「高校生になったら1年間のカナダ留学」の夢を現実に!キャタルで学び英検2級に合格!中学3年生のHさん


今回は二子玉川ライズ校で学ぶ中学3年生のH.Fさんにインタビューしました。
Hさんは中1の時に自分の英語が通じず悔しい思いをしました。その経験をバネに、キャタルに来てからは英語力が伸びる「正しい学習法」を意識して学習を始め、4ヶ月で英検準2級に合格、1年で英検2級に合格しました。
また、高校生になったら留学したい!という夢への切符も既に手に入れ、目標に向かって勉強をがんばっているHさんの成長ストーリーです!

インタビュー当時の2017年6月には英検準2級でしたが、2018年2月現在は、英検2級にも合格し、留学の切符も手に入れています!!

中1のサマーキャンプで英語が通じず悔しい思いをした

弟と一緒に参加したアメリカ・ボストンでのサマーキャンプで、自分の英語が全く伝わらず悔しい思いをしました。世界中から生徒が集まっているキャンプで、日本人は私と弟の2人だけのため、姉弟以外は誰ともスムーズなコミュニケーションが取れませんでした。他の国から参加している生徒は、皆うまく話せて楽しんでいるように見えました。私は、言葉だけでは通じないので、身振り手振りに加え、絵を描いたり、辞書を使ってなんとか話を聞き取り、意思を伝えました。 小学校のときから週に1回英語の勉強をしていたし、学校の英語の成績は悪くないので、自分の英語が通じないことが大きなショックでした。その時に「もっと勉強して通じる英語を話せるようになりたい!」と強く思いました。そんなことを思っていた時に「英語が話せるようになる良い環境がある」と友人の兄が通っていた塾を紹介してもらい、キャタルに来ました。体験レッスンを受けて「ここで勉強したらサマーキャンプでも話せるようになる!」と感じました。

高1で1年間の留学に挑戦したい!留学の条件は英検2級

キャタルに入り、先生と色んな話をすることで、留学など将来の選択肢が広がった感覚があります。漠然としていた留学も、キャタルの先生が経験した話を聞くことで、私も本気で「留学したい!」「英語力の高い自律した人間になりたい!」と思うようになりました。一貫校で進学する高校には、私の行きたいカナダへの交換留学枠が1人分だけあります。留学の条件である英検2級合格に向けて現在は勉強しています。

キャタルに入り7ヶ月で英検準2級に合格!

キャタルに入る前は英検3級を持っていました。留学するため、中学のうちに英検2級を取ることを目標にし、とにかく英語力を上 げるという気持ちで勉強しました。英検準2級にまず合格するために、試験前にはコーチに沢山質問をしにいきました。聞きたいところはわかるまで聞けるので、試験前のコーチの存在はとても心強かったです。準2級の合格がわかった時は、帰宅する前に、レッスンが無い日でしたがキャタルに行き、直接コーチに報告しました。コーチは一緒にとても喜んでくれて、そのことも本当に嬉しくて、目標の2級も早く受かり、また一緒に喜びたいと思いました。

闇雲に勉強するのではなく正しい方法で学習することが大切

順調に英検準2級に合格できたのは「正しい学習法」で英語を学べたからだと思います。キャタルで教わった学習法は、正しい音を 耳で聞きながら音読し、自分が発音する機会を増やすことです。キャタルに入るまでは、学校の宿題を毎日していましたが、その方法は英語を目で読むだけでした。そのときにはがんばって覚えていたのですが、キャタルで学習法を学んでからは、発音しながら単語を書こうとするとスペルもわかるようになってきました。

宿題の計画を自分で立てられるのでやる気になる

キャタルの宿題の方法もとても良かったと思っています。キャタルでは、宿題をする日時と場所を自分で決めます。もしその日にできなくても、別の日にやることで挽回できるので「できなかった・・」 という残念な気持ちを引きずることなく「次は必ずやろう」という前向きな気持ちになります。宿題をするときも、人から「やりなさい」と言われるとやる気にならないですが、自分の目標のために自分でやると決めているので、毎日コツコツ宿題ができているんだと思います。キャタルの宿題の内容は、声に出して読むことが多いので、学校の問題集を解く宿題よりも手をつけやすく、重い腰を上げなくても取り組めます。それも毎日続けられている理由なんだと思います。

聞きたいことはわかるまで聞ける

コーチには、英検の試験前に沢山質問して、わかるまで教えてもらいました。英語の文章を書くことについては特に丁寧に教えてもらっていると感じます。学校の授業では、英語の文章を一文だけ書いて、添削してもらえるのはその一文だけです。それに対してキャタルでは、ノート半分〜1ページ分の英語の文章を書き、その全てに細かく添削してもらえます。全体の構成、言い回しの誤り、単語の綴りなどを指摘してくれるので、長い文章を自分で書く ことに自信がついてきました。毎週これを続けて文章力をもっと上げていけば、ライティングが要になる英検2級に合格できると思うようになりました。

カナダに留学したい!まずは英語で考えられるようになりたい

中学のうちに英検2級に合格して、高校でカナダに留学したいです。中1の時のキャンプでは、英語力が足りなかったため常に日本語で考えていました。学校の英語の授業も英語を学ぶ時に日本語を使います。キャタルに来てはじめて、英語を英語で学ぶよう になりました。今ではその方が理解しやすいですし、留学するときにもその方が役立つと思うので、自分自身の頭の中も英語だけで考えて学べるようになりたいです。そして、夢の留学を現実のものにしたいと思います。

※インタビュー当時の2017年6月には英検準2級でしたが、2018年2月現在は、英検2級にも合格し、留学の切符も手に入れています!


【無料レポート】小学校5年生が英検1級に合格した「受かる+使える」英語学習法

なぜ、小5で英検1級に、小1で英検2級に合格できたのか?
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法を無料公開!

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは


など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事