専門家インタビュー

英語学習や教育の専門家のインタビュー一覧ページです。 4技能型英語塾のキャタルは、バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めます。英検合格、成績向上、留学準備、国内受験など、一人ひとりの目標と英語力に応じて最適なプランを提供。一流のバイリンガル教師による個別指導で、帰国子女、インター生の英語力維持も実現。

数学は機械と人間の共通言語 キャタルCTO 川崎真素実さん

数学は機械と人間の共通言語 キャタルCTO 川崎真素実さん

右側がキャタルCTOの川崎真素実さん

今回は、キャタル三石代表の「キャタルの生徒たちにロールモデルとして彼の考え方を聞いてもらいたい」という想いから、キャタルCTOの川崎真素実さんにゲストとしてご参加いただきました。

川崎真素実さんは、早稲田大学高等学院、早稲田大学商学部を卒業後、横浜市立大学大学院経営学の修士修了されました。
その後SBIホールディングス株式会社に入社。退職後はフリーランスのエンジニアとして活躍され、2013年より株式会社キャタルのCTO(最高技術責任者)として、7名のエンジニアチームとカリキュラムチームを率いてプロダクト開発をリードしています。

エリート街道を歩んできたように見える彼ですが、大学時代はパンクロックに夢中で就職する気がなく、一応は就活したものの100社くらい落ちて行くところがないから進学したそうです。大学院の2年間で心を入れ替え無事に就職するも、3.11の大震災をきっかけに自分を見つめ直しフリーランスに。
英語塾キャタルでは、テクノロジーを使って全員の英語力が上がる仕組みを作るべく、サービスの開発をされています。

ラジオでは

  • どうやったらなれるの? エンジニアという仕事について
  • 僕たちはもう半分ウェブの世界で生きている プログラミングについて
  • AI時代こそ数学が大事 機械と共に生きるこれからの時代について

お話しいただきました。
ぜひラジオをお聴きください!

成長するには自分が変わることを恐れない キープレイヤーズ代表 高野秀敏さん

左から順に、キャタル代表三石、株式会社ヒュープロ
代表取締役 山本 玲奈さん、株式会社キープレイヤーズ代表取締役社長 高野秀敏さん

今回は、株式会社キープレイヤーズの代表取締役、高野秀敏さんをゲストにお迎えし、新時代のさまざまな企業形態や、採用状況、求められている人材などについてお話を伺いました。
将来を考えたり、就職活動を控えている学生さんには特に興味深い内容になっています。

高野秀敏さんは、宮城県仙台市で生まれ育ち、東北大学経済学部へ進学。
卒業後は株式会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア株式会社)に入社されました。
6年後に独立して株式会社キープレイヤーズを設立、代表取締役に就任し、独立系キャリアコンサルタントとして、50社以上の社外役員、アドバイザー、エンジェル投資をされています。また、キャリアや起業、スタートアップ関連の講演も多数行っています。
さらに、著書『転職して「成功する人」と「後悔する人」の習慣』など、執筆でも活躍されています。

ラジオでは

  • 結果を出すことが評価につながる 会社員時代に得たものとは
  • 東大理系卒業生も選んでいる 注目のスタートアップについて
  • 地頭・行動力・チーム力 求められている人材像について

お話しいただきました。
ぜひラジオをお聴きください!

英語塾キャタル代表三石が実践した「4技能別TOEFL対策」

今回は英語塾キャタル代表の三石郷史と、番組パーソナリティでキャタルスタッフの笹原瑚都が、リスナーさんからの質問にお答えしたり、2人のお勧めの本や音楽を紹介する内容になっています。

アメリカの大学に進学したい高校生からのTOEFL対策に関する質問では、代表三石自身の経験をふまえながら、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能別のおすすめ勉強法を具体的に解説しています。

