メディア掲載/コラム

メディア掲載報告と、英語コラム記事の一覧ページです。4技能型英語塾のキャタルは、バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めます。英検合格、成績向上、留学準備、国内受験など、一人ひとりの目標と英語力に応じて最適なプランを提供。一流のバイリンガル教師による個別指導で、帰国子女、インター生の英語力維持も実現。

イギリスの大学とアメリカの大学の違い・転校するメリット等

本日のゲストは、キャタルの教師として活躍されている、魚谷采耶(うおたにさや)先生です。

魚谷先生は、4歳から11歳までイギリスの現地校に通い、日本に帰国後は渋谷教育学園渋谷中学高等学校の帰国子女プログラムに在籍されました。高校卒業後はアメリカのフォーダム大学に進学され、2年後にイギリスのシェフィールド大学に転校、現在はジャーナリズムを研究されています。

大学の相違点と転校するメリット・デメリット

アメリカとイギリス、両方の大学をご経験されている魚谷先生に、2つの大学の相違点や、大学を転校することについて、興味深いお話を伺いました。
是非お聞きください!

次回の放送では、ジャーナリズムによって女性の地位向上や様々な文化の分かち合いを深めたい、という魚谷先生の夢について語っていただきました。

どうぞお楽しみに!

【日経産業新聞に掲載】物語でバイリンガル育成

物語でバイリンガル育成 読み書き上達にも有効
という記事で4/3の日経産業新聞にキャタルが掲載されました!

こちらの記事では、日本でバイリンガルを育てる目標を掲げているスタートアップ企業として、キャタルを紹介していただいています。

新聞の裏表紙という大変素敵な場所に、キャタルの成り立ち、レッスンの方法、英語のみでレッスンを行う理由などが書かれたとても素敵な記事です!

4/5(金)追記
日経電子版にもアップされました!

こちらから全文お読みいただけます。
※日経有料会員でない方も、月10記事までは無料で読めます。
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO43354100U9A400C1XY0000?type=my&s=3

今年こそ英語を学びたいあなたへ!英会話教室に通う3つのメリット【CanCam.jp掲載】

明けましておめでとうございます!

新年のタイミングで新しい目標を立てる方は多いのではないでしょうか?

「今年こそは英語ができるようになりたい!」
そんな方に参考にしてもらいたい記事がCanCam.jpで公開されました!

https://cancam.jp/archives/634785

キャタルでは、英語力の高い人からフィードバックがもらえる塾通いをお勧めしています。
また、キャタルは、英語力の強化だけでなく、自分の意見の強化(英検も級が上がるほどここが求められますね!)や、留学や海外大への進学についても、教師やスタッフの経験からお勧めすることが可能です。

一度話を聞いてみたい!という方は、ぜひ
無料カウンセリング&体験レッスンにお越しください。

【日経MJに掲載】10代から本場の英語を

10代から本場の英語を
という記事で日経MJにキャタルが掲載されました!

Rewrites(リライツ)というキャタルが開発した添削サービスを使用して、10代から本格的な英語の添削を受けられるという内容です。

Rewritesはキャタル塾生のみのサービスでしたが、
高等学校での実証実験の結果を生かし、2023年に全ての都道府県での導入を目指していきます!

「純ジャパ」でも大丈夫!内部生だからこそ留学するメリットや方法を徹底解説

受験のない附属校生にこそ掲げてほしい将来の目標とは

附属校生に対してある「勉強しない」イメージ

「大学附属」「勉強」というキーワードをGoogleで検索すると、ネガティブな内容の記事ばかりが出てきます。「就職に不利」「勉強もしないし、忍耐力もない」「後悔する親」という検索結果が目立ちます。
ですが、本当にそうでしょうか?
私は大学付属校に通う生徒にあるこのような負のイメージは必ずしも正しくないと思います。
続きを読む

僕がMITに行く理由 Part2 〜日本の英語教育の問題を解決したい〜

前回は、キャタルの学習法で勉強しTOEFL100点以上を実現するまでの道のりをご紹介しました。今回は、世界最先端のテクノロ ジーを誇るMIT(マサチューセッツ工科大学)を留学先に選んだ理由をお伝えします。いよいよ「教育×ビジネス×テクノロジー」で日本の英語教育の課題解決に挑みます。


