【英語教育の未来:小学校編①】これから小学校英語はどう変わるのか? 今から知っておきたい教育改革4つの流れ


af9960016618w
2011年度から必修化された「外国語(英語)活動」。全国の公立小学校の5・6年生が、年間35単位時間の授業を受け始めて4年が経ちました。

1.なぜ小学校英語は変わろうとしているのか?

「外国語活動」と呼ばれる現行の小学校段階での英語学習は、あくまでも国際感覚を身に付ける「コミュニケーション能力の素地を養う」ための「活動」であり、「教科」ではありません。フォーカスは、コミュニケーションに必要な、「聞く力」と「話す力」を伸ばすことであり、文法やスペルを教えることもなく、記述等による評価はあっても、数字などによる評定は付きません。よって、テストもありません。
学習指導要領にうたわれている「外国語活動」の目標は、「英語の音声に慣れ親しむ」ことです。「英語を」学ぶのではなく、「英語で」学ぶ、すなわち、歌やゲーム、言葉遊びなど、様々な活動を通して、自然と英語に慣れ親しむようなリラックスモードの授業が行われています。
しかし、中学校に入ると一気に学習モードとなるため、小学校の「外国語活動」から、中学校の「教科としての英語」へのスムーズな移行が課題になるにつれ、政府の教育再生実行会議などで、小学校での「外国語活動」の「早期化」や「教科化」が検討され始めました。

 

2.グローバル化に対応した、新たな英語教育の在り方

文部科学省が2013年12月13日に公表した『グローバル化に対応した英語教育改革実施計画』では、「小・中・高を通じて一貫した学習到達目標を設定すること」により、「英語によるコミュニケーション能力を確実に養う」という目標のもと、東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、2020年までに小学3・4年生からの英語教育開始、小学5・6年生の英語学習の「教科化」などの方針が示されました。
具体的には、

小学3・4年生:

週1~2コマ程度の学級担任主導による「活動型」

小学5・6年生:

学級担任に加え専門教員の活用
「モジュール授業」も活用した週3コマ程度の「教科型」

が提言されました。

『グローバル化に対応した英語教育改革実施計画』から抜粋した下の図をご覧ください。小学5・6年生ならば、「教科」としての英語の授業(45分)を週に2コマ、加えて3回の「モジュール授業」(各15分)の実施というように、「通常授業」と「モジュール授業」を組み合わせた授業形態になると言われています。月曜から金曜日まで毎日英語と接する時間ができるのです。
モジュール

 

3.小学校英語はどうあるべきだと思いますか?

小学校の英語学習「前倒し」や「教科化」に関しては、専門家の間で賛否両論あったものの、保護者のみなさまにはおおむね好評のようです。

イーオンがイーオンキッズに通う小学生以下の子どもの保護者598名を対象に実施した「子どもの英語学習に関する意識調査2015」では、「9割以上が早期化に賛成」という結果が出ているというデータがあります。

賛成する理由としてトップに挙げられたのが「英語への抵抗を早くからなくすため(200名)」、以下、「世の中のグローバル化に対応するため(188名)」「現在の学校での英語学習時間が十分でないと考えているから(58名)」と続きました。
さらに、約6割の保護者が「小学5~6年生の英語教科化」に賛成した一方、1/4の保護者は今まで同様「英語活動」でよいと回答し、意見が割れる結果となりました。
賛成派からは、成績がつく「教科」にすることで「習得目標ができるため」「真剣に取り組むようになるから」などの声が、また、反対派からは「苦手意識をつけさせてしまう可能性があるから」「まずは英語に親しむことが大切」など、小学校での英語教育の本質はまず「英語に親しむこと」と考える意見が多く寄せられました。

 

4.「英語教育改革」の今後の動きをつかみ、早期対応を!

『グローバル化に対応した英語教育改革実施計画』によると、今後の改革実施スケジュールは以下の通りとなっています。

《2014年度から2018年度にかけて》

小学校英語教育推進リーダーの養成研修、専科教員の指導力向上、小学校学級担任の英語指導力向上といった指導体制の整備や、英語教育強化地域拠点事業・教育課程特例校による先取り実施の拡大

《2018年度》

中央教育審議会での検討を経て学習指導要領を改訂、段階的に、教育改革を先行実施

《2020年度》

東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせ、教育改革の全面実施

いかがでしたか?
英語教育が強化されていく流れをつかんでいただけたと思います。

本質なことを考えると、英語学習は、試験の点数を取るためではなく、言語として4技能「聞く・話す・読む・書く」ができるようになることですよね?

これからは、英語教育強化に伴い、授業だけでなく受験も変わっていきます。
そのため、小学生から、4技能「聞く・話す・読む・書く」が学べる教育を、お子様に提供していくことが大切ですね。

参照元:
文部科学省『グローバル化に対応した英語教育改革実施計画』
イーオン「子どもの英語学習に関する意識調査2015」
10分でわかる小学校英語教科化議論!【第1回】教科になると何が変わる!?

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事