英検2級のスピーキング対策!勉強法やテクニックをご紹介


この記事では英検2級のスピーキングについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検2級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検2級合格を目指します。この記事では、英検2級の難易度や合格点・合格率、準2級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

1. 英検とは

英検は、日本英語検定協会が実施する検定試験で、正式名称は「実用英語技能検定」といいます。

1963年に創設、1968年に「文部省認定の技能検定」の認定を受け、日本での英語に関する検定を牽引してきました。英検の特色は、英語の「聞く」、「読む」、「書く」、「話す」の4つの技能を測定できる点です。年間の受験者数は250万人を超え、大学入試、就職など様々な場面で英語力を証明できる資格として活用されています。

 

検定は年3回、全国各地の会場で実施されています。試験は易しいレベルから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのレベルに分かれています。試験後は、合否の結果と英検CSEスコアが通知されます。検定料は級によって異なり、2級の場合は本会場での受験は6,500円、準会場での受験は5,500円です。

2. 試験内容・流れ

英検2級は、筆記とリスニングの1次試験と、面接形式で行われるスピーキングの2次試験に分かれています。今回は2次試験のスピーキングについてご紹介します。

2.1 スピーキング(面接)の流れ

面接は下記の流れで実施されます。面接委員は1名です。

①入室する:英語で面接委員へ挨拶をして入室しましょう。

②面接カードを渡す:面接委員より指示を受け次第、面接カードを差し出します。

③着席:名前と受験級を確認し、簡単な挨拶をする

④問題カードの受け取り:問題カードを受け取った後、面接が開始されます。

⑤問題カードの返却:面接委員より指示を受け次第、問題カードを返却します。

⑥退出する:挨拶をして退出します。

2.2 面接の試験内容

ここでは面接の出題内容を詳しくご紹介します。2級は、問題カードに英文が1題と3コマのイラスト1題が記されています。この問題カードを中心に、英文の音読と4問出題される形式で面接が進められていきます。

 

①英文を20秒間黙読後、英文を音読

②英文に関する質問に答える

③3コマのイラストを20秒間確認後、イラストの状況を述べる

④英文やイラストに関連した質問に答える

⑤社会的な問題について自分の意見を述べる

 

過去の面接では、以下のようなトピックが出題されてきました。

 

・環境に優しい素材

・オンライン会議

・屋上緑化

・ペット産業

・新しいエネルギー

・サプリメント

2.3 得点目安

2級は高校卒業レベルの英語力を身につけていれば合格可能です。2次試験の合格目安は650点満点中460点以上、合格率は8割程度ですので、1次試験を突破し、しっかりと対策を行っていれば合格することはそれほど難しくないと言えるでしょう。

2.4 時間配分

面接時間は約7分です。その内、英文を音読する前とイラストを説明する前には準備時間として20秒ずつ与えられています。音読や解答には明確な制限時間はありませんので、丁寧に正確に答えるようにしましょう。

3. 過去問

過去英検2級で出題された問題をご紹介します。

 

問1:

A New Service for Parents

 

It can be troublesome for parents with young children to go shopping in crowded places. For this reason, more shopping centers have started offering their customers childcare services. Some customers with children choose shopping centers that provide these services. In this way, they do their shopping more easily. Such services are becoming available even in places such as theaters and

hospitals.

 

設問1.According to the passage, how do some customers with children do their shopping more easily?

 

解答:By choosing shopping centers that provide childcare services.

 

問2:

Today, many people buy secondhand goods such as used books and used clothing. Do you think more people will buy secondhand goods in the future?

 

解答例:

Yes. → Why?

― People can save money by buying used goods. Also, I think secondhand stores will sell more kinds of things.

 

No. → Why not?

― I think most people like to buy new things. They do not want things that other people have used.

4. 例題

面接の最後の設問である、社会的な問題について例題をいくつかピックアップしました。回答のコツとしては、YESなのかNOなのか、自分の立場をはっきりさせ、その後に2文以上でそう考えた理由を述べられるように練習しましょう。必ずしも自分の考えである必要はありません。場合によっては、自分の回答しやすい意見で答えるようにしましょう。

 

・社会問題

例題1.Nowadays, online meeting is becoming more popular. Do you think it is a good way to talk?

 

Yes. → Why?

No. → Why not?

