英検2級のリスニング対策。過去問や例題から本当の英語力をつける方法はこれ!


この記事では英検2級のリスニングについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検2級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検2級合格を目指します。この記事では、英検2級の難易度や合格点・合格率、準2級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

 

1. 英検とは

英検は正式名称を「実用英語技能検定」と言い、民間団体である日本英語検定協会が実施する英語技能全般を測定する検定試験です。1963年に創設され、1968年には「文部省認定の技能検定」に認定されました。英検は、日本における英語に関する検定の中で最も長く実施されているものです。年3回、全国各地の受験会場で実施されています。毎年志願者は300万人を超え、中高生を中心に人気の検定です。

 

英検の試験は易しいものから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのグレードに分かれています。それぞれ「聞く」、「読む」、「書く」、「話す」の4技能を総合的に問われ、試験結果は合否と英検CSEスコアがフィードバックされます。検定料は級によって異なりますが、2級は本会場で受ける場合は6,500円、団体申し込みで定めた準会場の場合は5,500円です。

 

1.1 CSEスコアとは?

英語力を国際的な尺度で計るために、日本英語検定協会と日本生涯学習総合研究所が共同で開発した指標です。CSEスコアとは、Common Scale for Englishの略です。昨今のグローバル化に伴い、英語力を国際的に統一された指標で表す必要性の高まりを受け2016年度より導入されました。このスコア制度の導入により、他の級とレベルを比較することもでき、TOEICなど他の試験との比較も分かりやすくなりました。問題数に関わらず技能ごとに均等にスコアが割り振られるため、各技能の成績を客観的に測定することができます。英検2級は満点で2600点となります。

 

2. 試験内容・流れ

英検2級は筆記とリスニングの一次試験と、面接形式で行うスピーキングテストの二次試験があります。高校卒業程度のレベルの問題が出題されます。必要な語彙数は5,000語程度、2級は65%程度の正答率で一次試験合格と言われています。ここでは各試験について、問題形式、得点目安、時間配分などを解説します。

 

2.1 一次試験(筆記)

筆記試験の試験時間は約85分間、リーディングとライティングから出題されます。

学校や家庭、電話等日常生活を題材とした場面が多く取り扱われ、道案内や旅行といった日常会話レベルから歴史、医療、テクノロジーといった社会性のある話題まで幅広く出題されます。リーディングは4択の中から適切なものを選択する回答形式で、大問が3つあります。

各大問の得点目安は大問1が20点満点中12点、大問2が6点満点中2点、大問3が12点満点中6点で、リーディング合計38点満点中20点が合格ライン目安です。ライティングについては、内容、構成、語彙、文法の4つ観点から評価され、それぞれ配点は各4点、16点満点中9点が合格ラインです。

 

2.2一次試験(リスニング)

今回詳細に解説するリスニングは約25分間、放送回数は1回のみ、4つの選択肢の中から適切な回答を選択します。会話の内容に関する問題が15問、物語文や説明文の短いパッセージの内容に関する問題が15問出題されます。30点満点中26点が合格ライン目安です。

 

2.3二次試験(面接)

二次試験は約7分間の面接です。面接中のやり取りは全て英語で行われ、面接官は1名です。

過去の出題例では、環境に優しい素材、オンライン会議、屋上緑化、ペット産業、新しいエネルギー、サプリメントなどが取り上げられました。応答内容、発音、語彙、文法、語法、情報量、積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度などの観点で評価されます。

 

3. 例題問題

ここでは、リスニングで必ず出題される会話形式の例題を3つピックアップしました。例題を参考に、会話形式の問題傾向を把握してみてください。

 

・例題1

M:Super Bookstore, may I help you?

F:Hello. I’m a fan of the writer Hruki Murakami. Do you have any of his new book, Norwegian Wood?

M:Sorry, we don’t—and I doubt any other stores do, either. It’s the number-one bestseller right now. We’ve ordered more copies, but they won’t get here until Monday.

F:Oh, I see. Well, I’ll stop by on Monday, then.

 

Question: What do we learn about the book Norwegian Wood?

 

選択肢

1: It is very popular.

2:It is not a new book.

3: It is not for sale yet.

4:It will be finished soon.