続きを読む

僕がMITに行く理由 英語塾キャタル代表 三石 郷史

TOEFL100点が絶対条件

この9月から、アメリカのボストンにあるMIT(マサチューセッツ工科大学)の大学院、EMBAに通います。
MBAはMaster of Business Administrationの略で、日本語では経営学修士と訳されます。今回僕が合格したEMBAの頭文字EはExecutiveを意味し、現役の経営者や経営幹部など実際にキャリアを持つ企業人が、その経験を活かしながら学びあい、切磋琢磨することでさらに高めていこう、という大学院です。2年間のコースで、プログラムは月に2回ほど、週末を使って行われます。僕も日本からボストンへ通学します。


続きを読む

ライティング添削プラットフォーム「Rewrites」を用いた学校教育プログラム、 経済産業省「未来の教室」実証事業への採択が決定

経済産業省 未来の教室 公式HPより

株式会社キャタル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三石 郷史)が提供するライティング添削プラットフォーム「Rewrites(リライツ)」を用いた学校教育プログラムが、経済産業省が展開する「未来の教室」実証事業へ採択されることが決定しました。

このニュースに関するリリースはこちらからご覧ください

誰でも成蹊高校から留学できる3つの方法

成蹊高校が留学の提携をしている名門セントポールズ校

一度留学してみたいなと思っていても、「留学は成績がある人だけがいけるもの」とか、「みんなと一緒に卒業したいから、学年を落とすのはちょっと…」と留学に対するハードルが高い人も多いかもしれません。私は成蹊高校出身で、このような声を同級生からよく耳にした経験があります。しかし、調べてみると成蹊高校では国際理解教育にとても力を入れており、積極的に海外での勉学、すなわち留学を勧めており、そのサポートも整っています。長期留学した場合でも留学中の単位が認定されるプログラムもあり、高校在学中に留学するチャンスはたくさん転がっているのです。ここでは成蹊高校在学中に、誰でも学年を落とさずに留学出来る3つの方法を紹介します。
続きを読む

大学入試改革で「英語」はどう変わるのか

大学入試改革で「英語」はどう変わるのか

大学入試改革の英語は、方針が変更されるたびに混乱が大きくなっているようですが、「何のための改革」なのかということと「どのような英語力をつけておくべきか」といった本質的なことをおさえておければ、落ち着いて切り抜けることができます。

3月に発売された雑誌PRESIDENT『「英語」の学び方』に、タイトルにある記事が掲載されています。こちらの記事内で、英語の専門家としてキャタル代表の三石が取材を受けました。

Webでも記事が読めるように公開されていますので、まだ読んでいない方はぜひこちらからご覧ください。

https://president.jp/articles/-/25796
続きを読む

【オススメの洋書紹介】~「示唆に富んだ本」と呼べる代表作~1984 Nineteen-eighty four(1984年)


今回ご紹介する本は、1949年にイギリスの作家によって生み出された小説です。この小説は、戦争が終わった4年後に出版されました。

Nineteen Eighty Four(1984年)
著者:George Orwell(ジョージ・オーウェル)

本では、全体主義国家によって分割統治された近未来世界の恐怖が描かれています。書かれている内容がまるで現実世界を描写したかのように的確に表現されているため、どの時代においても大人や子どもに関係なく、多くの人々に読まれている一冊です。

核戦争を経た1950年代、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアという3つの超大国によって分割統治されています。この世界では至る所で紛争が勃発し、常に戦争が繰り返されています。
この作品のメインの舞台であるオセアニアでは、思想、言語、結婚など、全てにおいて統制されており、物資は欠乏し、さらに市民は常にテレビとマイクによって全ての行動を監視されています。

小説の中に、こちらの一文が書かれています。皆さんはどのような意味か分かりますか?
“A peace that was truly permanent would be the same as permanent war.”
「永遠に続く平和とは、永遠に続く戦争と同じである」

この世界では、言語も全てコントロールされており、毎日のように言葉の意味が交換されたり、新しい言葉が作られたり、言葉が元々持っている意味とは逆の意味を持たせたりすることによって人間の思想を狂わせ、人々をコントロールしやすいようにしています。このような世界で起こっている紛争ですが、実はこの3大国には戦争をする理由はないのです。しかし、戦争をすることで市民は戦争に没頭し、常に生死の境をさまよっていると、毎日を生き抜くことと相手国を憎むことだけに全てのエネルギーを注ぐようになります。すると市民は、この状況は永遠に続くものだと考え、自分達の置かれている世界に慣れてしまい、政府がなぜ戦争をしているかといった疑問を持たなくなります。そして、常に戦争をしているということは、逆にそれ以外の暴動は何も起きないということから「平和」であるという哲学を、コントロールしている側の政府が作ってしまったのです。

