アウトプット重視のTOEFL、その学習法とは


in_out_strech_pic

 

どのように学べばよいか

目標が変われば、方法も変わります。今までの学校教育での標準的なゴールはセンター試験でした。 それが東大を始めとする国内大学の国際化が進めば当然、TOEFLのような世界基準のテストで結果を出す方法で学ばなければいけません。アメリカ有名大学に入学が許可されるスコアの目安は、TOEFLで100点以上取得することが求められます。それをゴールとした場合、果たして小中高生はどのように英語を学ぶべきでしょうか。

先にも見た通りTOEFL iBTの特徴は、膨大な英文を読解する力、英語を聞き理解する力、口頭や文面で論理的に伝える力を必要とします。今まで私たちが学んできた文法力や翻訳力を重視したカリキュラムでは、こうした力はつきません。だから私たちは日本語を介さないと英語を理解することも使うこともできないので、膨大な英文を理解したり、文量のあるエッセイ書いたりすることができないのです。

 

読書を学習の中心に置く

では、どのように学べば、TOEFL100点を目指せるのでしょう。ここでヒントになるのは、実際にTOEFL100点を取っている日本人の学習法です。英語力の高い人たちに共通しているのは、海外滞在期間が長いことではなく、小さい頃からの読書の習慣でした。 英語圏にいるとはいえ、ネイティブに比べれば英語に触れる機会が少なく、それを補うのが現地でも英語の本だったのです。また、小学校低学年など小さいうちに日本に戻ってきた場合でも、その後の英語力保持と向上に成功した人たちは読書の習慣を持っている人たちです。なかには、小学校低学年で帰国し、その後はお母様と二人三脚で読書を続け、高校卒業後イェール大学に入学した人もいました。
読書量が多い人が国語の成績が良かったのと同じように、英語でも読書が語学力の基礎を作ります。読書を学習の中心に置くことで、英語を英語のまま理解することができるようになり、たくさんの言い回しを覚えることでアウトプット力の基礎を作ることができます。読書を通じてたくさんの文に触れ、そのなかに音読を取り入れ、リスニング力やスピーキング力を磨くというのが、帰国子女たちが自然と取り組んでいた学習法です。

 

自民党の教育再生本部は大学の受験資格や卒業要件にTOEFLを導入する提言をまとめました。結果的に導入は見送られることとなりましたが、近い将来、英語教育におけるトップダウンの変革が起ころうとしていることを示唆しています。この大きな転換点において、今子どもたちがいかに英語を学ぶべきか。その方向性の見極めは難しく、だからこそ正しい知識とビジョンを持って子どもたちを導いていくことが大切となります。

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事