スーパーグローバル大学

スーパーグローバル大学に選抜された立教大学の目指す教育 立教大学副総長山口和範氏

今回のラジオのゲストは、スーパーグローバル大学に選ばれた立教大学の副総長及び経営学部経営学科教授の山口和範先生です。

2014年に文部科学省は「スーパーグローバル大学創成支援」事業を創設しました。世界トップレベルの大学との交流・連携を実現、加速するための新たな取組や、人事・教務システムの改革、学生のグローバル対応力育成のための体制強化など、国際化を徹底して進める大学を重点支援することを決めました。その支援対象となる大学をスーパーグローバル大学と呼び、全国から30校程度の大学が選抜され、それぞれトップ型(タイプA)グローバル化牽引型(タイプB)に分けられています。

トップ型(タイプA)

世界ランキングトップ100を目指す力のある大学を支援。東京大学、京都大学など選抜。

グローバル化牽引型(タイプB)

これまでの実績を基に更に先導的試行に挑戦し、国内のグローバル化を牽引する大学を支援。東京外国語大学、上智大学、立教大学など選抜。
続きを読む

【スーパーグローバル大学特集】東京外国語大学 林佳世子 副学長(第一弾)

今回の放送は、東京外国語大学の林 佳世子 理事・副学長(スーパーグローバル大学創成支援代表)をゲストにお招きしました。

東京外国語大学にとってグローバル化とは?
スーパーグローバル大学に選抜されてから起こった変化とは?
世界的に魅力的な大学になるための取り組みとは?

などをお聞きしました。
どうぞ対談をお聞きください。

【スーパーグローバル大学特集】早稲田大学 橋本周司副総長(第2弾)

中央が早稲田大学副総長・常任理事の橋本周司先生

今回の放送は、早稲田大学副総長・常任理事の橋本周司先生をゲストにお招きしました。

2032年に創立150周年を迎える早稲田大学では、教育改革のために2012年から様々な施策に取り組んで来ました。2012年から始まった教育改革は、2014年に文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」タイプA(トップ型)に採択されたことで更に加速しています。

早稲田のビジョンは世界で活躍できる意思を持った学生を集めること、学生たちをグローバルリーダーに育成すること、大学の研究が世界の平和に貢献すること、卒業生を世界中で活躍できるよう送り出すこと。それができる大学の仕組みを作ること。

何をやろうとも、自分で考えることができる学生。自発的に考えることが楽しいと思える学生に来てほしい、と橋本副総長からのご意見をいただきました。

多彩な学生を集めるためには、学生の選抜の仕方も変わっていかなければならない、と早稲田大学は早くから考えていたようです。世界中から膨大な数の留学生を惹きつける早稲田大学では特に、毎年決まった日に一斉で入試を行うやり方では続かない、と先見の明を示しています。今年の希望者が11万人の受験生を迎えた中で、点数だけで評価する入試方式ではなく、より全人的な評価をできる入試に変えていき、ダイバーシティ溢れる学生たちを集める居場所になりたい、との願いがこもっています。

他にも、大学が果たすべき役割、特に生徒の夢を高めることについても、お話をさせていただきました。

・2023年に向けてどのような大学になっていくのか?
・日本の学生と海外の留学生がともに学習する環境作りについて
・これからの大学の入学試験、4技能試験のあり方について

などをお聞きしました。
ぜひ対談をお聞きください。

「スーパーグローバル大学」とは?全国37校一覧

duke-university-flickr-theomania-most-beautiful-college-campuses

スーパーグローバル大学とは

海外大学との連携などを通じて、徹底した国際化を進めて、世界レベルの教育研究を行う「グローバル大学」を重点支援するために2014年に文部科学省が創設 した事業であり、支援対象となる大学のことです。
全国37校を「ス-パーグローバル大学」に指定し、大学教育のグローバル化を進めて、日本の大学の国際競争力の向上を進め、グローバルな舞台で活躍できる人材の育てることを目的にしています。

続きを読む