英検3級ライティング対策 ~得点へ繋げるために、書き方のコツを掴もう~


過去問から見るライティングの傾向と対策

英検3級のライティング試験は、最近導入されたばかりのものです。内容は「外国の友達から質問される」という設定になっており、出題されたQuestionに対し、自分の考えと理由を2つ述べるというものです。語数の目安は25~35語なので、しっかりとした長さのセンテンスを3文ほど、もしくはシンプルなセンテンスを5~6文書くことができれば、語数を満たすことができます。なお、解答がQuestionに対応していないと判断された場合は0点になってしまうので、まずは必ず問題をしっかりと読むことを心がけましょう。

では、2017年に出題された過去問のトピックを見ていきましょう。

≪トピック≫
“Which do you like better, staying at home or playing outside?”

ここで気を付けたいキーワードがbetterです。betterとは、どちらの方が良いかということを聞いているので、staying at home「家にいること」もしくはplaying outside「外で遊ぶこと」のどちらの方が好きか一つ選ぶことが重要です。
“I like both.” や “They are both fun.” など、両方好きという解答をしてしまうとアウトなので、必ずどちらかを選ぶようにしましょう。

ライティング問題の一番安全なオープニングの方法は、トピックセンテンスを書き換えてしまうことです。3級レベルではシンプルなオープニングで問題ありませんので、例えばplaying outsideを選択した場合、
“I like playing outside better.” と書き直すことで、立派なライティングのオープニングを作ることができます。そして、このように書き始めることで「自分の考えを述べる」ということができています。

自分の考えを宣言した後は、その理由を2つ述べなければいけません。理由を述べる時には、becauseを使うと便利です。
“I like playing outside better because I like to play sports.”
「私は外で遊ぶことが好きです。なぜなら私はスポーツが好きだからです。」
このような形で理由をしっかりと述べることができます。

次に、2つ目の理由を述べていきましょう。
“I can play many sports outside such as baseball and soccer.”
「外では野球やサッカーのような多くのスポーツをすることができます。」
such asというのは「例えば」という意味なので、「野球やサッカーのような」という具体例を述べたい場合に使うことができます。

また、2つ目の理由を述べる時には、alsoを使って文を始めることができます。alsoは接続詞であり、最近のライティングの採点方法では接続詞を使うことが求められているので、そういった意味でもalsoはとても良い接続詞です。
“Also, I like to play in the sun when it is warm outside.”
「また、私は暖かい時に太陽の光の中で遊ぶことが好きです。」

 

必ず「何か」を書くことがライティングの一歩

このようにして、トピックに対する自分の考えとその理由2つを述べることができます。
ライティングでは、スペリングや文法が正しいことはもちろんですが、書くためのアイディアを持っていることがとても大切です。書き出すことに躊躇してしまうと時間がなくなっていき、次第にパニックになり、何も書くことができないということが起こってしまいます。この状況に陥ることを避けるためには、何かしらの書くアイディアを持っていることが重要なのです。ライティングでは当然、書くことによって初めてどこかに点数がもらえる可能性が出てきますので、まずは何も書かないという状況を作らず、何かを書くということを意識しましょう。

 

「書く」ことを可能にする、日常生活における対策

何かを書くためには、考えを持っていなければいけません。普段から自分が好きなことややりたいことがはっきりしていると、ライティングに出題された際に迷うことなく書くことができます。
英検3級を受ける予定のご家庭では、日頃からご両親がお子様の趣味や日常生活について簡単な質問をできれば英語で聞くという習慣をつけていただくことをお勧めします。英語が難しい場合は、もちろん日本語でも大丈夫です。お子様が自分の意見をしっかりと述べることができるようになるためには、普段から自分は何が好きであるかということを考えさせる必要があります。自分の意見さえ持っていれば、知っている英語を使って文を書くことができるので、まず考えること、そして自分の思いを持つということを意識させてあげることが大切なのです。

最近の過去問では、
“What day do you want to visit?” や “Where do you want to go for your summer vacation?” などといった日常生活や自分の好み、意見などを組み合わせたトピックが多く出題される傾向があります。
日頃から “What do you want to have for lunch?” や “Where do you want to go for Golden Week?” などといった、子ども達が気にするようなトピックを日常的に会話へ取り入れていくことで、ライティングの際に使える引出しが増えていきます。ぜひご家庭で取り組んでみてください。

 

他の級のライティング対策記事

英検準2級ライティング対策 〜増えた語数を満たすためのコツを掴もう~
http://study.catal.jp/?p=5325

英検2級ライティング対策 〜しっかりとした文章を構成するためのコツを掴もう~
http://study.catal.jp/?p=5331

英検準1級ライティング対策 〜知識とイマジネーションを用いた独創的な文章を作ろう~
http://study.catal.jp/?p=5335


【無料レポート】小学校5年生が英検1級に合格した「受かる+使える」英語学習法

なぜ、小5で英検1級に、小1で英検2級に合格できたのか?
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法を無料公開!

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは


など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事