受験のない附属校生にこそ掲げてほしい将来の目標とは


附属校生に対してある「勉強しない」イメージ

「大学附属」「勉強」というキーワードをGoogleで検索すると、ネガティブな内容の記事ばかりが出てきます。「就職に不利」「勉強もしないし、忍耐力もない」「後悔する親」という検索結果が目立ちます。
ですが、本当にそうでしょうか?
私は大学付属校に通う生徒にあるこのような負のイメージは必ずしも正しくないと思います。

 

受験の代わりに大学で留学を勧める3つの理由

附属校生に「勉強しない」イメージがあるのは、受験がないため、目標を持って勉強をする機会がないからです。しかし附属校に通う生徒は、中学受験や高校受験のためだけの勉強に時間を割く必要はなく、英語学習のような、自分の人生設計に必要な勉強に集中することができます。大学での学びや、就職、そして仕事で活躍することを念頭に置いた際、大学での長期交換留学をぜひ目指してほしいと私は考えます。大学で留学に行くメリットはたくさんありますが、まとめて以下の3つの項目が考えられます。

1. 語学力が身につく
2. 休学せずに海外で勉強できる
3. 目標を掲げて勉強する経験になる

 

大学交換留学の現実 — 帰国子女しか良い学校に行けない?

一概に大学での留学と言っても形式は様々です。その中で今は、特に長期交換留学が人気です。例えば慶應義塾大学では100校にも及ぶ協定校が世界中にあり、長期交換留学ではそれらの大学に1年間行くことができます。また、日本の大学の学費を払うだけで世界の名門校で勉強できる場合が多く、人気の理由となっています。

様々な学校がありますが、その中でもやはり英語圏への留学が倍率が高く、志望する人の半分しか行けません。第一志望の大学に行ける人はさらに少ない数になります。行くためには、学内審査で志望理由や学習計画を日本語と英語の両方で提出するほか、学校の成績と英語能力試験のスコアが必要です。英語のスコアは大学によって満たさないといけない基準が異なりますが、ほとんどの大学で高い英語力が求められます。そのため、数少ない留学の枠の多くを帰国子女が占めているのが現実です。

しかし言い換えると、英語能力試験のスコアさえ満たすことさえできれば、誰でも留学できる機会はあります。そのため、海外経験が無い附属校生でも英語圏に留学することも可能です。つまり、早くから留学に向けた英語学習ができて有利であるとも言えるのではないでしょうか。実際に、このように非帰国子女でありながら、英語の勉強をして英語圏に留学に行った附属校出身の方の経験をご紹介します。

 

附属校出身、大学で留学したYさん — 「純ジャパ」だけどアメリカに

慶應義塾を内部進学したYさんは現在法学部に通う4年生。去年、米アレゲニー大学に1年間留学していました。ペンシルベニア州にあるアレゲニー大学は1815年創立という長い歴史を持ち、幅広い勉強ができるリベラルアーツが盛んで有名です。
中学校から慶應に通っていて、高校、大学と受験をしなかったYさんは高校生の頃から何かにチャレンジしたい気持ちがずっとあったそうです。そして大学進学とその先を考えた時、中学から慶應に在籍している自分のバックグラウンドが狭いと感じ、自分の価値観や常識が全く通用しない世界に飛び込んでみたいと思い、高校生の頃に大学での交換留学を目指し始めました。
アレゲニー大学は現在、TOEFL iBTで120点中81点を最低条件として海外留学生に求めています。他の英語圏の大学に留学するにも、同様な点数が必要です。帰国子女ではないYさんは高校までは英語とはほとんど無縁で、興味が無かったそうです。初めて受けたTOEFL iBTスコアは30点台。しかし大学に入ってから本格的に留学準備を始め、YさんはTOEFLの対策塾に通い始めました。そこでは特にリスニングに力をいれ、ディクテーション、シャドーイング、そして暗記を繰り返しました。そうすると1年間でTOEFLiBTのスコアをなんと50点も伸ばすことに成功。85点まで上げて、留学に出願したそうです。

Yさんが留学したアレゲニー大学

 

留学で得た高い英語力と国際的に活躍するための術

Yさんは1年間のアメリカ留学を通して英語力は全面的に向上したそうですが、その中でもリスニングが一番鍛えられたと実感しています。それでもはじめは、現地の人の会話に慣れるのに大変苦労したと言います。しかし1年経つと普段の生活でも、授業の中でも、全く苦労なく英語を聞き取れるようになったそうです。

英語力だけを見ても、Yさんが留学に行ってよかったと感じていることは言うまでもありません。しかし、英語力の向上と、未知の世界に触れられたことだけがYさんが留学で得たものではありません。Yさんはアメリカへ行って、国際的に活躍するための術を学んだと話してくれました。慣れない環境の中でどのように生きていくか、また、与えられている機会や環境をいかに駆使して成長に繋げられるか。そのようなことを留学を通して考え直すことができたと感じています。

中学高校の時は英語に真剣に向き合っていなくても、高い倍率をくぐり抜けて大学で交換留学に行けること。そして、行った先では勉強の他にも多くの将来の糧を得られること。Yさんの経験はまさに、附属校生の留学の成功例であると言えます。しかしYさんの場合は大学入学後に留学に向けて準備を始めました。さらに前から留学を意識すると、もっと力をつけてから留学に行くこともできるでしょう。

 

最後に — 附属校生だからこそ留学へ

初めにお伝えした通り、英語圏への長期留学は倍率が高くて困難だと思われています。しかし現実には、TOEFLのスコアさえ足りれば、誰でも行くことはできるのです。帰国子女ではないから、海外経験がないからと言って、留学を諦めないでほしいと私は思います。
Yさんのように違う環境に自分を置いてみたいと思っている方や、何か達成したい夢がある方は是非、大学での長期留学を検討してみてください。留学すると多くの将来の糧を得られるほか、留学を目指すこと自体が明確な勉強の目標となり、人間的な成長にもつながります。附属校生は特に準備をする時間があります。ぜひ、受験の代わりの目標として留学を高校、または中学の時から掲げて勉強することをお勧めします。
では、大学の留学制度とはどのようなものでしょうか。また、具体的にどのような準備をする必要があるのでしょうか。この先の記事では、留学を目指す上でのステップについてご紹介していきます。


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事