生徒の声

英語で一つ夢を叶えた! 夏休みにイェール大学での研修に参加

今回紹介する生徒は、「今までの人生で最高に刺激的で楽しかった!」と夏休みの10日間の海外研修のことを勢いよく話してくれた明日香さんです。彼女は研修で積極性を発揮し海外の友達をつくり、自分の英語が通じる嬉しさを知りました。また、自分の実力を知ったことで今は研修前よりも更に英語学習に燃えています。明日香さんが学校の成績を飛躍的に伸ばした方法をご紹介します。     「一番楽しく学べる」キャタルに入塾 キャタルに入塾したのは中3の8月です。英語は好きだけど点数が伸びず悩んでいたので塾を探しました。私の学校はオールイングリッシュで英語を学びます。文法は学んだことがなかったので、学校と同じキャタルのような塾か、文法強化の塾か迷いました。色んな塾で体験した結果、キャタルが一番楽しく、母の「楽しく通える方がいいんじゃない」という後押しもありキャタルに決めました。   中間58点から期末94点へ成長! 英語の勉強に手を抜いたつもりは全くないのですが、高1の中間テストは平均点以下の58点を取ってしまいました。テスト用紙の表は回答できたのですが裏は真っ白。回答できたところはほぼ正解していたので、自分の弱点は解くスピードだと認識していました。期末ではどうしても挽回したかったので、キャタルの先生にアドバイスを求めると問題を読むときにパラグラフごとにどんなことが書いてあるかメモしながら読むと良い」と教わりそれを実行しました。また、音読にも力を入れました。毎晩8時から1時間は英語の時間と決め、毎日、学校のテキストを何度も大きな声で音読しました。すると期末では94点を取ることができました。自分で工夫したことで結果が出たことが自信に繋がりました。   イェール大学での研修の選抜に合格! この夏休みに10日間、アメリカ合衆国のアイビーリーグの一つ、イェール大学での研修プログラムに参加しました。海外研修を考え始めたのは去年、中3の10月でした。はじめは同じ学校の先輩が参加したアメリカのボーディングスクール、チョート校のプログラムが楽しそうだったので私もそこに行きたいと思いました。ですが選考を通過するためにはTOEFLで70点以上必要と言われ、そこで初めてTOEFLの存在を知り、問題集も買って勉強して受けてみました。TOEFLは本当に難しく、120点満点のテストで38点しか取れず、自分は全く英語ができないんだと思い知らされました。それだけ落ち込んでもなお行きたいと思ったのは、バイリンガルの幼馴染から聞いていた外国での話が心に残っており、英語の世界に飛び込んでみたいという気持ちと、自分が学んできた英語を海外で使ってみたいという思いがあったからです。キャタルの先生やスタッフにアドバイスと応援をしてもらい、研修先の学校をイェールに変えて合格することができました!合格を知らされた時は本当に嬉しくて、電車の中でしたがはしゃいでしまいました。すぐに知らせた母も、自分のことのように喜んでくれて最高に英語学習のモチベーションが上がった瞬間でした。   大きな声と笑顔で私の英語が通じた! 研修では絶対に外国人の友達を作りたいと思っていたので、事前準備は抜かりなく行いました。話題にできそうなことを書き出し、日本についても話せるように調べました。イェール大学では、3回の食事は寮の学食です。食事の時は他の国の生徒と交流できるチャンスなので、自分から話しかけようと決めていました。最初は、ほんとに自分の英語が通じるのか疑心暗鬼でおそるおそるでしたが、話してみたら意外と会話ができるんです。自分の英語がグダグダでも、大きな声と笑顔で話していると通じたことから、英語力よりも話したいという思いが大切なんだと思いました。自分から行動して友達を作れたことが大きな自信になりました。   研修でプレゼンの楽しさを知った! 研修の目的は、英語力を上げることより、積極性を養うことに重きが置かれていました。先生は「日本人は質問のある人?と聞いても手を挙げない、そういう人を減らしたいんだ。have... 続きを読む

英語が「苦手」から「自分の強み」になったのは憧れのコーチの存在!

