小学生が英検準 1 級に合格!高度な内容を理解する力と豊富な語彙力が合格の秘訣


小学6年生で英検準1級にみごと合格したR.Tくん。試験の内容は、大人でも合格するのが難しいと言われているレベルです。準1級にはビジネスや学術的な問題が多く出題されるため、英語力だけでなく知識も同時に蓄えておく必要があります。そのため、小学生で受験する際はもちろんのこと、日頃から高度な内容や言葉に触れておくことが大切です。今回は小学生でありながら準1級に合格できた秘訣をR.T
くんにインタビューしました!

 

英検準1級合格、TOEFL Juniorも875点の高得点

小学校5年生の頃までインターナショナルスクールに通っていたのですが、途中で私立の学校に編入することになりました。英語に触れる時間が減ることで英語力が低下してしまうと思い、どこかで英語を勉強しなきゃなと思っていました。今は週に1回3時間のキャタルでの英語学習が主で英語力が向上し、英検準1級に合格できました!
また、半年に1度、キャタルで受験できるTOEFL Juniorでは、875点(満点900)を取得することができ、英語への自信がさらに強くなり、学習効果を実感しています。

 

小学生には難題な準1級のリーディング

合格するまでに準1級は何度も受験しています。語彙の他にもリーディングの内容はとても高度で、2級までは理解できるレベルでしたが、準1級になると時事ニュースや学術的問題、たとえばシリアでの戦争のことや、イルカの生態と超音波について読み解かなければならないので、小学生が受験するにはとても難しいです。
ただ、リーディングの設問は1パラグラフの中に答えがあるので、そのコツをつかめれば正答にたどり着きやすいです。また知らない単語を読み解く際は、前後の言葉から意味を推測して読むことができれば正しい答えを選べると思います。

 

単語の意味だけでなく、使い方も理解する

穴埋め問題では、解答の選択肢の中に同じ意味を持つ類義語があるとき、どの単語が適切かを見極めるのが大変です。そのためには、前後の文章の流れから適切な単語を選ばなければ、この問題は解けないと思います。意味が似ていても使う状況によって使い分けられるのでその言葉がどんな時に使われるかを知っておかなくてはなりません。
今はTOEFLの勉強をしていますが、レッスンで使用しているテキストの中に、準1級で出題された単語がたくさん出てきました。準1級は言葉が難しくて点数が取れないケースが多いと思いますが、合格に必要な語彙力を身につけられたと思います。

 

習慣的に英語でニュースを読んでおく

食事の時間などを利用してインターネットやポッドキャストで、CNN Student NewsやBBCなどを見ています。今まわりに何が起きているのかを見聞きしていたら、準1級に出てくるような問題と内容がマッチしていたので理解できたのだと思っています。これらのNewsは英語で読めるようにならないと準1級は難しいと思います。
今レッスンで取り組んでいるノンフィクション系のテキストは、準1級に出てくるようなリーディングの内容なので本文の背景を理解するのに役立っています。

 

英語を使う機会を積極的に作り出す

キャタルのレッスンはバイリンガルの先生に楽しく教えてもらえるので、毎週来ていて飽きないです。
小さい頃に海外に住んでいたことがありましたが、外国に住んでいると日本とは違った面白さを感じることができたので、それ以来、英語っておもしろいなと思うようになりました。普段は英語を使う機会があまりないので、他にも英会話に行ったりして英語を使う機会を作っています。キャタルでは、全て英語でレッスンを進めてくれるのが嬉しいです。
次の目標は、12歳までには英検1級と国連英検A級や特A級を取得したいです。国連英検はB級を持っていますが、 英検よりも文化のことや経済のことなど多くのことが出題されるので小学生にとってはとても難しいですが挑戦していきたいです。


【無料レポート】小学校5年生が英検1級に合格した「受かる+使える」英語学習法

なぜ、小5で英検1級に、小1で英検2級に合格できたのか?
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法を無料公開!

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは


など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事