高校生向けの大学レベル教育、国際バカロレア”DP”とは?


fatigued-1822678_1280

前回の記事でご紹介した「国際バカロレア(IB)」。
今、IB教育が日本の教育現場では大変注目を浴びています。

IB教育とは英語で行われる国際基準の教育プログラムで、もともと日本国内では主にインターナショナルスクールで導入されていました。前回の記事では、なぜこのIBの教育プログラムが注目されてきているのかをご説明しました。

IB教育のうち、とくに「ディプロマプログラム」が着目されています。
この「ディプロマプログラム」とは一体どのようなものなのでしょうか?
そして、日本での教育とはどのように異なるのでしょうか?
今回はIBのディプロマプログラムについて解説していきます!

最後の試験は大学レベル!?ディプロマプログラム(DP)の内容

まず、IBのディプロマプログラム(DP)とは何でしょうか?
DPとは、16歳から19歳の大学入学前の生徒を対象としたIBの二年間プログラムです。卒業要件を満たしたら最後にディプロマ(卒業証書)をもらえ、無事DPを卒業したとみなされます。

DPではどのようなことを学べるのでしょうか?

まず、<言語と文学・言語の習得・個人と社会・理科・数学・芸術>という6つのグループ(教科)があります。各分野から1科目ずつ(もしくは芸術の代わりに他の5グループからもう1科目)選ぶことができるので、合計6科目の授業を受けます。二年間これらを幅広く学び、最後に各科目で試験を受けます。この試験は大学レベルの問題も出され、自分の意見が求められるような筆記試験(エッセイ形式)が多く出されます。

座学だけではない!研究論文や課外活動も要件に

上記の6科目に加え、卒業要件には三つの「コア」と呼ばれる<①TOK ②課題論文 ③CAS>が含まれています。

TOK(Theory of Knowledge)の日本語名は「知の理論」。授業、プレゼンテーション、そしてエッセイなどを通じて物事を多角的に捉えるクリティカル・シンキング(批判的思考)を身につけます。知識はどのように習得され、私たちがなにを「知」としてどのように判断しているか等、知識を得る過程について考える科目です。

課題論文では、自ら決めた研究課題についてリサーチし、英語で4000字(日本語で8000字)の
論文にまとめて提出します。大学で出されるエッセイ課題でもこの半分の文字数だったりするので、高校生がこのような論文を書くと考えるとかなり負荷の高いことだと考えられます。

CASとは Creativity (創造性)、Action (身体的活動)、Service(奉仕)の3つの要素における活動を指しています。生徒はこれらの分野で課外活動をし、その時間数がCAS単位として認められます。つまり、DPはアカデミックな学習と並行し、様々な課外活動も積極的に行うことを促してくれる教育プログラムになっているのです。

非常に充実した二年間の教育プログラム

これほど内容の濃い教育を高校生の時に受けるとはとても魅力的だと思いませんか?
筆者もIB教育を受けた者ですが、DPのおかげで思考力、好奇心、そして積極性が身についたと感じております。

日本の英語教育の世界でこれからどのようにIBのディプロマプログラムが普及していくのか、気になるところです。

The following two tabs change content below.
飯田麻衣

飯田麻衣

カリキュラムコーディネーター(国連英検特A級・英検1級・TOEFL iBT 118点 所持)

In the Dreaming Class【第2回:清水 章弘さん】

20150114

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》



第2回目のゲストは、
部活をやりながらも現役で東大に合格し、現在は、複数の教育事業を行っている、「勉強のやり方を教える学習コーチ」として人気の株式会社プラスティー教育研究所代表の清水章弘さんです。

東京・飯田橋の学習塾・家庭教師「プラスティー」

清水さんは、青森の教育委員会からも教育改革を頼まれるほどの人物で、以下のような、学習関連の本を何冊も執筆されています。
▼現役東大生が教える! 頭がよくなる7つの習慣
▼自分でも驚くほど成績が上がる勉強法
▼習慣を変えると頭が良くなる―東大生が教える7つの学習習慣
▼勉強がキライなあなたへ 学びを楽しむ22のレッスン
13年間英語教育に従事している三石郷史と学習コーチの清水章弘さんの白熱トーク!





3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]



SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事