続きを読む

英語塾キャタル代表三石がリスナーさんからの質問にお答えします

今回はボストンから放送をお届けします。
番組に届いているリスナーさんからの質問に、英語塾キャタル代表の三石郷史がどんどんお答えしていきます。

大学4年の時にモロッコ旅行で出会って一緒に旅をした人にまつわる奇跡の再会のエピソードなど、自身の体験談を交えながら質問にお答えしています。
また、効果的なリスニング力の上げ方など、英語学習に役立つアドバイスも満載ですので、英語を勉強している方や親御さんにとって興味深い内容になっています。

続きを読む

言語習得に重要なのは正しさよりも何を伝えたいか  長谷川雅彬さん

左がゲストの 長谷川雅彬さん

今回はスペイン・マドリッドから放送をお届けします。
本日のゲスト長谷川雅彬さんは、日本・イスラエル・スペイン・ロシアなど、世界各地を舞台に、格闘家、アーティスト、投資ストラテジスト、チーフエバンジェリスト、作家、講演家、美術館のアンバサダーなど、異分野で活躍する多彩な方です。

長谷川雅彬さんは、立教大学経済学部卒業。在学中は総合格闘技のプロの試合にも出場していました。
卒業後、大和証券に入社。その後、スペインのIE大学に入学しビジュアルメディアコミュニケーションを学び修士号を取得。
現在は執筆や講演などさまざまな活動を行っています。
2018年には、マドリードにて世界最大のカリグラフィ作品を発表。現在は、ウクライナで12000キロ平方メートルのカリグラフィ作品の制作を目指しているそうです。
著書『世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること』は、既存のやり方が通用しないこれからの時代のビジネスバイブルとして、注目されています。

ラジオでは

  • スケボー少年が人生を変えた スペイン進出のきっかけについて
  • 大学時代は英語もスペイン語も落第再履修組 言語を習得した方法について
  • 好奇心を持ちたくさん失敗すること 子どもたちへ伝えたいことについて

お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

人生の舵は自分で握れ 武蔵野大学中学校・高等学校校長 日野田直彦さん

武蔵野大学中学校高等学校の日野田直彦校長先生

今回はボストンでのインタビューをお届けします。

武蔵野大学中学校・高等学校の中学3年生から高校3年生までが、アントレプレナーシップ海外研修でMITを訪問し、庭に輪になってディスカッションしたり、現地の人にインタビューするなど、それぞれのテーマに取り組みました。その様子を見守っていた同校の校長、日野田直彦さんにお話をうかがいました。

 
日野田直彦先生は、1977年生まれの帰国子女。
帰国後、同志社国際中学校・高等学校にて当時の日本の一般的な教育とは一線を画した教育を受けられました。
同志社大学を卒業後、大手進学塾の馬渕教室に入社。その後、奈良学園登美ヶ丘中学校・高等学校の立ち上げに携わりました。

2014年に、大阪府の公募校長制度を通じて大阪府立箕面高等学校の校長に着任、当時36歳で、全国の公立学校で最年少の校長として注目されました。
着任わずか4年で、ミネルバ大学やウェズリアン大学などの難関校を含め海外大学に36人の合格者を出しました。
このことが書かれた著書『なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?』はベストセラーになりました。

現在は、武蔵野大学中学校・高等学校の校長として活躍され、収録では、キャタル三石代表に「日本の教育界の黒船的存在」と位置づけられています。

ラジオでは

  • 日本の普通がわからなかった ご自身の学生時代について
  • 発想が広がって豊かになる 海外の大学へ進学するということ
  • ワクワクする選択肢を自分で選べ 大学入試改革について

お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

教育でアフリカ難民の子どもたちを救う(後編)セルジオさん

左が三石。右がMITクラスメートのセルジオさん。

今回は、現役MIT(マサチューセッツ工科大学)生のキャタル代表三石のクラスメイトである、セルジオ・メディーナさんのインタビューの後編です。

セルジオさんは、エンジニアとして働いたのち、それまでのボランティアの経験を活かし、現在はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の職員として、アフリカの難民救済のための仕事をしています。