 

解答

1番

 

・例題2

Jason and his three-year-old daughter often visit their local aquarium. Yesterday, Oscar received some information in the mail about a new program that the aquarium will be offering for children. Every Saturday afternoon, the aquarium will have a class where children can learn about a certain fishes. Oscar’s daughter is very interested, and she wants to join the first class next week.

 

Question: What information did Oscar receive from the aquarium yesterday?

 

選択肢

1:A new animal will arrive at aquarium.

2:Tickets will be cheaper on Saturdays.  

3:The aquarium will be closing down soon.

4: A new program will start next week.

 

解答

4番

 

・例題3

F:Have you tried the new restaurant across the road, Nick?

M:Yes. I went there last Saturday.

F:I was thinking about going tomorrow. Was the food any good?

M:It was OK. Actually, their menu is pretty boring, and the restaurant is always empty. But it’s the closest place to our school. Since we only get 50 minutes for lunch, it’s worth going there.

 

Question: What does the man think is good about the restaurant?

 

選択肢

1:It is located nearby.

2:It is decorated beautifully.

3:The staff is friendly.

4:The food is inexpensive.

 

解答

1番

 

4. 勉強法・対策

リスニング力を磨くには時間がかかりますが、地道に続けることで確実に伸びていきます。ここではリスニング力を上げる2つの勉強法をご紹介します。

 

4.1 シャドーイング

リスニング力を上げるための勉強法として、「シャドーイング」という方法が有名です。シャドーイングとは、英語の音声を聞きながら、少し遅れて聞いたままに英語を発音する勉強法です。この勉強方法により、今まで聞き取ることが難しかった単語が分かるようになります。同時にスピーキングの練習にもなるため、英検受験者には一石二鳥の勉強法と言えるでしょう。

はじめは音声スクリプトを見ながらシャドーイングを行い、慣れてきたら英文なしでシャドーイングに取り組んでみましょう。つかえたり、発音をごまかしたりする箇所がなくなるまで繰り返し練習します。

 

4.2 ディクテーション

シャドーイングが英語の音声を遅れて発音するのに対し、ディクテーションは流れてくる英文1文ごとに音声を停止し、その1文を紙に書き取り、また再生しては止めて書き取るというのを繰り返す勉強法です。ひとまとまりの文章をディクテーションしたら、スクリプトで答え合わせを行いましょう。自分が聞き漏れやすい単語や文章のつながりがはっきりと分かるようになります。このディクテーションを繰り返すことは、細かい部分まで漏れなく聞き取るリスニングの訓練になります。

 

5. 使えるテクニック

続いて、試験本番で使えるテクニックをご紹介します。まず、問題形式を把握し、解答手順を掴み、選択肢の傾向を把握することが重要です。

 

5.1 選択肢に先に目を通す

問題文は1度しか放送されないため、放送が開始してから選択肢を選んでいると、次の放送が始まってしまう恐れがあります。そうした状況を回避するために、試験では放送が始まる前のわずかな時間で選択肢に目を通し、これから放送される内容の予測を行います。そして放送が開始されたらすぐに解答を行い、次の問題の選択肢に目を通す、という流れに慣れることをおすすめします。

 

5.2 聞く内容を絞る

選択肢からある程度聞き取るポイントを予測することも可能です。例えば、選択肢がIn+場所、SheやHeで揃っている場合、場所に関する情報や、女性や男性に関する情報に着目して放送を聞くことができます。また、使用されている単語から会話の内容を推測することも可能です。

 

しかし、こうしたテクニックを使うことは、あくまで英検に受かるための対策ですから、本質的な英語の学習ではありません。その後も使える英語を学ぶためには生きた英語力を身につける必要があります。

 

6. キャタルなら本物の英語力が身につく!

本物の生きた英語力を身につけたいのであれば、ぜひキャタルにお任せください。キャタルではバイリンガル講師による質の高いレッスンで、世界基準の英語力を身に付けることができます。キャタル流のコーチングで、インプット・アウトプットを徹底的に繰り返し行うことで、確実に成長を実感しながらバイリンガルレベルの英語が身に付きます。

英検2級に合格できるキャタルの学習方法は、こちら。

 


【無料レポート】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!


英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!



英検2級の合格を目指して何度もチャレンジしている方こそ知ってほしい、本当に使える英語力が身につくキャタルの勉強法を無料公開!

英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。

そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法をご紹介。

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは


など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立てください。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

関連記事