バイリンガル 子育て

英語で夢を叶える!(英語塾キャタル代表 三石郷史)

2017年最後のラジオは、英語塾キャタル代表の三石郷史による、
ラジオ総集編をお届けします!

これまでのゲスト対談から見出した

【英語教育の未来】

について熱く語ります。

2020年に大学受験が大きく変わり、
本当に使える学力が一層求められています。

▼これからどんな人が活躍するのか?
▼どういった能力を身につけておくべきなのか?
▼大人は子育てにどう関わっていけばよいのか?

といったテーマを具体的に語りました。ぜひお聞きください!

言語教育から見た子供の英語力を伸ばす秘訣とは?ICU・岩瀬さん

IMG_3927

岩瀬さんの海外歴と学校歴

6歳〜11歳 アメリカ ケンタッキー州
11歳~13歳 愛知県 地元の小学校、南山国際中学校
13歳~18歳 アメリカ ケンタッキー州 現地校
18歳〜 日本 国際基督教大学(ICU)

 

英語の所持資格

英検1級・TOEFL iBT 113点

2つの言語を通して世界の見え方が変わった

バイリンガルでよかったと思えた瞬間とは?

大学に入って、日本育ちの友達と何気ない会話をしている時に「やっぱり世界の見え方が違うよね、うらやましい」と言われました。私は親のおかげで、海外で育ち、2つの言語を通して2つの文化を経験してきました。それによって、無意識に文化というものを客観的にみて、自分や他人の行動も客観的に捉えられるのだと思います。2つの言語を自由に扱うことができると表現力が二倍になり、他人の言葉の理解もより深く把握できると思います。

また、翻訳や通訳すれば同じ内容になってしまうことも、原語を知っていると言葉の雰囲気やニュアンスが理解できると思います。翻訳の過程で省かれてしまうことで、ミスコミュニケーションになるようなものも原語を理解していることで減ります。

続きを読む

子どもたちの未来のために環境問題を解決したい!アメリカの名門校を蹴ってICUに進学した榑林さんの夢とは?

7(写真:現地の高校4年生[senior]の時、高校時代によく遊んだ仲間と。前列右から2番目が榑林さん。)

榑林(くればやし)さんの海外歴と学校歴

0歳〜18歳 アメリカ ニューヨーク州ブルックリン
18歳〜現在 日本 国際基督教大学

 

英語の所持資格

TOEIC 975点・TOEFL iBT 107点

 

なぜアメリカで生活していた時、日本語が嫌いだったのですか?

私は生まれと育ちがアメリカなので、特に英語に苦労した覚えはそこまでないですが、日本人学校(補習校)に毎週土曜日に通っていて、中学に上がるまでは日本語が嫌いでした。

その理由としては現地校での勉強、日本語が苦手な中補習校の宿題もあったので、その両立が大変だったからです。土曜日は現地校の友達とも遊べなくて、かなりストレスを感じていました。

幼少のころから現地校で英語を学び、自宅では日本語を学ぶという環境で育ったので、それが影響で小学校の頃、一時的に英語力が衰えてしまいました。結果的に小学校2年生の時に留年をしてしまい、そのころから英語を学ぶ努力をしましたが、逆に日本語を学ぶことがストレスとして感じていました。

続きを読む

尊敬する親の背中を見て育った東大・綿貫さんが目指す「真のバイリンガル」とは

watanuki_01
(写真:シカゴの観光スポット、The Bean。一番左が綿貫さん。)

綿貫さんの海外歴と学校歴

0歳 アメリカ アラバマ州生まれ
0歳〜18歳 アメリカ イリノイ州パラタイン
18歳〜 東京大学 PEAK

 

「真のバイリンガル」になるために帰国した

—生まれからずっとアメリカに住んでいましたが、なぜ日本の大学を選んだのですか?

