自分の意見を持つ同級生のようになりたい!広尾学園のアドバンスドグループで学ぶ


今回ご紹介する渋谷校のM.Kさんは、広尾学園に通う中学3年生。
キャタルに入ったのは、高校進学時に広尾学園の本科コースからインターナショナルコースに移ることができるだけの英語力を身につけるためです。ですが彼女はすでに中学3年の4月から、インターナショナルコースのハイレベルグループで英語の授業を受けられる程になり、入会時に掲げていた英検の目標、準1級も既に手にしています。自分の感じたことや考えたことをイキイキと話すM.Kさんは、どんな大きな目標も次々と実現していくだろうなと思うほどパワフルで、キラキラ輝いていました。そんなM.Kさんのバイリンガルストーリーをご紹介します。

中学2年生のM.Kさん。英検準1級に合格おめでとうございます!

 

将来、英語で困らないように

私は3歳から、幼稚園の後に毎日インターナショナルスクールに通っていました。毎日外国の先生と話していた当時は日本語よりも英語の方が得意で、寝言も英語で言っていたそうです(笑)小学校に上る前に英検4級に合格していましたし、私も英語に自信がありました。私の両親は、仕事をする中で英語の必要性を感じていたため、「M.Kには、どんな方法でもいいから英語を習得して大人になったときに英語で困らないように」という考えがあったようです。

 

中高一貫校の広尾学園を中学受験

小4のときに、中学校の進路を決める機会に、将来はどんな仕事がしたいか考えました。まだ、将来やりたいことを見つけられていないので、学生の時期にたくさん勉強して、今やってみたいと思うことを経験できる時間にしたいと思いました。そうすることで、天職と言えるものを見つけられるようになるんじゃないかと思ったので、高校受験のない、中高一貫校に行くため中学受験をすることにしました。英語は得意で好きでしたが、小6の1年間は英語学習を少しお休みして他の科目の受験勉強に力を入れました。

 

インターナショナルコースに入るためには英語の強化が必須

英語が好きだったので広尾学園のインターナショナルコースに行きたかったのですが、残念ながら入れず、本科コースで入学しました。高校からインターナショナルコースに入ることができるので、それに向けて英語の勉強をがんばることにしました。そのためには、本科の英語の授業ではやらないエッセイの勉強を自分でして、インターナショナルコースの学力に近づけないといけません。でも、自分一人で勉強するのは難しいと思ったので塾を探し始めました。

 

たくさん話すと自然に英語が出てくる

実は、私は英語の文法を習うことが苦手なんです。3歳から英語を浴びていたため日本語も英語も自然に口に出せていたのに、中学生になって文法を学び始めたことで、今まで積み重ねたものが壊れてしまう感覚がありました。他の塾で、文法を叩き込むことをモットーにしているところがありましたが、私にはその方法は合わないと思いました。
キャタルに体験レッスンに来た時は、英語が上手な先生とたくさん話せたので、「ここなら、私が今までやってきた、たくさん話して 英語を身につける方法で学べる」と思いました。先生は英語を勉強して身につけたバイリンガルの方だと聞いたので、英語の勉強についても質問できるだろうなと期待が膨らみました。

 

ナチュラルな表現をライティングから学べる

キャタルを始めてみると、勉強したいと思っていたエッセイライティングをたくさん書けるし、先生たちのフィードバックとアドバイスがとても細かいです。例えば、「日本語的ではなくナチュラルな英語表現に近づけるにはこうした方がいい」「最初のつかみをもっと面白くするにはこのように」など、文章全体のクオリティが上がるような根本的な部分をしっかり教えてもらえます。

 

本科コースでただ一人。ハイレベルな英語の授業に参加

広尾学園には、本科コース、医進サイエンスコース、インターナショナルコース、の3つのコースがあり、私が通っているのは本科コースです。更に、インターナショナルコースの中には、英語のレベルによってアドバンスドグループ(AG)とスタンダードグループ
(SG)の2つのグループに分かれており、AGはホームルームも含めて全教科英語で授業をする、英語のレベルが高い方のクラスです。AGに所属している生徒は帰国子女かインターナショナルスクールで学んできた子たちがほとんどです。高校生になったらインターナショナルコースに入ることを目標に勉強していたのですが、中学3年になった今年の4月から、英語だけインターナショナルコースAGの授業を受けることができることになりました。英語だけAGで授業を受けている生徒は、本科コースでは私だけです。

