英語の「音」の規則性を学ぶフォニックス


child_003

フォニックスとは

フォニックス(音響学)とは、フォネティクス(音声学)の初歩を子供が学べるように開発されたもので、簡単に言うと<アルファベットと音の関係の規則性>を学ぶ英語の勉強法です。
日本語の「あいうえお」は文字と音が一致しています。「あ」という文字の名前は「あ」であり、音も同じく「あ」です。一方で、英語のアルファベットは文字と音が一致していません。「A」という文字の名前は「エー」ですが、音は「エー」ではありません。これは、例えば、「CAT」を「シーエーティー」ではなく、「キャット」と読むということです。このように、アルファベットを覚えながら音との関連性を学ぶのがフォニックスです。

 

フォニックスを学ぶメリット

文字が音と一致していない、言わば<音の言語>である英語を学ぶ上では、初めに文字と音を結び付けて覚えることが大切だと考えられています。なぜならフォニックスを習得すれば、英語の音全体の75%を身につけることができるからです。フォニックスを定着させることで丸暗記学習法から解放され、綴りを知らない単語を読むことも書くこともできるようになります。また、アルファベットと音のルールを把握すれば、初めて聞く単語を聞きとることはもちろん、日本語の五十音の範囲内で発音する通じないカタカナ英語ではなく、きれいな正しい英語の発音ができるようになります。
フォニックスの規則に当てはまらない残りの25%の音は例外として覚えていくより他ありませんが、子供たちはフォニックスを習得することで、自分で英語が読める達成感を得ることができます。自力で絵本を読んだ り、綴りが書けたりする喜びの気持ちは学習のモチベーションを大いに高めます。そのためフォニックスは英語を母国語とするアメリカやイギリスの子供たちの教育にも取り入れられている、伝統的な学習方法です。

 

フォニックスの仕組み

フォニックスは、英語の音を以下の4種類に分けます。
1. Vowels (母音)
2. Consonants (子音)
3. Blends (sn、gr、bl など、2音以上混合)
4. Combinations (sh、ch、th など、2文字以上で1音)
まず、26文字のアルファベットの単独の音を学ぶことから始まり(1と2)、次に2文字の音(3と4)を学びます。その組み合わせで3文字以上 の単語を読めるようになるという、部分から全体を読めるようになるのがフォニックスの仕組みです。

<例>
フォニックス_pic

 

バイリンガルになるための第一歩

2011年から小学校高学年の英語活動の必修化が決まり、早期対策を考える方が増えています。英語を始める際、まずフォニックスを学ぶことは後々の英語に対する認識を大きく変えることでしょう。英語の音に対して敏感になるので、リスニング力が向上し、聞いたものが書けるようになります。「わかる」ことと「できる」ことは、子供たちにとって嬉しいことなので、英語が好きになり自発学習を促進します。そして、英語ネイティブの子供たちも学ぶフォニックスを学習することは、英語をコミュニケーション手段である言語として自然に身につけることです。フォニックスは、言うなれば実社会で通用する強い英語力を身につけるための第一歩です。

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事