2021年度入試から新方式の英検が導入されます。英検3級スピーキング対策解説付き


今回の放送では、2021年から導入される新方式の英検についてお伝えします。

皆様もご存知の通り、現在実施されているセンター試験は2021年度に廃止され、「大学入学共通テスト」へと移行します。それに伴う大きな変化の1つとして、英語試験は「大学入学共通テスト」の枠組みの中でTOEFLや英検のような、民間業者等が提供する外部資格・検定試験を活用することになりました。

そして、大学入学者選抜における外部資格・検定試験の活用を支援する仕組みとして、独立行政法人大学入試センターによって「大学入試英語成績提供システム」が設けられます。今後は各大学で、このシステムを介する入試と、介さない入試が実施されることになります。そこで、英検は従来実施してきた方式に加え、新たな3つの方式を実施することになりました。

2021年の大学入試で活用できる英検の各方式は、4種類あります。

① 英検 (従来式)
② 英検2020 2days S-Interview
③ 英検2020 1day S-CBT
④ 英検CBT

ラジオでは、上記の4種類の英検の違いや、入試への活用方法をお伝えしています。放送の後半では英検二次試験対策として、3級のスピーキングの解説もさせていただきました。

どうぞお聴きください。


【無料レポート】小学校5年生が英検1級に合格した「受かる+使える」英語学習法

なぜ、小5で英検1級に、小1で英検2級に合格できたのか?
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法を無料公開!

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは


など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事