 

広尾のAGでカルチャーショック

本科コースの授業スタイルは一般的な日本の学校と同じで、先生がホワイトボードに書いたことを生徒が写して、生徒は黙って聞きます。AGの英語の授業を受けて驚いたのは、「先生は話したから次はあなた達の番よ、自分の意見を言ってくださいね」と生徒側にも発言を求められることです。AGの授業は常に意見を求められるので、AGの生徒で自分の意見を持っていない子がいません。また、「たくさん話して先生に自分を印象づけた方がいい」と皆考えているため、ずいぶん周りの子から「もっと話さなきゃ印象付けられないよ」というアドバイスを受けました。同い年でも、自分の意見を持って発言できると、授業への参加度も高く、たくさん吸収しているように見え、そんな同級生をかっこいいと思い、自分もそうなりたいと思うようになりました。

レッスン中のM.Kさん

 

不安があっても挑戦したい

パワフルな同級生と一日中一緒に勉強できるので、インターナショナルコースに移りたいという思いが更に強くなってきました。今まで思い描いていた筋道通りに進めていることに満足していますが、不安も感じるようになりました。コースを変更することで今まで築いてきた人間関係も、日本語で勉強してきたことも無駄になるかもしれないからです。
今まで積み上げてきたものを捨てて新たな道を歩むことは勇気がいることですが、挑戦することで自分の世界が広がることに期待しています。大学では海外留学するというビジョンがあり、またそのときにも不安を抱え、悩みながら進むことになると思いますが、私は挑戦したいと思っています。

 

準1級に合格!次の目標はSATとTOEFL受験

それでも、きっと高校はインターナショナルコースを目標にすると思います。そしてそこでいい成績をとれるようになりたいです。インターナショナルコースに入ることを目標にキャタルを始め、英語のレベルでは目標を達成しました。そうすると次は、AGの授業を難しいと感じることが多いので、AGの同級生と同じように話したり書いたりできるようになるまで続けたい、と目標が一段上がり ました。エッセイもキャタルに入った頃よりずいぶん良くなったと 先生に言われるので、英語力が伸びている実感が持てます。キャタルに入ったときに掲げた英検準1級合格の目標も達成したの で、次はこの秋にSAT(※1),そして高校生になったらTOEFL iBT(※2)に挑戦したいと思っています。

(※1)SAT…米国の大学進学希望者を対象とした共通試験。Critical Reading(読解)、Writing(文法+エッセイ)、Math(数学)の3教科、2,400点満点で評価されます。
(※2)TOEFL iBT…「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に、かつ高い精度・公平性をもって測定される、120点満点のテスト。

 

同じ方法で学び続けることが大切

私の経験から言えることは、積極的にたくさん話すと英語は身につくよ!ということと、ブランクを作らずに英語を同じ方法で学び 続けた方がいい、ということです。小学5年生から英語学習の時間を減らし、6年生の1年間、英語学習をお休みしたブランクは私にとってすごく大きかったです。幼稚園の頃は何も考えずに自然と思ったことを英語で表現できていたのに、今は、AGの子たちとボキャブラリーの数や選んで使っている単語のレベルに差を感じ ます。ブランクなく、少しでも毎日英語に触れる環境を作れていたら、また、AGやキャタルのように文法を意識しなくても英語を使える方法で学び続けられていたらもしかすると今の私もAGの同級生と同じくらいの英語力を持てていたのでは、と思います。だから、今英語を学んでいる子は、英語に触れ続けることと、たくさん話すことをしてみてください!


私たち英語塾キャタルは英語を学ぶことで、夢を叶える力を手に入れることができると考えています



今の子どもたちにとって英語を学ぶことで得られることこそが、21世紀に必要な力だと考えています。ストーリーを読み、英英辞典を引いてイマジネーションを育み、世界を想像しながら自分の夢を見つけ出す。英語を学ぶことで、自分の夢と世界を繋げることができると、夢は自然と大きくなります。そこから時間をかけて、大きな夢を現実にしていくこと。
英語は世界で活躍するために必要な力であるだけでなく、世界に出るのに必要な力を育むチャンスを与えてくれる最高のトレーニングの場所を子どもに与えてくれるのです。
よかったら、キャタルの体験レッスンに来てみませんか?

英語塾キャタルのページへ

SNSでもご購読できます。

関連記事