今回ご紹介するのは、3年以上薬院大通校で学んでいる高校1年生の耀士くんです。英語に苦手意識を持っていた初心者が、今では「英語は自分の強み」だと言い切るほどメキメキと英語力を伸ばしています。長く塾に通い続けていますが、何度も辞めたいと思ったことがあったそうです。それでも辞めなかったのは、兄のような存在のバイリンガルのコーチと出会ったことが最大の理由でした。英語で話すことが楽しくなり、もっと話せるようになりたいと思って学習することで、英語の成績が向上し、今では苦手だった英語が彼の自信になっているのだそうです。そんな耀士くんの成長ストーリーです!   英語がとても苦手だった 小6の2月にキャタルに入塾しました。その前は、別の塾で英語を習っていましたが、正直、真面目には取り組めておらず、AからZまでも正しく言えないようなレベルでした。姉2人がとても英語が得意だったので、自分も中学生になって英語の授業が始まればそうなれるといいなと軽く考えていました。ですが自然にそうはならず、苦手意識が膨らみながらも、姉たちのように英語を話せるようになりたいという一心で英語を真剣に勉強しようという気持ちになっていきました。   初心者でも絵本を読めることが自信に キャタルに入ると、最初のレベルの本『The... 続きを読む

初心者から始めてTOEFL iBT107点。日本にいながらバイリンガルになれた学習法とは

今回ご紹介するのは「英語が楽しい!キャタルが大好き!」と、キャタルに7年間通い続けたM.Mさんです。小3で英語初心者としてキャタルに入塾し、約2年で英検®2級を取得しました。そして入塾して6年目の中3でTOEFL107点、TOEIC980点という驚異的な結果を出しています。キャタルのビジョン“ABCからTOEFL100点”を6年かけて体現したM.Mさんに話をお聞きしました!   英語を学び始めるとどんどん好きに 小さい頃から母に「英語が喋れるようになったらインターナショナルスクールにも入れるよ!」と言われていました。私はインターナショナルスクールで勉強してみたいと思っていたので、英語の勉強をがんばれました。キャタルに入ってからは、英語がとても好きになりました。英語がほとんどわからない状態で入塾しましたが、先生が英語で話している内容がだんだんわかるようになってきて、もっと英語を習いたくなり、さらに英語が好きになった当時の気持ちを今でも覚えています。   海外大に進学するため国際バカロレアを希望 小6でインターナショナルスクールに入学後、IB(国際バカロレア※)コースで勉強したいと思い、受験して、都立国際高等学校に合格することができました。授業は全部英語で行われることも、私にとっては嬉しい点でした。ただし、英語レベルが最も高いクラスにいるため、周りの英語力も英検®1級や... 続きを読む

キャタルで英語アレルギーを克服し無類の本好きに

今月ご紹介するのは、池袋校に通う本が大好きな小学3年生のN.Nさんです。
キャタルを始めた頃は典型的な英語アレルギーでしたが、現在はBP4になり「大学生に なったらキャタルの先生になりたい」と言うほど英語が大好きで熱心に勉強している生徒さんです。英語アレルギーだったN.Nさんはどんな経験から英語好きに変化したのでしょうか。N.Nさんとお母様にお話をお聞きしました。英語を学び始めたての方、英語に苦手意識を感じている方は必見です!
続きを読む

英語ができたら楽しくてカッコイイ!キャタル吉祥寺校の中学生、今野聖士くん

左が、ラジオパーソナリティの笹原、中央が聖士くん、右側が聖士くんのお母さま 本日のゲストは、英語塾キャタル吉祥寺校に通う中学生、今野聖士(こんのしょうと)くんです。 聖士くんは、非常に向上心が強く、熱心にレッスンに取り組んでいる姿が評判で、吉祥寺校の岡田校長からの熱烈な推薦によりラジオに出演していただくことになりました。 キャタルに入校してまだ6カ月にもかかわらず、メキメキと英語力を伸ばし、その成長はご自身が実感しているのはもちろん、ご家族や学校の先生にも認められているそうです。 インタビューでは、聖士くんの将来の夢や、英語学習の取り組みについてお話していただきました。 是非お聴きください! ... 続きを読む

