校で学ぶ高校2年生の高田梨奈(たかた りな)さんをご紹介します!
梨奈さんは「苦手なアウトプットを伸ばして、英語を得意科目にしたい」と思ってキャタルに入会しました。学校の先生、キャタルのコーチなどのアドバイスを元に、自分に合った学習をコツコツ続けることができる生徒さんです。英語の点数を伸ばし続け、直近のGTECのテストではリスニングとライティングで校内1位の成績を修めています。インタビューの最後に素敵な将来の夢を教えてくれた梨奈さんのバイリンガルストーリーをご覧ください!
続きを読む

視野を広げられるから英語が好き! 半年でライティング100点アップし中学生で英検準1級に合格!C.Oさん

昨年9月に開校した池袋校に通うCさんは、英検準1級合格と、大学受験を見据えた勉強を目的にキャタルを始めた生徒さんです。

キャタルで学習を始めてから半年で、英検準1級のライティングのスコアを約100点アップさせ、目標としていた準1級にみごと合格! インタビュー中も「キャタルでは積極的に英語を使ってね」と伝えると、その後はインタビューにも流暢な英語で答えるほど英語を使いこなしている生徒さんです。合格した今の気持ちと次の目標を、高校生になったCさんに聞いてみました!
続きを読む

《小学生で英検2級》初心者から英語を始めた小学6年生が英検2級に合格!これからは英語で考え会話できるようになりたい。


左が夏来さん、右が2年半以上夏来さんをみている土橋先生

今月ご紹介するのは、小学2年生のときから現在までの4年8ヶ月の間、キャタルで学び続けている夏来さんです。アルファベットから勉強を始めて、小学6年生の2月に英検2級に合格しました! 本が大好きで、インタビューのときにも最初の頃に読んでいた“Winnie the Pooh”のフレーズが口から出てくるほど、くり返し音読したことがしっかりと体に染み付いているようです。 小学生のうちに合格したいと言っていた英検2級は、 “CBT形式”で受験をし、みごとに合格! 夏来さんは「勉強しよう」と思って英語の勉強に取り組んでいないそうですが、聞いてみると、日々の“楽しい努力”によって英語力を伸ばしていたようです。 夏来さんは、4年8ヶ月の間に何をして、英語初心者から小学6年生で英検2級に合格できるまで英語力を上げたのでしょうか?
続きを読む

サマリーライティングで一流の文章術を身につけよう!

thumbnail_61
日本の夏休みの宿題といえば、「読書感想文」や「絵日記」がありますよね。海外の現地校やインターナショナルスクールでは、「サマリーライティング」が宿題として出されます。サマリーは「要約」という意味ですから、本や新聞の要約をまとめるのがサマリーライティングです。

一流の作家が書いた本をサマリーライティングすることで、一流の文章力が磨かれていきます。世界の文豪と呼ばれる、チャールズ・ディケンズ、ウィリアム・シェイクスピアといった一流の文章術が、どこでも学べるのです。

今回は、サマリーライティングの3つのメリットを学んでいきましょう。

続きを読む

英検の記述式ライティングを強みに変える勉強法とは。

wtg

前回は「スピーキング」にフォーカスした英検の勉強法をお伝えしました。今回お伝えしたいのは、2016年6月の英検から2級に導入される「記述式のライティング」を攻略するための勉強法です。もちろん、英検のみならず純粋に英作文力を身につけたい方にも効果的な勉強法なのでぜひ参考にして下さい。

 

どうして日本人はライティングが苦手なのか?

「うちの子、今度英検準1級を受けようと思っているのですが、ライティングがどうも苦手なようでどうしたら書けるようになりますかね??」

続きを読む

英検の記述式ライティングを強みに変える勉強法とは。

o-WRITING-TIPS-facebook

前回は「スピーキング」にフォーカスした英検の勉強法をお伝えしました。今回お伝えしたいのは、2016年6月の英検から2級に導入される「記述式のライティング」を攻略するための勉強法です。もちろん、英検のみならず純粋に英作文力を身につけたい方にも効果的な勉強法なのでぜひ参考にして下さい。

 

どうして日本人はライティングが苦手なのか?

「うちの子、今度英検準1級を受けようと思っているのですが、ライティングがどうも苦手なようでどうしたら書けるようになりますかね??」

こんな相談をされることがあります。

続きを読む

第3回:イェール生が教えてくれた、多様性の理解がライティングから始まる理由とは

1-gKI62xFMYGk2Bdgi5rbDFw
(ダンスパーティーにて友達と。右から2番目、水色のドレスを着ています。)

連載最後の記事では、Rewritesで活躍中のイェール生、Michelle先生が考える、ライティングの必要性と多様性の意味についてお話を伺いました。
最後に、ライティングについてお話を伺います。イェールのようなアメリカの大学では受験次に必ずエッセイを提出させますが、これはなぜでしょう?学校はライティングを通じて、生徒の何を見ているのでしょうか。

続きを読む