スピーキング

《小学生で英検2級》初心者から英語を始めた小学6年生が英検2級に合格!これからは英語で考え会話できるようになりたい。


左が夏来さん、右が2年半以上夏来さんをみている土橋先生

今月ご紹介するのは、小学2年生のときから現在までの4年8ヶ月の間、キャタルで学び続けている夏来さんです。アルファベットから勉強を始めて、小学6年生の2月に英検2級に合格しました! 本が大好きで、インタビューのときにも最初の頃に読んでいた“Winnie the Pooh”のフレーズが口から出てくるほど、くり返し音読したことがしっかりと体に染み付いているようです。 小学生のうちに合格したいと言っていた英検2級は、 “CBT形式”で受験をし、みごとに合格! 夏来さんは「勉強しよう」と思って英語の勉強に取り組んでいないそうですが、聞いてみると、日々の“楽しい努力”によって英語力を伸ばしていたようです。 夏来さんは、4年8ヶ月の間に何をして、英語初心者から小学6年生で英検2級に合格できるまで英語力を上げたのでしょうか?
続きを読む

アメリカ人でも英語ができない?大統領選から見る英語力

american-1436597_1280

英会話学校などのチラシでよく外国の方の写真を見かけます。
やはり外国(英語圏)の方から英語を教えてもらうと安心感があるということでしょうか。

しかし、お考え下さい。その方は本当に英語力が高いのでしょうか?

アメリカ人やイギリス人等であれば英語力が高いというわけにはいきません。一方、現在ではやはり「ネイティブの人」=「英語力が高い」と無意識に思ってしまう方が多いように思えます。

英語力が高いというのはどういうことでしょうか?
世界中に大きな波紋を起こした今回の米国大統領選を例に見てみましょう!

続きを読む

英語学習に大人気!米国発カンファレンス「TED」って何?

img_6466

近年話題となっている「TED」動画を見たことはありますでしょうか?

簡潔なスピーチに力強いメッセージ。観客をみるみるうちに引き込む登壇者のプレゼンスタイル ーこれこそ「TED」と言えるでしょう。現在、TEDの動画は大人から子どもまで教育の材料として活用されています。特に最近では学校などの英語の授業でよく教材として使われているそうです。

このTEDとは一体なんでしょうか?
TEDの魅力とは、そしてどのように英語学習に活用できるのでしょうか?

続きを読む

英語力があるのに話せない?間違いを恐れない英会話とは

sports-1465340_1280

「うちの子は英検も取っているのに、全く英語で話そうとしないんです」
このような声をよく親御さんから聞きます。
確かに、英単語をたくさん覚え、英検も取れているのに、いざ英語を使う機会となるとためらってしまう子どもは多いですね。

なぜ英語力があるはずなのに英語で話せなくなるのでしょうか?

続きを読む

TEAPスピーキング対策に、朝食の時間を有効活用しよう!

45d332709126521eb474ed96f1ab6750_m-e1476521436532

次のTEAP試験に向けて、準備はいかがでしょうか?
さて、最後のスピーキング対策アドバイスは、どのようなテーマの質問が来ても答えられるように備えるための対策です。

スピーキングの質問は教育から政治そして環境問題まで、様々なテーマが扱われます。
これらの質問をしっかりと理解し答えられるようになるには、ある程度の知識を持っていた方がもちろん有利になります。十分な回答ができる上、答える時にも心に余裕ができます。

この知識を蓄えることは実はそれほど難しいことではありません。
毎日の朝食時間を使えばいいだけなのです。
続きを読む

難しい質問でも、賢く聞こえるスピーキングの回答とは?

e6eaf35db7f44c57098ed6c70ca6bfc0_m-e1474979134952

みなさん、TEAP対策はいかがですか?

