犬が教えてくれる、リーダーシップ教育とは?【パート2】


今回の放送は前回から引き続き、カリスマドッグトレーナー、シーザー・ミランの【犬の原理】を元にしたリーダーシップ能力の発掘や対人関係の改善についてお伝えします。
なぜ教育番組で犬の話が出てくるのか、みなさま気になっているかもしれませんが、自分が他者に対してどういった態度を示しているか、どういった教育をしようとしているのかは、言葉を使わない、動物に対する態度からよく明らかになると、思いませんか?

自分の飼い犬にこのトレーニング方法を実践したおかげで、私と姉は良いリーダーとなり、私たちの飼い犬は安定して、いい犬となりました。
この教育方法は、人間関係において、特に子ども達に向けても、応用できると感じていますので、皆様にもシェアしたいと思いました。

ぜひお聞きください。

 
今回のラジオで紹介した本:

ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せに暮らす方法55
シーザー・ミラン (著), ナショナル ジオグラフィック (編集), 藤井 留美 (翻訳)


私たち英語塾キャタルは英語を学ぶことで、夢を叶える力を手に入れることができると考えています



今の子どもたちにとって英語を学ぶことで得られることこそが、21世紀に必要な力だと考えています。ストーリーを読み、英英辞典を引いてイマジネーションを育み、世界を想像しながら自分の夢を見つけ出す。英語を学ぶことで、自分の夢と世界を繋げることができると、夢は自然と大きくなります。そこから時間をかけて、大きな夢を現実にしていくこと。
英語は世界で活躍するために必要な力であるだけでなく、世界に出るのに必要な力を育むチャンスを与えてくれる最高のトレーニングの場所を子どもに与えてくれるのです。
よかったら、キャタルの体験レッスンに来てみませんか?

英語塾キャタルのページへ

SNSでもご購読できます。

関連記事