 

例題2. It is often said that Japanese children today study Programming more than before. Do you think children should spend more time studying Programming?

 

Yes. → Why?

No. → Why not?

 

・環境問題

Today, some farmers grow carrot without using chemicals. Do you think more farmers will follow this way?

 

Yes. → Why?

No. → Why not?

7. 勉強法・対策

面接試験に合格するために、何を意識して勉強すれば良いのでしょうか。ここでは、英検2級の評価基準を踏まえた上で、英検2級の合格に向けた勉強方法をご紹介します。

7.1 評価の観点

面接は、以下の観点で評価を受けます。

 

・応答内容

・発音

・語彙

・文法

・語法

・情報量

 

さらに、英検2級ではアティチュードという態度・姿勢に関する要素が加わります。具体的には、コミュニケーションを取る際の反応の自然さ、発声の明瞭さ、積極適的な態度が採点の対象です。黙ったり、目を合わせないで答えたりしないようにしましょう。

7.2 勉強法

スピーキングを上達させるには、耳を英語に慣れさせることはもちろん、実際に声に出して英語を発音することが大切です。ここでは具体的な勉強法をご紹介します。

7.2.1 まずは英語に耳を慣れさせる

英語が聞き取れなければ質問に答えることはできません。最初は、聞こえた英文に何語使用されているかカウントして英語のリズムを掴んでいきましょう。その後、慣れてきたら最初の3単語に注目して聞き取ることに集中し、さらに慣れてきたら最後まで聞き取り、和訳せずに英語をイメージで理解する、というように段階を踏んで英語に耳を慣れさせていきましょう。

7.2.2 スピーキング力を向上させる

スピーキング力を上げるために、音読は基本的な勉強法として取り入れている方が多くいらっしゃるでしょう。そこで、英語で頻繁に出てくる「F」、「V」、「R」、「TH」などの発音を意識して練習するようにしましょう。英語を発音するのに必要な舌や口の動きに慣れてきたら、英語の早口言葉でさらにスピーキング力を向上させていきましょう。

7.2.3 英語のコミュニケーション方法を学ぶ

英検2級で問われるコミュニケーション力の対策として、海外ドラマや映画を参考にすることをおすすめします。海外ドラマや映画で、英語のコミュニケーションの取り方やリアクションを楽しく学ぶことができます。さらに、日頃から英語で考えをまとめる練習も行い、友人や先生などを相手に自然な態度で伝える、というような実戦的な練習も積んでおくと理想的です。

8. 使えるテクニック

ここでは、面接で使える英語表現をいくつかご紹介します。ここでご紹介するのは、あくまで英検の面接で使えるテクニックです。本当に大切なことは、形式通りにではなく、臨機応変に自分の考えが英語で話せるようになることですから、長期的には本質的なスピーキング力を身に付けられるように学習していきましょう。

8.1 面接委員の言ったことが聞き取れなかったときに使えるフレーズ

度が過ぎる聞き返しはNGですが、聞き取れなかった場合以下のフレーズで面接委員に再度尋ねてみましょう。

 

・I beg your pardon?

・Excuse me?

・I am sorry, but could you repeat the question again?

8.2 少し考えてから答えたいときに使えるフレーズ

少し考えをまとめる時間が欲しい時、質問されたことをゆっくり繰り返すテクニックの他、以下のフレーズで考え中であることを伝えましょう。無言で考え込むと受け答えができないとみなされてしまいます。

 

・Well, …

・ Let me see.

9. キャタルなら本物の英語力が身につく!

キャタルで学ぶ生徒は、バイリンガルの先生が教える正しい英語の学習法によって、一生使える英語力を身につけることができます。資格対策に対応しているだけでなく、聞く、読む、書く、話す、の4つの英語技能をバランス良く効率的に伸ばすことができます。

迷われている方、不安のある方は、教室の雰囲気や、キャタルの英語学習メソッドを無料体験にて実際に体験していただくことができますので、一度無料体験にお越しください。世界基準の英語力を身につけたい方はぜひキャタルにご相談ください。

 

英検2級に合格できるキャタルの勉強法は、こちら。


【無料レポート】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!


英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!



英検2級の合格を目指して何度もチャレンジしている方こそ知ってほしい、本当に使える英語力が身につくキャタルの勉強法を無料公開!

英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。

そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法をご紹介。

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは


など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立てください。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

関連記事