バイリンガル教師インタビュー

英語を勉強するための留学は不要!ニューヨーク大卒生が語る留学と英語学習の関係

「英語は親が私にくれた最高のプレゼント」そう語る黒田真梨子さんは、アラブ首長国連邦にあるNYU(ニューヨーク大学)アブダビ校に進学され、在籍の4年間にはフィレンツェ、プラハ、ロンドン、ニューヨークに留学、現在はカナダのエミリー・カー美術大学大学院に留学中、という豊富な留学経験をお持ちです。
世界を飛び回っているイメージの黒田さんに「英語を勉強するために留学は必要ですか?」と尋ねてみたところ、予想に反して「NO」の答えが返ってきました。
続きを読む

NYUアブダビ校のリベラルアーツで学んでいること キャタル教師 黒田真梨子先生

本日のゲストは、キャタルの教師として活躍されている、黒田真梨子先生です。 都内のインターナショナルスクールを卒業後、アラブ首長国連邦にあるNYU(ニューヨーク大学)アブダビ校に進学され、現在はカナダのバンクーバーにあるエミリー・カー美術大学大学院に留学中です。 NYUアブダビ校とはどんな大学か、現在どのような勉強をされているのか、興味深いお話を伺いました。 是非お聞きください。 次回の放送では、世界中に留学経験のある黒田先生に、留学について深く掘り下げた対談をおこないました。 どうぞお楽しみに! 黒田さん出演の後編はこちらから聴けます ... 続きを読む

小学校4年間の留学だけでもバイリンガルになれる。大学入試のためだけではない英語教育で、東大にも合格 井上さん

井上さんの海外歴と学校歴

小学3年生~小学6年生 オーストラリア ケアンズ St. Joseph’s Primary School
中学1年生~高校3年生 渋谷教育学園中学高等学校
大学1年生~大学2年生 東京大学文科三類
大学3年生~大学4年生 東京大学教養学部教養学科総合社会科学文化国際関係論コース

英語の所持資格

英検1級     TOEIC 990点満点     TOEFL 114点

続きを読む

ベストティーチャーに選ばれた梅田先生 ~オーナーシップとアウトプットが「なりたい自分」への鍵となる~

梅田さんの海外歴と学校歴

6歳〜11歳 横浜市立荏子田小学校
12歳~18歳 アメリカ・グアム・Harvest Christian Academy
11歳~12歳 アメリカ・サイパン・Saipan International School
12歳~18歳 アメリカ・グアム・Harvest Christian Academy
19歳~現在 慶應義塾大学総合政策学部

英語の所持資格

英検1級 、 TOEFL iBT 108点 、 TOEIC 985点 、 SAT 2000点

続きを読む

大学でぶつかった壁、乗り越えて得られた自信。英語で開いた可能性で飼沼さんが次に目指す舞台は、国連。

現在、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に通う飼沼さん。
日本とアメリカで過ごしてきた中で、ご自身が認識するアイデンティティに変化が生まれてきたといいます。また、イリノイ大学に進学できた要因でもある、持ち前の向上心や目標に向かって突き進む力はどうやって培われてきたのでしょうか。大学生活や、これまでの学習スタイル、そして将来の夢についてお聞きしました!

 

飼沼さんの海外歴と学校歴

中学校 東京女学館
高校 東京女学館
大学 アメリカ イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(University of Illinois)

 

英語の所持資格

TOEFL 108点      SAT 1980点

続きを読む

Comfort Zoneから飛び出して見えたものとは? カルティエ社マーケティングマネージャー ユーゴさん


2014年GQ Men of the Year授賞式にて、カルティエ日本法人のチームメンバーと。

 

フランス生まれ、スイス育ち。
そんな生粋のヨーロピアンが突然19歳で来日し、その後9年間日本に滞在。
カルティエの米国支社時計部門のマーケティングディレクターを務め、ネイティブレベルのフランス語・英語・日本語を話すユーゴ・ブレルさんに日本語の習得と、外国人から見た日本人の英語について聞きました。
続きを読む

小学校時代に英語の基礎を身につけバイリンガルになれた 早大建築学科 原田さん

原田さんの海外歴と学校歴

7歳〜12歳 アメリカ ペンシルバニア州
13歳〜18歳 洗足学園中学高等学校
19歳〜 早稲田大学創造理工学部建築学科

 

