誰でも英語4技能を一日で受験可能な 英検CBT® をご存知ですか?


現行の英検®は一次試験に合格すれば二次試験を受験できるようになっており厳密には4技能試験とはいえません。そこで、昨年から新しく英検CBT®が始まりました。
 

現在の大学入試センター試験に替わり、2020年から始まる大学入学共通テストでは、「書く」「話す」を含む英語4技能が問われるようになります。また、昨年の3月には、大学入試センターが入試に活用する英語の民間試験8種を公表したことも記憶に新しいでしょう。

現行の英検®は、この民間試験として認定されなかったことはご存知でしょうか。年間350万人以上が受験している英検®ですが、5級・4級は3技能の試験であり、3級以上は一次試験に合格しなければ二次試験を受験することができないようになっています。つまり、一次試験で測ることができるのは、Writing Reading Listeningの3技能のみのため、厳密には4技能試験とはいえないからです。
そこで、昨年から新しく英検CBT®というテストが始まりました。CBTとは、Computer Based Testingの略です。
この名称が示すとおり、英検CBT®はコンピューターを使って行う試験です。
問題形式や合否判定のしかた、合格によって得られる資格は従来型の英検®と同じです。この試験の最も大きな特徴は、受験者は誰でも4技能すべての試験を受けることができることでしょう。

【画像】英検CBT®公式HPより

「CBT形式の方が受験しやすかった!」という声も

英検CBT®を受験したことがあるキャタル塾生は、特にライティングとリスニングについて受験しやすかったと答えています。

「ライティングは、タイピングの方が鉛筆で書いて消すより早くやりやすかったです。特に語順を変える作業と自動で語数をカウントしてくれることは、回答時間を有効に使えたと感じています。」「リスニングは、広い会場で全員一斉ではなくヘッドホンで聴けたので音がクリアで集中できました。」

英検CBT®には、注意点もあります。一つは、現在は受験級が2級・準2級・3級の3つしかないこと。もう一つは、受験料が従来型のものより高額なことです。本会場と比べて1,000円、準会場と比べて2,000円ほど高くなっています。ですが、全員スピーキングテストを受験することができ1日で4技能が測れることや、TOEFLなどのコンピューターを使ったテスト形式に慣れることができるのは大きなメリットといえるでしょう。

その他のメリットや注意点など、英検CBT®受験案内ページをご覧ください。

英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認推奨、その他の検討を受けたものではありません。


【無料レポート】小学校5年生が英検1級に合格した「受かる+使える」英語学習法

なぜ、小5で英検1級に、小1で英検2級に合格できたのか?
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法を無料公開!

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは


など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

関連記事