現代社会において、戦争が自分達の身近で起こっているものであると考えることは難しいかもしれませんが、他国で起こっている脅威を情報として知ることで、日本に住む人々は自分の国がいかに平和であるかということを認識します。しかし、実はそれが平和ボケの感覚を強め、自国の税金がある程度何に使われていようとも気にならないという「マインドコントロール」を促進しているのかもしれません。
この小説はどの時代においても、その時代の社会に潜んでいる問題を示唆しているのです。

物語を読むことを通して英語に興味を持つきっかけになると嬉しいです。

犬が教えてくれる、リーダーシップ教育とは?【パート2】

今回の放送は前回から引き続き、カリスマドッグトレーナー、シーザー・ミランの【犬の原理】を元にしたリーダーシップ能力の発掘や対人関係の改善についてお伝えします。
なぜ教育番組で犬の話が出てくるのか、みなさま気になっているかもしれませんが、自分が他者に対してどういった態度を示しているか、どういった教育をしようとしているのかは、言葉を使わない、動物に対する態度からよく明らかになると、思いませんか?

自分の飼い犬にこのトレーニング方法を実践したおかげで、私と姉は良いリーダーとなり、私たちの飼い犬は安定して、いい犬となりました。
この教育方法は、人間関係において、特に子ども達に向けても、応用できると感じていますので、皆様にもシェアしたいと思いました。

ぜひお聞きください。

 
今回のラジオで紹介した本:

ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せに暮らす方法55
シーザー・ミラン (著), ナショナル ジオグラフィック (編集), 藤井 留美 (翻訳)

犬が教えてくれる、リーダーシップ教育とは?

皆様もご存知の通り、今年は戌年ですね。
実は私は今年から、保護犬を我が家の一員として迎え入れました。
現在姉と保護犬のひめちゃんと一緒に、3人生活を送っています。

犬を飼うのは2人とも初めてでしつけや教育にとても悩んだのですが、行き着いたのがカリスマドッグトレーナーのシーザー・ミランの本でした。

今回のラジオでは、その本を紹介しつつ、なぜ犬の教育やしつけが人間の教育につながるのか、そして自分自身に教育をすることが、どのように自分の飼い犬の幸せや、周りの幸せにも繋がるのかお伝えします。

どうぞお楽しみに!

 
今回のラジオで紹介した2冊の本はこちらです。

ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの 犬が教えてくれる大切なこと

ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せに暮らす方法55

【オススメの洋書紹介】~文学の最大のテーマ「愛」が及ぼす影響とは?~ A general theory of love(ア・ジェネラル・セオリー・オブ・ラブ)

英語の学習を継続する上で、自分にとって興味のある分野を英語で学ぶという方法は、楽しいという気持ちを引き出しやすく、学習を継続する意欲へ繋がります。今回は文学好きな方なら誰もが一度は目にしたことのある「愛」をテーマとした本をご紹介します。
続きを読む

【英語学習に役立つ本の紹介】~美しい描写の中で印象に残る言葉を紙に書き留めよう~ Brida(ブリーダ)

皆さんは本を読んでいる際、心に響くような言葉を見つけたり、美しい表現に魅了されたりした経験はありますか?そのような体験を通して知る言葉は、私達の心にいつまでも残るように感じます。本日は言葉の使い方が非常に上手な、美しい本を書く有名な作家パウロ・コエーリョさんの本をご紹介したいと思います。
続きを読む

【英語学習に役立つ本の紹介】 ~「言葉で遊ぶ」ことがベースとなる英語のジョークを学ぼう~ This is a book(ディス・イズ・ア・ブック)

「英語でジョークが言えるようになる」というのは、多くの英語学習者が目標としているレベルの一つではないでしょうか。

海外の人々と話す時に、簡単なジョークをサラリと混ぜながら会話をする姿はとてもかっこよく、憧れる方が多いかと思います。今回は、アメリカのコメディアンが書いた英語のジョークの本をご紹介します。
続きを読む

【オススメの洋書紹介】 ~英語学習を継続させるための工夫とは?~ BUILT TO LAST(ビルト・トゥー・ラスト)

皆さんは英語の学習を始めて、どのくらいの時間が経っていますか?

子どもの頃から英語を使い続けている方もいれば、大人になってから本格的に学び始めたという方もいるかと思います。
語学を学ぶ上で最も大切なポイントは、継続力です。
続きを読む

キャタルってどんな英語塾?保護者の方にお聞きしました!

キャタルってどんな英語塾?

保護者から見たキャタルはどんな塾か、お話しいただきました。
楽しいレッスンの様子もわかる動画です。

この動画にでてくる寳田鈴子さんは小学5年生からキャタルで学び始めて4年半。
現在高校1年生で英検1級に挑戦しています!