TEAPのスピーキングでは、短時間で素早く答え、さらにまとまった回答を言う必要があります。特に、part 4 ではあまり準備する時間も与えられないので、その場で答える力が必要です。

しかし、時には難しい質問も出される中、それを英語で答えるとなると、それだけでも緊張してしまいますし、焦ってしまいますよね。

今回、そんなあなたが焦らずにしっかりと答えられるようになる、簡潔な回答の構成方法を教えます!

続きを読む

TEAPのスピーキングはアイデアの力で乗り切ろう!

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

第2回のTEAPが終わりましたね。受験生の皆さまいかがでしたか?
「次のTEAPまで2ヶ月ある…」とホッとしているところでしょう。
しかし、油断は禁物です。11月までにできることはたくさんあります!

試験でやはり難関なのは、スピーキング。かなり難しい質問を容赦なく次から次へと出してきます。
普段、英語をあまり話す機会がない方は、どのようにして対策すれば良いでしょうか?

続きを読む

好きな音楽を歌うように、英語もスラスラ話せるようになる!

94b26c4af5550722226adb46e6a87b4a_s

好きな音楽を聴いていて、気分が乗ったりすると、一緒に歌いたくなりますよね。(少なくとも私はよくやります。笑)
たまに歌詞が聴き取れなくて、必ずしも歌詞が合っていなくても、リズムに合わせてそれっぽい感じに歌いませんか?

それまで何となく思い込みで歌っていた曲も、いざカラオケでその曲を歌うとなって歌詞を見ると、初めて「あ、こう言ってたんだ」と気付くこともあるかと思います。それ以降、「間違って歌っていた言葉」は正しい言葉に修正され、正しい歌詞で歌うことでしょう。

実は、英語も、似たような過程で話し方を学んでいきます。

続きを読む

二次試験のスピーキングにはこの3ステップで挑もう!

20141112_02

英検、TOEFL, IELTS など、様々な英語の試験でスピーキングが導入されています。そのうち多くは、受験者の意見を伺うものです。

面接ではその場で出される質問に対し、とっさに英語で主張を考え、スラスラと答える「瞬発力」が必要となります。 普段、英語で話すことに慣れていない場合、これは難題に思えますよね。

さらに、自分の意見を構成して述べるということも難しく感じられます。普段、日本語でさえ議論をしたり、意見を述べる機会が少ない場合、これを英語で行うとなると、気が遠くなるような話です。

では、どのように練習すれば良いでしょうか?

実は、簡単な3ステップさえ頭に入れておければ、しっかりとした答えを出せます。

続きを読む

英検のスピーキングを強みに変える勉強法とは。

speaking
前回までに英検のリスニングリーディングについて、効果的な勉強法を私なりにお伝えしてきました。リスニングとリーディングは大きく分けると「インプット」に分類できます。今回お話しするのは「アウトプット」に分類されるスピーキングとライティングの勉強法についてです。まずはスピーキングにフォーカスして勉強法をお伝えしていきます。
 

英語が苦手な人でも、なぜ自己紹介は英語でできるのか?

”Hi! My name is ◯◯./Hi! I’m ◯◯. Nice to meet you. ”

中学1年生の英語の授業で習うのが自己紹介の仕方です。授業で習うより以前に自己紹介の仕方についてはほとんどの人が知っているようにも思います。

続きを読む

英検の記述式ライティングを強みに変える勉強法とは。

o-WRITING-TIPS-facebook

前回は「スピーキング」にフォーカスした英検の勉強法をお伝えしました。今回お伝えしたいのは、2016年6月の英検から2級に導入される「記述式のライティング」を攻略するための勉強法です。もちろん、英検のみならず純粋に英作文力を身につけたい方にも効果的な勉強法なのでぜひ参考にして下さい。

 

どうして日本人はライティングが苦手なのか?

「うちの子、今度英検準1級を受けようと思っているのですが、ライティングがどうも苦手なようでどうしたら書けるようになりますかね??」

こんな相談をされることがあります。

続きを読む

流暢な英語を話したい!発音より大事なものとは?

fluent

スピーキングにおいて一番気になることは何でしょうか?