セルジオさんはロサンゼルスの生まれですが、メキシコからの移民で、お父さんが不法滞在でアメリカ国籍を持っていないという環境で育ちました。そのような背景を持っているため、「いろんな人がいるということ」多様性の重要さについて、熱く語ってくれました。「多様性の中に身を置くということは他の人がわかってくるということ。すると、実は他の人って自分とあまり変わらないということに気づくことができる。他人という人がいるんじゃなくて、”just us” みんなで私たち、ってことにね」

セルジオさんはMITのクラスの中でもトップクラスのプレゼン能力だそうで、声も聴きやすく、英語も明確でわかりやすいです。また、英語が母国語ではない人と話す機会も多いからか、日本人にもとても分かりやすい単語や表現で話してくれています。是非、セルジオさんの生の言葉にも耳を傾けてみてください。

 
ラジオでは

  • 多様性があるから強くなれる MITで学ぶ意味について
  • 子どもたちに適切な食料・医療・教育を 今のミッションについて
  • 英語はツール 英語を手にして広がる世界について

お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

留学は自分の国の代表者になること MIT卒業生会理事 Sawaka Katalynaさん

今回は、MITマサチューセッツ工科大学卒業生会の理事で、シンガーソングライターのSawaka Katalyna(さわかカタリーナ)さんをゲストにお迎えし、MITの魅力や日本からの留学について興味深いお話を伺いました。

Sawaka Katalynaさんは、日本生まれのメキシコ育ち。
メキシコの高校を卒業後、MITマサチューセッツ工科大学に進学。生物学を専攻し、同大学を卒業しました。

現在は、アメリカ資本の巨大IT企業で広報を担当しながらMIT卒業生会の理事も務めており、海外への日本人留学生を増やす活動も行っています。
留学の魅力を伝えるラジオ番組「サードプレイス~Sense of Wonder~」では、パーソナリティを務めています。
さらに、シンガーソングライターとして2007年の女子サッカー日本代表VSメキシコ代表選では、メキシコ国歌斉唱という大役も務めています。

ラジオでは

  • 人生において貴重な4年間 MITでの大学生活について
  • 世界大学ランキング1位 MITの魅力について
  • 日本からMITへ今年は2名 留学へのチャレンジについて

お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

これからの時代に求められる人材とは? ドワンゴ代表取締役社長 夏野 剛さん

左から順に、キャタル代表三石、ゲスト夏野剛さん、CTO川崎、笹原

今回は、日本を代表する実業家の夏野 剛さんをゲストにお迎えし、N高校やこれからの教育についてなど、たくさん話していただきました!

夏野さんは、1988年早稲田大学政経学部を卒業後、東京ガスに入社。
1995年ペンシルベニア大学経営大学院卒業
1996年ハイパーネット取締役副社長就任
1997年NTTドコモ入社
その後、iモードの立ち上げ、おサイフケータイをはじめとするドコモの新規事業を企画・実践してこられました。
2001年には、米国の経済誌『ビジネスウィーク』にて、世界のeビジネスリーダー25人に選出されました。
2008年執行役員を経てドコモを退職

現在は、学校法人角川ドワンゴ学園理事、慶應義塾大学大学院特別招聘教授
そして、セガサミーホールディングス、トランスコスモス、GREE、USEN-NEXT HOLDINGS、など、多数で取締役を兼任されています。

 
ラジオでは

  • これからはどのような人材が必要になるか
  • ペンシルベニア大学ウォートン校でのMBA経験について
  • ネットを使った学校運営(N校)について


お話しいただきました。

ぜひラジオをお聴きください!