英語の所持資格

英検1級

 

初めて母と離れた日が初めて英語漬けになった日

自分の思っていることを伝えられないという状況にとても苦労しました。7歳で渡米してから、最初の数か月間は学校に行かずにずっと母と一緒に過ごしていました。初めて小学校に行った日は急に訪れ、それが同時に初めて母の元から離れなければいけない日でした。母がいないという寂しさと、周りの人が何を言っているか分からないという不安で、かなり泣いたことを覚えています。小学校に行き始めて最初の一ヶ月は自分が言いたいことが相手に伝えられなくて、とても窮屈な気持ちでした。英語を習いたてだった当初、私の発音はすごく悪かったので、自分が発音しているところを撮ったビデオを見て、「酷い!」とショックを受けました。それ以降発音にすごく気を使い、私の状況を理解し助けてくれた友達のおかげで、少しずつ話せるようになっていきました。
続きを読む

自らの経験を活かしてグローバルな小学校を創りたい 五十嵐さん


大学1年次、インターンの同期と。前列左から3番目が五十嵐さん。

五十嵐さんの海外歴と学校歴

4歳 アメリカ合衆国コネチカット州グリニッチへ渡米
6歳 North Mianus Elementary School入学
8歳〜18歳 玉川学園小学部・中等部・高等部 IBコース
18歳 早稲田大学国際教養学部入学 (8月に退学)
18歳 カナダ University of Toronto入学

 

英語の所持資格

TOEFL iBT 105

 

英語は話せるけど会話に入れない

-海外で苦労したことは何ですか?

海外に滞在していた時期が幼かった為はっきりと覚えていないのですが、今でも鮮明に覚えているのは、保育園の登園初日に母に「I have to go to the bathroom」というフレーズだけを覚えさせられ、不安を募らせながら登園したことです。ラッキーなことに日本語がわかる友達がおり、当初はすべて彼に頼って通訳してもらっていました。ただ、彼がいなくても「友達を作りたい!」という気持ちが大きくなり、英語を頑張ろうと思いました。
続きを読む

祝 !! ICU・早稲田・慶應に ALL合格した山本さんの成長の秘訣

中1で英語の勉強を始め中2の頃は追試を受ける程英語が苦手だった山本さん。しかし、受験では第一志望のICUから、早稲田国際教養、慶應文・環境情報など受験校全てに見事合格を果たしました!英語を武器に受験を勝ち抜いた山本さん。短期以外の海外生活がない彼女がどうやって英語力を飛躍させたのか?何が山本さんを本気にさせたのか?その秘密は“楽しみながら正しい学習を続ける“ということでした!キャタルに3年間通っている山本さんにインタビューしました。

 

「真面目に勉強なんてかっこ悪い!」と思っていたのに

中2の頃は勉強せず毎日遊んでいる子でした。派手やかな感じに憧れ、真面目に勉強することがかっこいいとは思えなかったのです。そんな私を一変させたのが、短期留学でした。母からアメリカの短期留学を勧められ、軽い気持ちで参加しました。はじめは軽い気持ちだったのに、イギリスの生徒の学ぶ姿勢に圧倒されました。彼らは遊びと勉強のどちらか1つではなく、どちらも真剣なのです。その姿がかっこよくて、私の学習意欲に火がつきました。
続きを読む

プロを諦めても大好きなバレエに関わり続けられる ICU 矢吹さん

矢吹さんの海外歴と学校歴

0歳〜9歳 日本 公立小学校
9歳〜18歳 アメリカ オレゴン州 ポートランド
Jacob Wismer Elementary School
Arts and Communication Magnet Academy (中学・高校)
18〜21歳 日本 国際基督教大学(ICU)

 

英語の所持資格

TOEFL 111
渡米した当時は全く英語が話せず辛い思いをされた矢吹さんが、米国で大変苦労しながら授業にも困らないレベルの英語力を身につけました。
英語を身につけるために人一倍苦労したと仰っている矢吹さんは、どのような方法が効果的だと考えているのでしょうか。
また、矢吹さんらしいバイリンガルであるからこその魅力についてもお話しいただきました!