家族が日本に住んでいるからです。また、東京大学の学費は比較的安く、経済的な動機もありました。そして、大学生のうちに日本に引っ越さなかったら、一生「真のバイリンガル」になれない気がしたからです。

続きを読む

IB取得、日英中3カ国語を話す、早稲田大・松田さんの言語の学び方

2
(写真:シンガポールのインター(小学校)で水遊び。真ん中が松田さん。)

松田さんの海外歴と学校歴

0歳〜4歳 日本
4歳〜8歳 シンガポール アメリカ系インターナショナルスクール
8歳〜15歳 台湾 アメリカ系インターナショナルスクール
15歳〜18歳 シンガポール イギリス系インターナショナルスクール
18歳 日本 早稲田大学国際教養学部
19歳〜20歳 アメリカ

 

環境に身を任せて学んだ英語と中国語

—4歳にシンガポールのインターに通われていますが、当時はどのような気持ちでしたか?

幼稚園児だったので、詳しくは覚えていませんが、みんなの言っていることが分からなくて。英語が全く分からない状況で転校したので、母によると、私は家に帰って来てもイライラしていたそうです(笑)。しかし、周りにも同じくらいの英語レベルの子が多かったので、みんな一緒につたない英語で話しながら徐々に慣れていきました。

続きを読む

「すべての人に愛を分かち合う。」早稲田大・ロマノさんに聞いた、ハワイの本当の魅力とは?

IMG_4168
(写真:「レイ」(花の首輪)をたくさんつけて出席した卒業式。左がロマノさん。)

ロマノさんの海外歴と学校歴

0歳〜3歳 ハワイ マウイ島
3歳〜4歳 アメリカ ニューヨーク日本人学校
4歳〜10歳 日本 東京
10歳〜12歳 ハワイ オアフ島 Hahaione Elememtary Schoool
13歳〜15歳 ハワイ オアフ島 Niu Valley Middle School
15歳〜18歳 ハワイ オアフ島 Kaiser High School
18歳〜 日本 早稲田大学国際教養学部

 

英語がわからないまま、10歳でハワイに引っ越し

—英語ができない中で、どうやって友達を作りましたか?

はじめは英語が分からなったので、「とりあえず笑顔を忘れずに」って親に言われていたので、笑顔とジェスチャーだけで友達を作りはじめました。

もちろんハワイなので日本人は何人かいましたが、英語しかできない友達の周りにいて、自分が絶対どうにかして英語を話さなきゃいけないっていう状況を自分で作りました。一番苦労したのは、ライティングです。先生が黒板に宿題を書くのですが、「THE」さえも分からなかったので、1つ1つ「T」というものを見て、自分の手帳に「T」って書いて、また黒板を見て「H」を手帳に書き込んで、本当に1つ1つ文字を書いていかなければいけなかったので、人よりも何倍も時間がかかって、苦労しました。

続きを読む

英検1級・TOEIC満点・TOEFL115点の慶應大・高樋さんに聞いた英語がグングン上達する2つのポイントとは?

daddy
(写真:アメリカにある父の会社の見学にて。)

高樋さんの海外歴と学校歴

0歳〜3歳 日本
3歳〜4歳 アメリカ ニューヨーク日本人学校
4歳〜7歳 日本
7歳〜11歳 アメリカ ニュージャージー州 Merrit Memorial
11歳〜14歳 アメリカ ニュージャージー州 Englewood Cliffs Upper School
15歳〜17歳 慶應義塾湘南藤沢高等部
18歳〜 慶應義塾大学経済学部

 

英語の所持資格

英検1級・TOEIC990点・TOEFL115点

 

英検1級、TOEIC満点・TOEFL115点は素晴らしいですね!中学生で帰国してから、どうやって英語力を維持・向上しましたか?

英検1級以外は、日本に帰ってきてから結構勉強して取りました。アメリカにいたとき、TOEICは950点くらい、TOEFLは100点台でした。日本に帰ってきてから110点台超えたんです。帰国してから、地道に勉強してスコアを伸ばしていきました。

—どうやって英語を勉強したのですか?

