4技能

【英語教育の未来:大学編①】大学入試はこう変わる!

478284069
英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組《In The Dreaming Class》、今回は文部科学大臣政務官の”山本ともひろ氏”をお迎えし、安倍政権の目指す大学入試制度改革についてお話を伺った。今回の記事では、特に「2020年に受験英語はどのように変わるのか?」をテーマに、大学入試制度改革の意図、これからの子どもたちに求めることなどを中心に山本政務官へのインタビュー内容を紹介する。

続きを読む

「今、子供は英検しか取っていないのですが、これからTOEFLやTOEICは必要になってくるでしょうか?」

Fotolia_36043958_Subscription_Monthly_M-599x399
まず、それぞれのテストの概要を確認していきましょう。

TOEICは、比較的、社会人向けのテストで、「Test of English for International Communication」の頭文字をとってTOEICですね。

TOEFLは「Test of English as a Foreign Language」の頭文字をとってTOEFLです。TOEFLは、アメリカや英語圏の大学に入るために、語学力を判断するためのテストです。留学生が受ける共通一次、センター試験にも近いイメージですね。

続きを読む

英語4技能試験は一体どんな試験なの?

learning
大学入試といえばセンター試験を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、そのセンター試験が2020年に廃止され、それに代わる新しい入試形式の導入が「英語教育の在り方に関する有識者会議」で議論 されています。特に英語については、4技能を総合的に評価できる問題の出題(例えば記述式問題など)や民間の資格・検定試験の活用が考えられています。
ここで注目されているのが総合的な英語力を評価するための「4技能試験」です。
今回は4つの「4技能試験」について紹介したいと思います。

続きを読む

ついに、大学入試の英語に4技能外部試験導入

英語教育イメージ―ノートの上のアルファベットのおもちゃ

グローバル化に対応した教育環境づくりを進めるため、文部科学省(以下、文科省)では、「英語教育の在り方に関する有識者会議」を定期的に開催しています。 その会議では、英語教育全体の抜本的充実を目的に専門的な見地から議論され、その具体化に向けて動き出しています。昨年、大学のセンター入試の在り方が見直されることが決まり注目が集まりました。

続きを読む

受験にも通じる「強い英語力」とは

eigo-bukatsu
『バイリンガルが英語を身につけたような読書を中心とした学習や、英語を英語で学ぶ勉強法は、受験でも通用しますか?』という質問をいただくことがあります。 たしかに、バイリンガルの英語勉強法と、いわゆる「受験英語」には違いがあります。しかし、ほんとうにレベルの高い英語力が求められる大学受験には前述したようなバイリンガルの英語勉強法が役立ちます。
今回は、実際の受験問題を例にとり、「なぜ読書を中心とした学習や、英語を英語で学ぶ勉強法が、受験に効くか?」という話をしたいと思います。

続きを読む