続きを読む

自作ストーリーの添削を通して世界中の人と友達になった ICU 木屋さん

木屋さんの海外歴と学校歴

0歳〜4歳 日本
4歳〜8歳 アメリカ ニュージャージー州在住
8歳〜12歳 日本 横浜の小学校
12歳〜14歳 Tinton Falls Middle School (米国・ニュージャージー州)
14歳〜15歳 Monmouth Regional High School (米国・ニュージャージー州)
15歳〜18歳 国際基督教大学高等学校
18歳〜 国際基督教大学

 

英語の所持資格

英検 1級   TOEFL iBT 113   SAT 2080

 

基本の英語だけではアメリカ人ではない

-海外で苦労したことは何ですか?

渡米するたびに環境に慣れ、友達を作り、英語力を他の生徒と同レベルにしなければいけなかったことが大変でした。数学は簡単だったものの、英語の文法や読解には特に苦労しました。しかも、私が通っていた学校は現地校だったため、授業や生徒同士の会話は全て英語でした。同年代と話すためには彼らが使うスラングも覚えなければなりません。父親がアメリカ人だったため基礎的な英語力は身についていましたが、それだけでは「アメリカ人」として扱ってもらえず仲の良い友達を作ることはできませんでした。私自身も、引っ越した後にもう会うことはないクラスメイト達と積極的に仲良くなろうとはしていませんでした。
続きを読む

意味を調べて書くことを繰り返し語学も知識も身につけた 米国生まれ米国育ち 石田さん

石田さんの海外歴と学校歴

0歳〜5歳 アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス
5歳〜18歳 アメリカ、ニュージャージー州
小学校:Ridge Elementary School (Ridgewood NJ)
中学校:George Washington Middle School (Ridgewood NJ)
高校:Ridgewood High School (Ridgewood NJ)
18歳〜 駒澤大学

 

英語の所持資格

TOEFL iBT 118   TOEIC 980
アメリカで生まれ育ち、18歳までほとんど日本語を勉強してこなかった石田さん。
日本の大学に進学するために18歳で日本に来てからどのように日本語を身につけてきたか、また、高い英語力をキープするために役立っている勉強方法などを石田さんにお聞きしました!

続きを読む

英語が上達する2つのコツは積極性とアウトプット 慶大 名倉さん

名倉さんの海外歴と学校歴

3歳〜8歳 アメリカ・オハイオ州
Grade 1~Grade3:New Albany Elementary School
8歳~13歳 日本
小3~小6:朝霞第5小学校
中1~中2:芝浦工業大学中学高等学校
13歳~18歳 アメリカ・インディアナ州
Grade8: Carmel Middle School
Grade9~Grade12: Carmel High School
18歳〜現在 慶應義塾大学経済学部

 

英語の所持資格

TOEFL iBT 108   TOEIC 975   SAT 1920

人種差別の中でも逃げなかった

-海外で苦労したことは何ですか?

3歳で渡米した地域はアジア人すら珍しいところで、人種差別がありました。両親がせっかく海外に住んでいるのだから日本人ばかりと接しているのはもったいないといい、日本語学校とは別に現地校に通っていました。アジア人を見たことがない現地の人たちにとって私たちは宇宙人のような存在だったと後から先生に聞きました。
お弁当におにぎりを持っていき、からかわれたこともありました。そのような状況を相談した時、先生から転校の提案もありましたが、ここで転校したら逃げたことになるとも言われ、自分でもその通りだと思い、転校せずに過ごすうちに少しずつ周りに馴染むことが出来るようになりました。
続きを読む

自分の子どものような存在である生徒に自分の経験を伝えたい 早大 中尾さん

nakaosan

中尾さんの海外歴と学校歴

0歳〜13歳 アメリカ メリーランド州
6歳〜9歳 小学校 High Point Elementary School
10歳~13歳 中学校 George Fox Middle School
14歳 高校1年目 アメリカOld Mill High School
15歳〜18歳 同志社国際高等学校(京都)編入
18歳〜現在 早稲田大学 国際教養学部

 

英語の所持資格

英検1級

両方が混じりあった人

-ご自身のアイデンティティは?

