もう慌てない!焦らない!使える電話対応の表現


child-cell-phone-call-459914163-small
突然英語で電話がかかってきて慌ててしまった、焦ってしまった経験はありませんか?
最近は普段の生活や仕事でも少しずつ英語を使う機会が増えてきたのではないでしょうか。

子どもには「英語頑張れ!」と普段言っていても、自分は英語が話せないとなっては親の面子が立ちません。
ただ、急な英語での対応、本当に対応に困りますよね。

英語で「電話をかける」よりは「電話がかかってくる」というのが意外と難しく、心構えや準備もないままに対応しなければいけません。電話対応もさらっとこなしたいですよね。

電話対応には、「電話を受ける」「電話を繋ぐ」「電話をかける」とありますが、今回は「電話を受ける」について紹介しますね。ぜひ、覚えてしまいましょう!

 

もしもし、私は◯◯です。
・Hello, I’m ◯◯.
「Hello」を「Good morning」「Good afternoon」と言い換えもいいです

・もしもし、私は△△会社の◯◯です。
・Hello, I’m ◯◯ of △△.

お名前を教えてください/どちらさまでしょうか?
・Who’s calling, please?
・May I have your name, please?

御社名もいただけますか?
・Can I have your company name, please?

スペルを教えていただけますか?(名前が聞き取れない時など)
・How do you spell the name?
・May I have the spelling, please?
・Could you spell the name for me?

どなた宛てでしょうか?
・Who(m) would you like to speak to?
・Who(m) are you calling, please?
・Who’s calling, please?

少々、お待ちください。
・Hold on, please.
・Hold the line, please.
・One moment, please.

彼/彼女を呼んできます。
・I’ll get him/her.

お待たせいたしました。
・Thank you for waiting.
・Sorry for keep you waiting.

ご用件をおうかがいできますか?
・May I ask what is it concerning?
・May I ask what is it about?

申し訳ありませんが、只今、席をはずしております。
・I’m afraid, She/He is not available at the moment.
・I’m sorry, She/He is not available at the moment.

申し訳ありませんが、只今、他の電話に出ております。
・I’m afraid, She/He is on another line right now.
・I’m sorry, She/He is on another line right now.

申し訳ありませんが、只今、会議中です。
・I’m afraid, She/He is at a meeting right now.
・I’m sorry, She/He is at a meeting right now.

申し訳ありませんが、只今、出かけております。
・I’m afraid, She/He is not in the office now.
・I’m sorry, She/He is not in the office now.

申し訳ありませんが、出張に行っております。
・I’m afraid, She/He is on the business trip.
・I’m sorry, She/He is on the business trip.

申し訳ありませんが、その件についての担当者は今おりません。
・I’m afraid, The person in charge of the matter is not in the office at the moment.
・I’m sorry, The person in charge of the matter is not in the office at the moment.

何時に戻るかわからないのですが。
・I’m not sure when he/she will be back.

本日は戻らない予定になっております。
・He/She won’t be back today.

ご伝言はありますか?(伝言を残しますか?)
・Would you like to leave a message?
・Can I take your message?
・Can I leave your message?

「この表現いいな!」と思ったら、その表現をメモしてみてください。
また、使えるところから使ってみましょう!
繰り返し使ってみることが英語習得への一番の近道です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事