これで聞き上手!質問してもいいですか?


beauty child
英語は使わないと上手くなりません。
それを体現しているのが日本の英語教育を受けてきた私たちであって、その結果が、テストでは良い点数が取れるけどネイティブを前にすると「話せない」、「書けない」という事実。

日本にいるとなかなか英語を使う機会に巡り会えないですが、 2020年のオリンピックを迎える頃には海外からの旅行者がたくさん日本に訪れることになるでしょう。積極的に話しに加わって、英語を使うきっかけを作っていけるチャンスだと思います。

ここでは質問の仕方をいくつか紹介していきますので、覚えてどんどん使っていきましょう!

基本編

Could I ask a question? (質問してもいいでしょうか?)
Would you mind if I asked a question? (質問してもよろしいですか?)
I’ve got a question. (質問があります)
I just want to clarify something. (すこし確認したいことがあります)

応用編

■聞き取れなかった時

Sorry, could you repeat that, please? (ごめんなさい、もう一度言ってもらえますか?)
Excuse me, could you say that again? (すいません、もう一度言ってもらえますか?)
Sorry, I didn’t catch that. Could you please repeat it? (ごめんなさい、聞き取れませんでした。もう一度言ってもらえますか?)
Could you explain that? (それについて説明してもらえますか?)

■聞き取れたが分からないとき

What does _______ mean? ( _______とはどういう意味ですか?)
What do you mean by ________? ( ____とはどんな意味ですか?)
I don’t get what you mean by ______. ( _______で何を意味しているのか、わかりません)
Excuse me, what is_______? (すみません、_______って何ですか?)

■さらに詳しく質問をする時

How does that work? (それってどんな効果があるのですか?)
Why is that? (なぜ、それなのですか?)
Can you give me an example of that, please? (それについて何か例をあげてもらえますか?)
Can you tell me more about _______? ( __についてもっと詳しく説明してもらえますか?)
Can you describe that for me? (それについて、説明してもらえますか?)

“質問力”があがればもっと会話が楽しくなると思います。
練習することで上達も早まります。
Practice makes perfect!

英語を使うきっかけをどんどん開拓していきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事