教育でアフリカ難民の子どもたちを救う セルジオさん

左がキャタル代表三石。右がMITクラスメートのセルジオさん。

日本の教育とアメリカの教育は何が違うか

オープニングトークでは、現役MIT(マサチューセッツ工科大学)生のキャタル代表三石と、もうアメリカの大学出身の笹原が、以下のような違いがあると感じています。

・個人対グループ
・モノカルチャー対ダイバーシファイドカルチャー
・シングルラーニング対コースオブラーニング(デザイン性)

 

ソーシャルアントレプレナー セルジオさん

MITのクラスメート、セルジオさんは、アフリカ難民の子どもたちを教育の力で救おうと活動しています。
ボストンで収録したセルジオさんのインタビューをお聞きください!

 

TOEICが大学共通テストの英語民間試験から辞退

後半は、教育時事ニュースを詳しく解説しています。

英語を勉強するための留学は不要!TOEFL111点の英語教師

今回は、アラブ首長国連邦にあるNYU(ニューヨーク大学)アブダビ校に在籍し、キャタルの教師としても活躍中の黒田真梨子先生がゲストのラジオ後編です。
前編はこちらから聴けます

高校卒業まで日本のインターナショナルスクールに通っていた黒田先生は、ニューヨーク大学に進学後は、フィレンツェ、プラハ、ロンドンに留学し、現在はカナダのバンクーバーにあるエミリー・カー美術大学大学院に留学中です。

留学経験の豊富な黒田先生と、同じNYUの卒業生であるキャタルの笹原瑚都が、英語学習と留学の関係について熱くディスカッションします。

是非お聞きください!

これからは「自分の考えを英語で表現できる力」が評価される。そのために必要な英語教育とは 上智大学言語教育研究センター教授 吉田研作先生

吉田先生は英語教育、バイリンガリズム、異文化間コミュニケーション教育の第一人者で、 文科省などの外国語教育に関する各委員会にも携わり、英語が使える日本人の育成に関する研究、活動をされている。大学入試にも活用される4技能テスト「TEAP」の開発者でもある。
続きを読む

スーパーグローバル大学に選抜された立教大学の目指す教育 立教大学副総長山口和範氏

今回のラジオのゲストは、スーパーグローバル大学に選ばれた立教大学の副総長及び経営学部経営学科教授の山口和範先生です。

2014年に文部科学省は「スーパーグローバル大学創成支援」事業を創設しました。世界トップレベルの大学との交流・連携を実現、加速するための新たな取組や、人事・教務システムの改革、学生のグローバル対応力育成のための体制強化など、国際化を徹底して進める大学を重点支援することを決めました。その支援対象となる大学をスーパーグローバル大学と呼び、全国から30校程度の大学が選抜され、それぞれトップ型(タイプA)グローバル化牽引型(タイプB)に分けられています。

トップ型(タイプA)

世界ランキングトップ100を目指す力のある大学を支援。東京大学、京都大学など選抜。

グローバル化牽引型(タイプB)

これまでの実績を基に更に先導的試行に挑戦し、国内のグローバル化を牽引する大学を支援。東京外国語大学、上智大学、立教大学など選抜。
続きを読む

教育経済学の目線から考える、これからの日本の教育 慶應義塾大学准教授 中室牧子先生

中央が慶應義塾大学准教授 中室牧子先生

教育経済学者である中室牧子さんは、慶應義塾大学にて学んだ後、米コロンビア大学で修士号と博士号を取得されました。日本銀行と世界銀行で実務経験があり、日本銀行では調査統計局や金融市場局において、実体経済や国際金融の調査・分析に携わり、世界銀行では欧州・中央アジア局において、労働市場や教育についての経済分析を担当されました。
その後、東北大学を経て2013年4月より慶應義塾大学准教授として活躍されています。

 

「エヴィデンス・ベースド」という考えの教育経済学とは?