本はすごく読んでいます。難しい本ではなくて、「楽しい!」って思える本を中心に読んでいましたね。あと、英語が話せる人とは、日本でも絶対英語で話すようにしています。結構変な目で見られることとかもあるんですけど、帰国子女の友達とかとは、絶対英語で話しているし、家族とも英語で話していますね。

続きを読む

夢のかけらが星になり、いつか必ず実現する! 日米難関医学部に合格した石井さんの毎日13時間の学習と意志力

Lab_03
(写真:フロリダ大学医学部の研究室でアルツハイマー病の基礎研究をしていた時。)

石井さんの海外歴と学校歴

0歳〜18歳 アメリカ カリフォルニア州 Davis
18歳〜22歳 アメリカ ニューヨーク州 Vassar college 生化学専攻
夏 アメリカ フロリダ州 フロリダ大学医学部 アルツハイマーの(基礎)研究
23歳〜24歳 アメリカ カリフォルニア州 カリフォルニア大学 Davis校(UCDavis) 精神物理学の研究 (学資編入試験勉強 または受験勉強)
24歳〜25歳 東京医科歯科大学 2年 ※2016年 4月〜編入

 

英語の所持資格

TOEFL iBT 119点

 

どうやって3ヶ国語(日本語・英語・フランス語)を身につけたのですか?

生後7ヶ月から米国カリフォルニア州で育ちましたので、英語は、学校や日常生活で学んだため、私の場合は、フランス語と日本語の方が努力が必要でした。自宅での会話は常に父とはフランス語、母とは日本語でした。それ以外に、日本語教育は、3歳から高校3年生まで受けた日本人補習校での毎土曜日の4時間の勉強と宿題、小学校1年生から高校3年生まで毎年6月に日本で受けた2週間ほどの体験入学です。フランス語は中学校1年から大学卒業まで継続的に学校でクラスを取るようにして勉強しました。

続きを読む

「僕は世界を分かっていなかった!」3か国で育った慶應大・亀田さんの人生を変えた体験とは?

kameda_01
(写真:アフリカのサファリにて)

亀田さんの海外歴と学校歴

0歳〜1歳 オーストリア ウィーン
4歳〜7歳 クロアチア ザグレブ
7歳〜11歳 ニュージーランド オークランド
12歳〜14歳 ウガンダ カンパラ
15歳〜18歳 国際基督教大学高等学校
18歳〜現在 慶應大学 環境情報学部

 

3カ国に住み、世界の大きさを身にしみて分かった

ー亀田さんが最初に英語を学んだのはいつですか?

僕は4歳から海外にいましたので、その頃ですね。現地のESLで、絵でコミュニケーションをするというアクティビティを通して、自然と英語を学んでいった感じです。日本語を日本の子どもが学ぶように、英語を学べたという、幸運な機会を与えられたと思います。

続きを読む

日本の魅力を世界に!早稲田大学で建築を学ぶ野澤さんに聞いたクリエイティビティを育む方法とは?

nozawa_001
(写真:両親が住んでいるオランダへ行ったとき。)

野澤さんの海外歴と学校歴

0歳〜1歳 東京生まれ
1歳〜2歳 アメリカ ペンシルベニア州 フィラデルフィア
2歳〜6歳 東京 雙葉小学校附属幼稚園
6歳〜7歳 東京 雙葉小学校
7歳〜12歳 アメリカ カリフォルニア州 Mira Catalina Elementary School
12歳〜15歳 アメリカ カリフォルニア州 Miraleste Intermediate School
15歳〜18歳 東京 雙葉中学校・高等学校
18歳〜現在 早稲田大学 創造理工学部 建築学科
早稲田大学 理工学術院 創造理工学研究科 建築学専攻

 

英語の所持資格

英検1級・TOEFL iBT 110点・TOEIC 990点(満点)

 

バイリンガルになって良かったな!と感じたエピソードは?

