あいづちで会話の流れがぐっと良くなる


happy-children-smiling
今日は、便利な”あいづち”をひとつ紹介しますね。
会話の流れもぐっと良くなると思いますよ。

“I bet” と “You bet”です。

“bet” には「賭ける」という意味がありますが、もうひとつ「そう思う/確信する」という意味があります。

そこから「I bet=(私は)そう思う」や「You bet=確かに/いいよ/どういしまして/気にしないで」という場面でネイティブは使います。いつも会話の中で、ギャンブルの話をしているわけではありません。
「(お金などを)賭けてもいいくらい確かなことだ」とうことから使われているそうです。

例えば、下記の場面があります。

A:Are you going to the party tonight? 
B:You bet!! (もちろん行くよ) 
===============================
A:Thank you so much!
B:you bet! (どういたしまして)
===============================
A:I can’t fix this. Can you help me ?
B:You bet!(もちろんだよ)
================================
A : It might be raining tomorrow.
B : I bet.(だろうね)
================================

i bet …. やyou bet ….などは、海外のドラマや映画の会話にも出てきます。
会話を注意深く聞いてみてください。
この”あいづち”が使えるようになると会話がぐっとよくなると思います。
ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事