続きを読む

未来の当たり前を作る 東京大学 i.school のイノベーション教育 東京大学 堀井秀之先生

2009年に始まった i.school からはすでにたくさんの人材が輩出され、様々な分野で活躍している。
i.schoolとコラボレーションして未来フォーラムを開催した雑誌AERAの編集部は、i.school に関心を持った理由について「若くして活躍している方々にかたっぱしからインタビューしたところ、かなりの比率で i.school の修了生だったから」と語ったそうだ。
新しさを生み出す人材を育成するというイノベーション教育について、東京大学 i.school のエグゼクティブディレクター堀井秀之先生に詳しいお話を伺った。

写真中央が東京大学 i.school のエグゼクティブディレクター堀井秀之先生右のキャタル教師の飯田麻衣さんは、実は2014年に i.school に参加していて、大学院時代で一番の有意義な経験だったと語っている。

続きを読む

人と人、世界を繋げる通訳者の醍醐味とは?キャタル・コミュニケーションズ代表パートナー斎藤元彦さん

本日のゲストは、キャタルコミュニケーションズ代表パートナーの斎藤元彦さんです。

キャタルコミュニケーションズは、キャタルで教師として活躍しているようなバイリンガルの方々が
通訳者として活躍されている通訳エージェンシーです。

斎藤さんには通訳の専門家として、これからの世界におけるAIと通訳の未来、英語教育と通訳の関係性についてお聞きしました。

ぜひ対談をお聞きください。

次の放送では、斎藤さんとキャタル・コミュニケーションズで斎藤さんのパートナーとしてご活躍されている山口 亜希さんをゲストにお呼びして、さらに通訳と英語教育について深く掘り下げた対談をさせていただきます。

お楽しみに!

英語教育と通訳の関係性 / 子どもをバイリンガルに育てる方法 斎藤元彦さん&山口亜希さん

本日はキャタル・コミュニケーションズ代表パートナーの斎藤元彦さんと、同じくキャタル・コミュニケーションズでパートナーを務める山口亜希さんをゲストにお呼びしました。

前回の対談から引き続き、お2人に通訳の専門家として、これからの通訳の世界の未来や英語教育と通訳の関係性についてお聞きしました。

特に山口さんは現在4歳の男の子と、9歳の女の子のお母様なので、ご自分がバイリンガルとして培った英語力をどのように子どもたちに教育しているか、についてお伺いしました。

以下の3つのポイントを、対談で掘り下げました。

・AIと通訳の関係性
・若手の通訳者として活躍するには
・子どもをバイリンガルに育てる教育法

ぜひ対談をお聞きください。

夢のコラボ1時間スペシャル:Go Around the World & In the Dreaming Class

左から、ゲスト豊田圭一さん、笹原、ゲスト海渡寛記さん

キャタルが提供するラジオ番組、「In the Dreaming Class」 リニューアルのお知らせです。

7月から「In the Dreaming Class」は新しい枠に移行して、毎週水曜日午前11:40分から12時までの20分番組となりました。
リニューアル後の記念すべき第一回目の放送は、「In the Dreaming Class 」の直前の番組、「Go Around the World」との共同1時間生放送スペシャルをお送りしました。

Go Around the World のパーソナリティの豊田圭一さんはキャタル代表の三石と長年おつき合いをされている方で、ご自身でもインドで英会話スクールSpice Up Academy を経営されていらっしゃいます。
豊田さんと一緒に 「Go Around the World」 のパーソナリティーをされている海渡寛記さんも、マンツーマン英会話スクール、ワンナップ英会話を経営されていて、笹原も含め、英語教育が私たち3人の共通点となりました。
「Go Around the World」 の部分では、笹原ががゲストとしてお招きいただき、「理想の英語学校」について対談させていただきました。

「In the Dreaming Class」では、お二人からバトンタッチして、笹原がパーソナリティを担当させていただき、豊田さんと海都さんをゲストに夢溢れるトークを続けました。
お二人が敏腕経営者で複数の事業を展開されているということもあり、番組では人材育成、特にこれからの時代で活躍する人材や、社会人になっても夢を叶える力を身につけるには、どうすれば良いのか?など、質問させていただきました。

ぜひ、対談をお聞きください。