やりたいことや学べる領域が世界に広がるということです。
私は、デザインや建築が好きなのですが、日本の建築だけでなく、海外の書物を読んだり、直接現地に行って学ぶことができるので、世界が広がったと感じました。実際、建築の関係でアメリカのイェール大学の教授にインタビューする機会を得ることができました。
卒業論文で、アメリカ人の建築家の研究をしていたのですが、その建築家の書物が、日本語では1冊しかなくて、いろいろ調べていったところ、イェール大学にあるということが分かり、直接コンタクトを取ってインタビューをさせていただくことができました。
海外の情報の多くは、英語で流れているので、それを自由に入手できるし、逆に、日本のことも海外に発信できるというのが、英語ができる魅力の1つだと思います。

続きを読む

世界のリーダーを育てる!の理念で、30%が留学生の早稲田教養学部に進学した黒神さんに聞く「英語を好きになるコツ」

kurokami_pic
(写真:ワイオミング州のイエローストーン国立公園近くにあるグランドティートン国立公園へ旅行したとき、一番右が黒神さん。)

黒神さんの海外歴と学校歴

0歳〜6歳 東京 ICU幼稚園
6歳 東京 学芸大学附属小金井小学校 ※2学期まで
6歳〜11歳 アメリカ カンザス州 Valley Park elementary school
11歳〜13歳 アメリカ コネティカット州 Eastern Middle School
13歳〜17歳 東京 渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校
18歳〜現在 東京 早稲田大学国際教養学部

 

英語の所持資格

英検1級・TOEFL iBT 119点・SAT 2290点

 

世界のリーダーを育てる!早稲田大学国際教養学部(SILS)とは?

続きを読む

世界的なドクターになる!夢を叶えるためにICUを中退し、日本医科大学に進学した渡辺さんの超勉強法とは?

watanabe_01
(写真:Pomfret School 物理の授業のクラスメートたち、一番左が渡辺さん。)

渡辺さんの海外歴と学校歴

0歳〜5歳 アメリカニューヨーク州
5歳〜13歳 東京 St. Mary’s International School
13歳〜15歳 アメリカマサチューセッツ州 Eaglebrook School
15歳〜18歳 アメリカコネチカット州 Pomfret School
18歳〜20歳 東京  国際基督教大学(ICU)※2年次に中退
20歳〜23歳 受験勉強
23歳〜現在 東京 日本医科大学

 

なぜICUを中退してまで、医者を目指したのですか?

ICUの2年生の時に東日本大震災が起こった被災地にボランティアに行きました。その時の体験が、僕の人生を大きく変えました。被災地に行くまでは、正直、「どういう企業に行くといいのか?」という視点で、就職セミナーやインターンのことを考えていました。ICUは3年生で専攻を決めるのですが、当時は専攻して学びたいことや、やりたいことが見つからずにいました。
しかし、ボランティアに参加したとき被災地で活動されている方々を間近で見て、他の人の命に関われる仕事にこそ、自分はやりがいが持てるのだと、頭ではなくハートで感じました。
被災地でのボランティア活動は、学生のボランティア団体だったので、がれき拾いが中心でした。被災地の方々と直接お会いしたとき、どれだけの惨事で大変であったかをお伺いでき、初めて事の大きさを実感し衝撃を受けたのを覚えています。
災害派遣医療チームDMAT( Disaster Medical Assistance Team)の方々の活動も聞いて、医師というプロフェッショナルが、怪我などの身体面だけでなく、精神面も同時に改善できることにすごく惹かれました。その時に「これしかない!」と確信を得ることができました。

続きを読む

海外経験なしで英語を身につけた山本さんを育てた ぐんま国際アカデミーの「英語イマージョン教育」とは?

IMG_2976
(写真:留学先のスペインで。)

山本さんの海外歴と学校歴

小1〜小3 太田市立太田小学校
小3〜小4 ぐんま国際アカデミー プレスクール
小4〜中3 ぐんま国際アカデミー 初等部・中等部
高1〜高3 慶應義塾湘南藤沢 高等部
大学 慶應義塾大学法学部

 

海外経験なしで、どうやって英語を身につけたのですか?