発音はもちろん大事ですね。RとLの区別など、しっかりと発音できないと全く違う言葉に聞こえてしまい、誤解が生じてしまうこともあります。

話すスピードも気になるでしょう。いちいちつまずくより、ペラペラと言葉が流れ出てくるように話せると「流暢に話せている」と感じるかもしれません。

しかし、発音が完璧でなくても、早く話せなくても、英語が「流暢」に聞こえる方法はあります。

続きを読む

英検のスピーキングを強みに変える勉強法とは。

bigstock-Child-speaking-and-alphabet-le-18001274
前回までに英検のリスニングリーディングについて、効果的な勉強法を私なりにお伝えしてきました。リスニングとリーディングは大きく分けると「インプット」に分類できます。今回お話しするのは「アウトプット」に分類されるスピーキングとライティングの勉強法についてです。まずはスピーキングにフォーカスして勉強法をお伝えしていきます。
 

英語が苦手な人でも、なぜ自己紹介は英語でできるのか?

”Hi! My name is ◯◯./Hi! I’m ◯◯. Nice to meet you. ”

中学1年生の英語の授業で習うのが自己紹介の仕方です。授業で習うより以前に自己紹介の仕方についてはほとんどの人が知っているようにも思います。

続きを読む

なぜ「ネイティブ」発音を目指さなくても良いのか

cf6a0bada1b4a4eed5bb55b3b4f5447f_s

ネイティブの英語を聞くのは大事ですが、目指すべき英語は「ネイティブ」英語でしょうか?

先日、このような記事がSNSでシェアされていました。
世界で一番通じない英語とは、ネイティブの発音である、という内容です。そして、その理由は、英語が第一言語ではない人に対し、ネイティブスピーカーは相手の立場を考えずに容赦なく英語を話してしまうから、とのことでした。

一方、英語を学習していると、どうしても「ネイティブみたいにペラペラになりたい!」と思いがちですよね。やっぱりカッコイイし、綺麗な発音の方が相手に理解されやすいし…。しかし、本当に「ネイティブ」発音を目指していくべきなのでしょうか?

続きを読む

学校では教わらない、本当に習得すべき英語力とは?

59928c56fc9b7bde75382e9b2557e635_s

前回の記事では、日本の英語教育の強い点をご紹介しました。
では、今の日本の英語教育には何が足りないのでしょうか。
それは、アウトプットすることをためらわず、そして正しく使う英語力を学ぶ機会です。

まず、なぜ我々は英語のアウトプットにためらってしまうのでしょうか?
もしかすると、英語を話すことに「ためらう」以前の問題として、英語が「すぐ出てこない」からかもしれません。

それは一体なぜでしょうか?

続きを読む

「英語ペラペラ」ではダメ?意外と高評価な日本人の英語とは

c1c97a0fc42f41af7d32e832e0e63167_s

「英語が上手な人」と聞くと、どのような人を思い浮かびますか?
ネイティブ並の発音で、英語を流暢に話す人のイメージでしょうか?

もちろん、発音が素晴らしく、英語ペラペラな人は輝かしく映るかもしれません。
このような人になることが、英語を勉強している人が抱く夢だと思います。

しかし、一度自分に問い直してみてください。
それは本当に「英語が上手な人」のイメージなのでしょうか?

続きを読む

英語ネイティブでもTEAPで良いスコアは取れない??

TEAPを12月上旬に受験し、すべてのスコアが出たのは翌月上旬。
同じく12月に受験した知人たちにスコアを聞いてみました。
中にはもちろん海外歴0の人もいれば、海外歴8年の帰国子女もいました。しかもその帰国子女はTOEFLでほぼ満点を持っている強者です。

「まぁ、そりゃTEAPなんてTOEFL満点の帰国子女にとっては楽勝だっただろうな」(筆者)

…しかし、驚くべき事実が。
なんと、その帰国子女の方のスコアより、海外歴0年の方が上だったのです!

続きを読む