英語がアドバンテージで早稲田大学政治経済学部に合格!高校3年 R.Yさん

キャタルに通い始めたころは、英語の発音に自信がなかったR.Yさんが、高校2年生で英検準1級に合格し、TOEICでは890点の成績を出せるまでに成長しました。大学受験は英語にアドバンテージがあったため進路を変更することができ、みごと第一志望の早稲田大学政治経済学部に合格しました。「将来は文部科学省に入り、何十年かかっても日本の教育格差をなくしたい!」その夢を叶えるために英語を勉強しているというR.Yさんにインタビューしました!

続きを読む

僕がMITに行く理由 Part2 〜日本の英語教育の問題を解決したい〜

前回は、キャタルの学習法で勉強しTOEFL100点以上を実現するまでの道のりをご紹介しました。今回は、世界最先端のテクノロ ジーを誇るMIT(マサチューセッツ工科大学)を留学先に選んだ理由をお伝えします。いよいよ「教育×ビジネス×テクノロジー」で日本の英語教育の課題解決に挑みます。


続きを読む

長文を読むことで語彙力と理解力がついてくる 修猷館高等学校1年 原野桂樹くん

桂樹くんは福岡県立修猷館(しゅうゆうかん)高等学校に通う1年生。中学2年生の冬にキャタルに入学して1年半で、英語力を飛躍的に伸ばしています。
お母さんがアメリカの大学に長期留学の経験があり、英語に携わるお仕事をされているということで、桂樹くんがお腹の中にいる頃から、フォニックスを話したり英語の歌を歌ってくれていたそうです。桂樹くんの英語の発音が良いのはそのおかげでしょうか。
これまでのキャタルでの取り組みや、それによってどんな効果があったか、そしてこれからの目標を話してもらいました。
続きを読む

センター英語で196/200点!キャタルは勉強が楽しい塾 立教大学2年F.Iさん

今回は、立教大学2年生の元キャタル塾生、F.Iさんにインタビューしました。F.Iさんは、中学2年でキャタルを始めた頃は「勉強嫌い」で「英語が苦手」な 生徒でした。嫌々キャタルを始めましたが、信頼できる 先生に出会い、自分は勉強が嫌いなわけではなかったことに気づき、英語力も伸びて、気づけば、センター試験で英語がほぼ満点なほど英語が得意になっていました。今、英語が好きではなかったり、苦手だと感じていたりする生徒さんにとって、F.Iさんのストーリーが参考になると嬉しいです。
続きを読む

中学1年生で英検1級に合格!続けると結果がついてくる。


R.Tくんは8月からアメリカのロサンゼルスにあるTroy High School に留学しています。魅力的な特別カリキュラムを持つためマグネットスクールと呼ばれている高校です。約5年前、帰国子女のR.Tくんがカナディアンインターナショナルスクールから玉川学園に転校することになったとき、英語力をキープするためにキャタルに通い始めました。キャタルで勉強を始めてから、何度も挑戦していた英検準1級に合格し、翌年に英検1級にも合格。今でも英語力の伸びを実感しているR.Tくんに、これまでの英語学習を振り返ってお話をお聞きしました。
続きを読む

小学生が英検準 1 級に合格!高度な内容を理解する力と豊富な語彙力が合格の秘訣

小学6年生で英検準1級にみごと合格したR.Tくん。試験の内容は、大人でも合格するのが難しいと言われているレベルです。準1級にはビジネスや学術的な問題が多く出題されるため、英語力だけでなく知識も同時に蓄えておく必要があります。そのため、小学生で受験する際はもちろんのこと、日頃から高度な内容や言葉に触れておくことが大切です。今回は小学生でありながら準1級に合格できた秘訣をR.Tくんにインタビューしました! 英検準1級合格、TOEFL... 続きを読む