群馬県太田市にある、ぐんま国際アカデミーというインターナショナルバカロレア認定校で、英語イマージョン教育をやっている学校に、小学3年生から入ったことが大きかったです。
ABCとか、CATとかSOUPとか、そういった簡単な言葉は小学校3年生の時にやっていて、もう小学校4年生の時にはABCは書けていて、簡単な「Hello」とかも言えて「My name is…」も言えるようになっていました。
簡単な本を教科書として、アメリカから取り寄せた本を英語の授業で使っていましたね。授業は、国語と社会以外はすべて英語で行われましたし、生徒同士の会話も、学校内ではすべて英語で話すことがルールになっていましたね。ランチを食べる時も英語で、基本的に日常生活の全部が英語なんです。「No Japanese」というのが学校のルールで、本当に国語と社会の授業のだけ日本語を使ってよくて。朝学校に来たら「Good morning」から始まり、トイレに行きたい時も「May I go to the bathroom?」って言って行くんです。自宅や登下校中の会話は日本語ですが、ぐんま国際アカデミーに一歩入ったら、英語のスイッチがみんなオンになっていましたね。

続きを読む

東大3年の黒田さんに聞いた、100%英語で授業が行われる、東京大学PEAKプログラムとは?

kuroda_001
(写真:Howell’s School 放課後の”Walking club”で学校の周りを散歩しているとき、右が黒田さん)

黒田さんの海外歴と学校歴

0歳〜2歳 日本 東京
2歳〜3歳 中国 上海 インターナショナル幼稚園
3歳〜6歳 中国 北京 インターナショナルモンテッソーリ幼稚園 Yew Chung
6歳〜11歳 日本 東京 東京YMCAインターナショナルスクール / サンタマリアスクール
11歳〜14歳 韓国 ソウル ソウルフォーリンスクール
14歳〜17歳 イギリス 北ウェールズ ボーディングスクール Howell’s School
17歳〜現在 日本 東京 東京大学 PEAKプログラム

英語の所持資格

IELTS 8.0

 

バイリンガルになって良かった!と思えた瞬間は?

高校生の頃、ガールスカウトに参加していた時のことです。日本とアメリカのガールスカウトが一緒になって、震災後の支援として東北に行ったんですね。その時に英語と日本語が話せたので、通訳をすることができてみんなから「ありがとう」って感謝されたことが嬉しかったです。

続きを読む

慶應大学の北井さんがオススメする英語学習に役立つTEDのプレゼンは?

kitai_top
(写真:空港の近くのホテルで、真ん中が北井さん)

北井さんの海外歴と学校歴

0歳〜2歳 日本生まれ
2歳〜9歳 ドイツ デュッセルドルフ
9歳〜11歳 日本 兵庫県 西宮市立高木小学校
12歳〜13歳 日本 兵庫県 県立芦屋国際中等教育学校
13歳〜18歳 アメリカ インディアナ州 Carmel Middle School  Carmel High School
18歳〜現在 日本 慶應義塾大学法学部政治学科

英語の所持資格

英検1級・TOEFL iBT 112点・SAT 1990点

 

「トイレに行きたい」も言えない状況から、どうやって英語力を伸ばしたのですか?

英語をほとんど使ったことがない状況で、アメリカ現地の中学校に入ったので、「トイレに行きたい」ということも初めは言えなかったです。初日は、父がA4用紙に必要なことを日本語と英語を書いてくれて、例えば「父に電話がしたいです」って英語と日本語が書いてあって、当時は英語が読めなかったので、英語の上にカタカナ読みも書いてくれました。ただ、その英文も、日本で英語を習った父が作った英文だったので、今思うと不自然なものもありました(笑)

英語の上達に役立った方法の1つは「音読」です。誰かに言われたわけではなかったのですが、宿題を音読しながらやっていたので、発音や表現力が身についたのだと思います。理科や社会でも、教科書を音読してから問題を解くようにしていました。

