~英英辞書を活用!誰もが知っている夢のストーリーで、ワンステップ上の学習へ~ Peter Pan(ピーターパン)


今回ご紹介する本は、ディズニー映画としても有名な、皆さんご存知のお話です。

Peter Pan(ピーターパン)
著者:James Matthew Barrie(ジェームス・マシュー・バリー)氏

ロンドンに住む3人兄弟が、不思議な男の子ピーターパンと出会い、子どもが一生子どものままでいられるというネバーランドで冒険をする物語です。誰もが一度は抱くような、子どもの頃に描く夢で溢れたファンタジーとなっています。
キャタルではこちらの本を教材として使用しており、レベルは英検4級程度です。

今回は、こちらの本を例として、キャタルのレッスンで実際に行われている英語学習方法の一つをご紹介したいと思います。

 

《英英辞書を使った、語彙力向上の方法》

キャタルでは、英語力がこちらの本のレベルに届いた時点で、英英辞書を本格的に使い始めます。英和辞書ではなく、英英辞書を使用して本に出てくる英単語の意味を調べていくのです。英英辞書と聞くと、普段使い慣れている英和辞書より難しく感じられるかもしれませんが、実際はとても分かりやすく意味が書かれており、意外と簡単に活用することができます。逆に、英和辞書を使うことで、実は英語学習における落とし穴にハマってしまう可能性があるのです。

例えば、本の中の登場人物の一人である女の子ウェンディについて、
“She has got long blonde hair and blue eyes.” という文章があります。
こちらのblue eyes のblue ですが、ここで英和辞書を使うとblue=青いという答えを得ることになると思います。
しかし、英和辞書を使ってblue=青、color=色、revolution=革命などといった答えを得ることに慣れてしまうと、英語を日本語に直すという癖がついてしまい、最終的に日本語がないと英語を理解することができなくなってしまいます。そうなると、例えば英語を話す相手と会話をしている際、万が一、英単語を忘れてしまった場合、頭には日本語の意味しか思い浮かべることができない状態となり、会話が滞ってしまいます。

しかし、そういった場合でも、同じ言葉を別の英単語に言い換える力があれば、会話をスムーズに続けることができます。
先ほどのblueを、英英辞書で引いてみると、
“The color of the sky on a fine day.” とあります。このように言われると、人は「晴れている日の空の色」をイメージします。英英辞書を使うことで、英単語のイメージを浮かべることができ、blue=青といった日本語を暗記する必要がなくなります。
イメージを認識することでより記憶に残りやすく、また自身が持つイメージの記憶から、新しい英単語へ繋げていくことができます。例えば、blueからイメージできるものとして、sky, day, weatherなどといった言葉が思い浮かび、まるで連想ゲームのように英単語を学んでいくことができるのです。

脳の記憶は、箇条書きになっていません。blue=青といったような、一つの英語に対して一つの日本語を覚えるのではなく、一つの単語でイメージできる言葉を派生させながら単語を学ぶことで、脳の中のネットワークが広がり、学習効果を高めることへ繋がります。
ぜひ、みなさんも英英辞書を活用し、イメージの幅を広げてみてください!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
バイリンガルお勧めの本 紹介記事はこちら
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

~キャタルのレッスンで人気!夢を追う少女の物語~ “A Dream Come True”(ア・ドリーム・カム・トゥルー)

~人生の可能性を無限大に広げる力を与えてくれる一冊~ The Phantom Tollbooth(ファントム・トールブース)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
英語学習に役立つ音楽 紹介記事はこちら
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語で表された、世界にとって大切なメッセージを理解しよう “Where Is The Love?”(ウェア・イズ・ザ・ラブ)

英語を体で覚えよう!歌詞に合わせて自然に体が動いてしまう一曲 “Another Day Of Sun”(アナザー・デイ・オブ・サン)

女子必見!心に溢れる気持ちを魅力的に表現する2曲 “How far I’ll go”(ハウ・ファー・アイル・ゴー) “Rise up”(ライズ・アップ)


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事