私は日本人でもなくアメリカ人でもなく、両方を持っている人だと思います。
私の父親はホンジュラス人、母親は日本人です。アメリカで生まれ育ったので自分は絶対にアメリカ人だと思っていました。
自身も高校の時に渡米し、長い間アメリカに暮らしている母親の「子どもにも両方のアイデンティティを持ってほしい」という願いから私は1年だけという約束で単身日本の高校に入ることになりました。
日本に行くと決まった時は、日本には馴染みたくないし日本人にはなりたくないと思っていました。
続きを読む

挑戦し続けることで自分を高めて目指す姿を実現してきた 慶大 山下さん

yamashita

山下さんの海外歴と学校歴

0歳〜4歳 イギリス ロンドン 幼稚園 
4歳〜7歳 ドイツ ハンブルグ インターナショナルスクール
7歳〜12歳 アメリカ ニュージャージー州 Parkway Elementary School/Westbrook Middle School
12歳〜18歳 ドイツ ハンブルグ インターナショナルスクール IBコース
18歳〜現在 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 環境情報学部

 

英語の所持資格

英検1級 、 TOEFL iBT 106

野球がやりたいから辞書片手でもやり続けた

-語学の習得で苦労したことはありませんでしたか?

私は最初から英語の環境で生まれ育ったため、英語を聞く、話す、は日常でした。
しかし、家では日本語を使っていたので、幼い頃は日本語の方が使いやすく、英語の習得で苦労したことがありました。それは、小3の頃にアメリカで現地の野球チームに入部した時です。渡米した頃、ニュージャージー州は日本人が多く、補習校で出会った日本人の友達と仲良くしていたため、多少英語が不自由でも言語で苦労することはありませんでした。しかし、大好きな野球をするために、そして、新しいことに挑戦するため、友達が一人もいない野球チームに入部する事を決意しました。
続きを読む

11年の海外生活で身につけた英語力と自分の意見を相手に明確に伝える力 慶大 大西さん

image-1

大西さんの海外歴と学校歴

7歳〜18歳 ドイツ(ハンブルク) International School Hamburg (Grade2-12)
18歳〜 慶應義塾大学 経済学部

 

英語の所持資格

英検1級 、 TOEFL iBT 113 、 TOEIC 980

 

話せなくてもくよくよしない。楽しいから英語を学んでこれた

-海外で苦労したことは?

私は7歳の時にドイツのインターナショナルスクールに転校し、最初は会話が全て英語であることに戸惑いしかありませんでした。けれども、初日から積極的に自分で友達を作ろうと行動しました。話せないからといって卑屈になっていては成長できないと思い、積極的に英語を使いました。周りの人も優しく、英語がわからない私の手を引いて輪にいれてくれたので、学校に行きたくないということは一度もありませんでした。友達と遊ぶうちに2~3ヶ月で文法はおかしくてもペラペラと話せるようになりました。

135219_4404682710092_1998938751_o
高校3年生時、バレー部の集合写真。後列右から3番目が大西さん
続きを読む

5カ国に住み様々なバックグラウンドの人と関わり身についたこととは 早大 奥村さん

okumura
 

奥村さんの海外歴と学校歴

0歳〜3歳 シンガポール
3歳〜6歳 アメリカ(ミシガン)
6歳〜15歳 日本(東京) インターナショナルスクール
15歳〜18歳 ニュージーランド(マスタートン) St.Matthew’s Collegiate School
18歳〜 早稲田大学 国際教養学部
19歳・半年間 留学 ニュージーランド(オークランド) The University of Auckland

 

先生と生徒が一緒に授業をつくっていった

-海外での教育で印象に残っていることは?

ニュージーランドの高校では、先生が授業の環境を整えてくれる方でした。学生が発言しやすい環境になるよう生徒に意見を聞いて、先生と生徒が一緒に授業を作り上げていきました。授業は常にディスカッションベースで行われていたことを覚えています。特に、私が通っていたニュージーランドの高校では、年に一回あるNCEAという大学進学のための全国統一テスト以外にテストはなく、プレゼンテーションやエッセイなどの課題が中心でした。
キャタルでも同じ方法を取り入れて、一方的に教えるのではなく、生徒に聞いてからその生徒ごとにやりやすい学び方に合わせて授業をしています。
続きを読む