続きを読む

日本とアメリカに10年ずつ暮らし、国連英検特A級を持つ、早稲田大学の猪狩さんが伝えたいメッセージとは?

igari
(写真:日本に帰国後、ペンシルベニア州に遊びに行った時の写真、真ん中が猪狩さん)

猪狩さんの海外歴と学校歴

0歳〜5歳 アメリカ ニューヨーク州生まれ
5歳〜8歳 日本に帰国
8歳〜11歳 アメリカ ニューヨーク州の小学校(A.P. Willits Elementary School)
/ペンシルバニア州の小学校(Bridle Path Elementary School)
12歳〜13歳 アメリカ ペンシルバニア州の中学校(Pennbrook Middle School)
14歳〜17歳 日本 桐朋女子中学校・高等学校
18歳〜現在 日本 早稲田大学政治経済学部

英語の所持資格

英検1級・国連英検特A級・TOEIC980点・TOEFL116点

 

バイリンガルになって良かった!と思えた瞬間は?

日本とアメリカにそれぞれ10年間住んでいたので、両方のカルチャーを客観的に捉えることができる点です。英語が話せることはもちろんですが、言語の奥にある文化も理解できたことが大きいと思っています。
ある時、留学生の友人に、「なぜ日本人はマナーがしっかりしているの?」と聞かれた時に、アメリカの個人主義と比較して、「日本は集団意識が強いからマナーがしっかりしているんだよ。農耕の歴史があるから集団で活動することを大切にしていたんだよ。」と私の意見を伝えることができました。

続きを読む

小学6年で英検1級、さらに国連英検特A級に合格した慶應大学の飯沼さんに学ぶ英語上達法とは?

iinuma_03
(写真:右から2番目が飯沼さん)

飯沼さんの海外歴と学校歴

0歳〜1歳半 日本 愛知県
1歳半〜8歳 ニューヨーク州ポートワシントン John Philip Sousa Elementary School
8歳〜12歳 カリフォルニア州サンフランシスコ Foster City Elementary
12歳〜18歳 日本 慶應義塾湘南藤沢 中等部・高等部
18歳〜現在 日本 慶應義塾大学 法学部法律学科

英語の所持資格

英検1級・国連英検特A級・TOEFL 113点(満点:120点)・TOEIC 990点(満点)

 

小学6年で英検1級合格はすごいですね!

英検1級の単語は、全部覚えるのが不可能だと言われるくらい難しかったのですが、文脈から意味を推測することによって、解答していったのを覚えています。このような「文脈から推測する力」は、本を読むことで養うことができました。当時、同学年で7、8人の合格者がいたのですが、英検1級に受かった人たちは、共通して本が大好きな人たちで、図書館で借りたり、親に買ってもらって読んでいる子ばかりでした。

続きを読む

5カ国(香港、シンガポール、バーレーン、日本、フィリピン)で生活してきた慶應SFCの新居さんに聞いた、日本の魅力とは?

bahrain 1
(写真:バーレーンにて、右から2番目が新居さん)

0歳〜3歳 香港
3歳〜10歳 シンガポール イギリス式インターナショナルスクール
10歳〜14歳 バーレーン イギリス式インターナショナルスクール
14歳〜16歳 日本 桐朋女子中学校
16歳〜19歳 フィリピン アメリカ式ハイスクール
19歳〜現在 日本 慶應大学SFC

 

日本と海外の学校教育の違いは?

日本の一般的な教育は「インプット型」で、海外は「アウトプット型」だと思います。日本の授業は、先生が黒板に書いたことをただ単にノートに写してずっと聞いているっていう感じでアウトプットが少なかったと感じました。例えば、フィリピンの高校では、とりあえずアウトプットを中心に授業が構成されていました。プレゼンテーション、エッセー、ディベートなど、生徒が自分の考えを育むことを目的とした授業が多かったですね。

続きを読む