自分の意見を持つ同級生のようになりたい!広尾学園のアドバンスドグループで学ぶ

今回ご紹介する渋谷校のM.Kさんは、広尾学園に通う中学3年生。 キャタルに入ったのは、高校進学時に広尾学園の本科コースからインターナショナルコースに移ることができるだけの英語力を身につけるためです。ですが彼女はすでに中学3年の4月から、インターナショナルコースのハイレベルグループで英語の授業を受けられる程になり、入会時に掲げていた英検の目標、準1級も既に手にしています。自分の感じたことや考えたことをイキイキと話すM.Kさんは、どんな大きな目標も次々と実現していくだろうなと思うほどパワフルで、キラキラ輝いていました。そんなM.Kさんのバイリンガルストーリーをご紹介します。   将来、英語で困らないように 私は3歳から、幼稚園の後に毎日インターナショナルスクールに通っていました。毎日外国の先生と話していた当時は日本語よりも英語の方が得意で、寝言も英語で言っていたそうです(笑)小学校に上る前に英検4級に合格していましたし、私も英語に自信がありました。私の両親は、仕事をする中で英語の必要性を感じていたため、「M.Kには、どんな方法でもいいから英語を習得して大人になったときに英語で困らないように」という考えがあったようです。   中高一貫校の広尾学園を中学受験 小4のときに、中学校の進路を決める機会に、将来はどんな仕事がしたいか考えました。まだ、将来やりたいことを見つけられていないので、学生の時期にたくさん勉強して、今やってみたいと思うことを経験できる時間にしたいと思いました。そうすることで、天職と言えるものを見つけられるようになるんじゃないかと思ったので、高校受験のない、中高一貫校に行くため中学受験をすることにしました。英語は得意で好きでしたが、小6の1年間は英語学習を少しお休みして他の科目の受験勉強に力を入れました。   インターナショナルコースに入るためには英語の強化が必須 英語が好きだったので広尾学園のインターナショナルコースに行きたかったのですが、残念ながら入れず、本科コースで入学しました。高校からインターナショナルコースに入ることができるので、それに向けて英語の勉強をがんばることにしました。そのためには、本科の英語の授業ではやらないエッセイの勉強を自分でして、インターナショナルコースの学力に近づけないといけません。でも、自分一人で勉強するのは難しいと思ったので塾を探し始めました。   たくさん話すと自然に英語が出てくる 実は、私は英語の文法を習うことが苦手なんです。3歳から英語を浴びていたため日本語も英語も自然に口に出せていたのに、中学生になって文法を学び始めたことで、今まで積み重ねたものが壊れてしまう感覚がありました。他の塾で、文法を叩き込むことをモットーにしているところがありましたが、私にはその方法は合わないと思いました。 キャタルに体験レッスンに来た時は、英語が上手な先生とたくさん話せたので、「ここなら、私が今までやってきた、たくさん話して... 続きを読む

毎日宿題をするのは一生懸命教えてくれる先生への「ありがとう」の気持ち

生徒さんみんなの夢が描かれている夢色紙の前で。左が歩さん、右が吉祥寺校の校長。

今回は昨年10月にオープンした吉祥寺校の生徒第一号である、小学5年生の歩さんをご紹介します!
歩さんはキャタルに入るまでは英文を書いたことがなかったそうですが、現在は英検準2級にも挑戦できるレベルになり、サマリーライティングの評価もぐんぐん上がっています。コツコツと宿題に取り組み着実に英語力が伸びている歩さんは、実は、ほぼ毎日宿題に取り組んでいます。歩さんが毎日宿題を続ける理由は「自分のために一生懸命教えてくれる先生がいるから」だそうです。歩さんがそう考えるのには、ご両親から「自分に関わる人への感謝の気持ちを忘れないように」と言われていたことが背景にあったそうです。その他にご家庭でどんな声がけをすれば毎日宿題をする子になるのか、お母様にもお話をお聞きしました!
続きを読む

