先生と英語を話す楽しさ、合格した嬉しさが、続ける力を育みました。


3年前からキャタルに通い続けている、小学3年生のKKくん。
レッスンに一生懸命取り組む様子や、コツコツと勉強を続ける姿勢に、キャタルの教師たちも、その成長をいつも楽しみにしています。英検合格の実績や長く続けてきた自信を実感している彼は、キャタルの生徒さんの模範です。継続の訣や、勉強のモチベーションはどんなところからきているのか、インタビューしてきました!

 

継続の秘訣は、教師の存在と英語で会話する面白さ

これまで通っていて「レッスンに行きたくないな」と思うことはありませんでした。
キャタルでは、先生と会って英語でいろいろな話をしたりすることがとても楽しいです。
学校であったことだったり、最近はゲームの話もしました!
先生たちと話すことが面白いから、楽しく通い続けられてるんだと思います。

 

得意を伸ばして、結果につながる!

キャタルでは、ライティングのレッスンが好きです。
サマリーライティングをする時、文法はわからないところもあるけど、物語の内容はだいたい理解できていると思います。
サマリーライティングのレッスンで、自分の好きな書く力も伸ばせました。
英語を書く練習をずっとやっていたので、ライティング問題がある準2級の合格にもつながったと思います。

 

キャタルで学んで英語が得意に

学校の授業と比べると、やっぱりキャタルのほうがレベルが高いです。
学校では、先生が先に言った英文や単語を、淡々とみんなで声を合わせて口に出すような授業がおこなわれています。
まだ学校でやらないようなこともキャタルで勉強できて、英語の成績も上のほうに入れるようになりました。

 

合格すると嬉しい!だから勉強も続けられる!

キャタルに入った3年前は英検5級だったけど、今は準2級を持っています。
合格はしたけれど、受けてみるとやっぱり難しかったです。
次は英検2級を目指したいけど、準2級がぎりぎりで合格できたので、もう一度受験し直してみようと思っています。
2次試験のスピーキングは、普段からキャタルで英語を話していたこともあり手応えはあったけど、1次試験は単語力が足りなくて分からないところもありました。
なので、準2級で高得点を取ってから、2級にチャレンジしたいです。
英検は5級からずっと、力がついたことを 実感してから受けて、一つずつ合格していきました。
英検は、「受かりたい!」っていう気持ちで挑戦しています。
それに、これまで合 格してきたときの「うれしい!」っていう気持ちもあるから、勉強を頑張れたり、続けられてるんだと思います。
英語は好きだし、だんだんできるようになっていくと、それもまた嬉しいです。

 

外国でもコミュニケーションが取れるように!

英語が話せるようになって、いろんな国に行ってみたいです。
もっとできるようになって、外国に行ったときでも英語がちゃんと話せるようになりたいです。
そしていつか留学もしてみたいので、これからも英語の勉強を続けたいと思います。


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事