バイリンガル学習法セミナー

海外経験がないのに姉弟そろって中3で英検準1級取得!


幼稚園の頃から英語を学び始めて現在高校1年生の双子のモネさんと佳くん。海外経験がなくても中学3年生で英検準1級に合格した2人。これまでどのように英語を学習してきたのでしょうか。2人の勉強法、英語が上達する秘訣など、お喋りが大好きな2人にお聞きしました!
続きを読む

イノベーションの学校・東京大学i.schoolとは?(東大大学院教授・堀井秀之先生)

今回は、東京大学i.schoolエグゼクティブ・ディレクター堀井秀之先生にお越しいただきました。

堀井先生は、イノベーションの学校「東京大学i.school」エグゼクティブ・ディレクターとして運営統括をし、 東京大学知の構造化センターでは、センター長として知の構造化技術の活用により新しい価値を創造する活動を推進されています。

21世紀の行政・産業・学術をリードする人材に不可欠な「人間中心のイノベーション」とは何か?

今回は、

▼東京大学i.schoolで行うイノベーション教育の特長
▼イノベーションはどのように起こるのか?
▼21世紀に活躍する人物とは?

といったお話をお聞きしました。

文科省が検討する大学入試英語への「民間試験導入」が抱える課題とは?


photo by Hans (CC0 Public Domain )

文部科学省は、5月16日に2020年度から現行の大学入試センター試験に代わる新テスト「大学入学共通テスト」(仮称)の実施方針案を発表した。

 同方針案によれば、大学入試の英語科目は「20年度から民間試験に全面的に切り替える」A案か、「23年度まで現行方式のテストを継続し民間試験と併用する」B案の2案に基づき、6月中にどちらかの案の一つに絞り、英語はこれまでの「読む・聞く」に加え「書く・話す」も評価の対象となった。
続きを読む

教育×テクノロジーは私たちに何をもたらすのか?(EdTech分野のトップランナー佐藤昌宏先生と高山智司先生)

今回のゲストは、EdTech分野の教育リーダーである、佐藤 昌宏先生と高山智司先生です。

佐藤先生は、デジタルハリウッド大学の専任教授として学生の指導をされている傍ら、
総務省、内閣府など国の委員や数多くのEdTechスタートアップのメンター、
各種審査員等を務めている「EdTech」分野のフロントランナーです。

高山先生は、2003年に衆議院議員として初当選され、
その後、環境省大臣政務官、内閣府政務官・衆議院財務金融委員会理事などを務められました。
現在は民進党総支部長であると同時に、デジタルハリウッド大学院研究生として佐藤昌宏研究室にて教育×ICTを学ばれています。
シェアリングエコノミー研究会事務局長代理、EdTechJapan事務局の一員でもいらっしゃいます。

「教育は、日本人がもっと幸せになるために大切」

と語る、EdTech分野の教育リーダーの対話をどうぞお聞きください。

ラジオ音声を聞くことで、

▼世界で巻き起こる「EdTechの新潮流」とは?
▼シンギュラリティを迎える前に、人間がやるべきこと
▼Edtechの課題、学ぶモチベーションをどうプロデュースするのか?

など、21世紀型教育の未来を60分で掴んでいただけます。