ライティングとスピーキングを伸ばしGTECで校内3位の成績に!高田梨奈さん

今回は、福岡県の西新校で学ぶ高校2年生の高田梨奈(たかた りな)さんをご紹介します!
梨奈さんは「苦手なアウトプットを伸ばして、英語を得意科目にしたい」と思ってキャタルに入会しました。学校の先生、キャタルのコーチなどのアドバイスを元に、自分に合った学習をコツコツ続けることができる生徒さんです。英語の点数を伸ばし続け、直近のGTECのテストではリスニングとライティングで校内1位の成績を修めています。インタビューの最後に素敵な将来の夢を教えてくれた梨奈さんのバイリンガルストーリーをご覧ください!
続きを読む

視野を広げられるから英語が好き! 半年でライティング100点アップし中学生で英検準1級に合格!C.Oさん

昨年9月に開校した池袋校に通うCさんは、英検準1級合格と、大学受験を見据えた勉強を目的にキャタルを始めた生徒さんです。

キャタルで学習を始めてから半年で、英検準1級のライティングのスコアを約100点アップさせ、目標としていた準1級にみごと合格! インタビュー中も「キャタルでは積極的に英語を使ってね」と伝えると、その後はインタビューにも流暢な英語で答えるほど英語を使いこなしている生徒さんです。合格した今の気持ちと次の目標を、高校生になったCさんに聞いてみました!
続きを読む

《小学生で英検2級》初心者から英語を始めた小学6年生が英検2級に合格!これからは英語で考え会話できるようになりたい。


左が夏来さん、右が2年半以上夏来さんをみている土橋先生

今月ご紹介するのは、小学2年生のときから現在までの4年8ヶ月の間、キャタルで学び続けている夏来さんです。アルファベットから勉強を始めて、小学6年生の2月に英検2級に合格しました! 本が大好きで、インタビューのときにも最初の頃に読んでいた“Winnie the Pooh”のフレーズが口から出てくるほど、くり返し音読したことがしっかりと体に染み付いているようです。 小学生のうちに合格したいと言っていた英検2級は、 “CBT形式”で受験をし、みごとに合格! 夏来さんは「勉強しよう」と思って英語の勉強に取り組んでいないそうですが、聞いてみると、日々の“楽しい努力”によって英語力を伸ばしていたようです。 夏来さんは、4年8ヶ月の間に何をして、英語初心者から小学6年生で英検2級に合格できるまで英語力を上げたのでしょうか?
続きを読む

「高校生になったら1年間のカナダ留学」の夢を現実に!キャタルで学び英検2級に合格!中学3年生のHさん

今回は二子玉川ライズ校で学ぶ中学3年生のH.Fさんにインタビューしました。
Hさんは中1の時に自分の英語が通じず悔しい思いをしました。その経験をバネに、キャタルに来てからは英語力が伸びる「正しい学習法」を意識して学習を始め、4ヶ月で英検準2級に合格、1年で英検2級に合格しました。
また、高校生になったら留学したい!という夢への切符も既に手に入れ、目標に向かって勉強をがんばっているHさんの成長ストーリーです!
続きを読む

英語初心者から始めて英検準1級に合格!キャタルを全力で楽しみながら成長してきた

小学3年生からトータル6年間キャタルに通っている高校1年生のJくん。通い始めた頃は自他共に認めるやんちゃな子どもでした。長い間、Jくんを見守ってきた教師やスタッフにとっては可愛い弟のような存在です。最初はほぼ英語初心者でしたが、10月の英検では、英検準1級に見事合格しました!これまで、どのように英語と関わってきたのか、明るく話し好きのJくんに聞きました!
続きを読む