夢は大好きなサッカーの通訳になること! 小学3年生・悠世くん


今回ご紹介するのは、自由が丘校で3年以上英語を学び続けている悠世くんです。
サッカーと水泳が大好きで、将来の夢はサッカー監督の通訳になること!と元気よく話してくれました。

 

悠世くんの英語力推移

2013年11月 2016年12月
英語初心者(アルファベットから学習) TOEFL primary 214

通い始めた頃のことを覚えていますか?

(悠世くん)キャタルに通うようになった最初の頃は緊張していたけれど、少し経つと緊張しなくなり楽しくなってきました。2-3年生の頃に、他の英語の学童保育にも通っていました。そこは楽しかったけれど辞めました。両親には僕が英語ができるようになっているように見えなかったようです。僕自身も、そこでは英語ができるようになった感覚はなかったですし、テストなどで成長を感じることもありませんでした。キャタルは本が難しくなっていくことで成長していることがわかります。過去の本と比べて文字が多く長い文章の本も理解できるようになったと気付時、英語が上達している実感が湧きます。

 

悠世くんはキャタルのテキストを通して成長を実感しているんですね。ご両親は他に、悠世くんの成長を実感することはありますか?

(お母様)英語の本の音読をするときの発音が、明らかに良くなりました。また、知らない単語でも読むことができるようになり、最近は家でも英語の字幕をスラスラと読んでいたり、英語の歌を耳で覚え歌ったりしています。簡単な英会話はしっかり意味を理解できているところにも成長を実感します。

 

レッスン中も教師が英語で話しかけていることは全て理解しているようで積極的に英語を使っている姿が印象的でした。その理由に「英語が好きだから!」と言っていましたが、なぜ好きなのですか?

(悠世くん)学校の英語の授業は簡単で、僕が答えるとみんなから「すごいね!」と言ってもらえるからです。他の教科と比べても英語が一番得意です。

 

どうして英語が一番得意なのですか?

(悠世くん)英語は毎日勉強しているからだと思います。他の塾で習っている国語と算数は毎日はやっていないので、それが一番得意な英語との違いだと思います。

 

毎日英語を勉強しているんですね。キャタルの宿題も毎日しているのですか?

(悠世くん)ほぼ毎日やっています。木曜日以外は毎日習い事があって忙しいのですが、他の塾の宿題が多い時以外はやっています。レッスンの最初のテストで満点を取りたいことが一番ですが、お母さんが誉めてくれることもモチベーションになっています。

(先生)悠世くんは普段から毎週の宿題は必ずやってきます。忙しくて出来なかった時は申し訳なさそうに素直に出来なかったと言ってくれます。

 

毎日どの時間にキャタルの宿題をしていますか?

(悠世くん)「朝家を出る前」と毎日時間を決めて取り組んでいるのでほぼ毎日続けることができています。毎朝6 時前に起きて、ご飯も食べて身支度が終ってから家を出るまでの20-30分の間にやります。その時にできなれば夜ご飯の後、40分ほど勉強時間があるのでその時間にやっています。

(お母様)英語を嫌いになることなく楽しく身につけてほしいという思いがありましたので、家での学習は無理強いせず、本人に任せるようにしていました。また、時々、本読みをそばで聞いたりして褒めることも意識していました。結果、ほぼ毎日自分の意思でキャタルの宿題をしていました。


レッスン中の悠世くんと先生。とても成長した!と教師からも評判です!

 

キャタルの魅力はどんなところですか?

(悠世くん)テキストが面白いこと、友達がいること、先生が好き、この3つです。テキストになっている本の中で一番好きだったのは Days with Frog and Toadという本です。2匹のカエルが冒険して困難に立ち向かう話です。とてもワクワクしました。僕は日本語ではあまり本を読まないけど、キャタルに通うようになってから本が面白いと思うようになって英語の本は読むようになりました。友達がいるから楽しいです。レッスンの後にたまに他の生徒と一緒に英語のゲームをします。がんばった後にそれをすると達成感があります。あと、先生が大好きです。面白いし、休憩時間に僕の話をすると、すごく楽しそうに沢山聞いてくれるからです。

 

では、先生から見た悠世くんはどんな生徒ですか?

(先生)悠世くんは分からないところは活発に自分から質問してくれる真面目で勉強熱心な生徒です。その姿勢から向上心を感じます。教師だけでなく、他の生徒に対してもフレンドリーで隣にいる子とも仲良くしながら皆の空間をとても良いものにしてくれています。

 

お母様から見たキャタルの魅力はどんなところですか?

(お母様)ただ英語で会話するだけでなく、Reading、Writing、Listening、Speaking、すべてにおいてご指導いただけること、また英語の本を読むことで楽しみながら学習でき、読み終わったという達成感を味わいながら学習できるところが大きな魅力です。また先生がみな熱心で、質が高いところも安心してお任せできるところです。

 

英語がもっとできるようになったら、どんなことがしたいですか?

(悠世くん)高校か大学生になったら留学して外国に住みたいです。外国の人のこともよく知りたいですし、もっと英語を上手になりたいです。そして将来、大好きなサッカーの通訳になりたいです。サッカーを始めた幼い頃から、香川真司選手や本田圭佑選手に憧れています。とてもサッカーが上手でかっこいいので、僕もサッカーが上手になってサッカー選手になりたいと思っていました。そう思っていた2年生の時にテレビで監督の通訳をしている人を見て、これだ!と思いました。僕は英語を学んでいるので、大好きなサッカーと英語を使った仕事ができる通訳になりたいと思うようになりました。

 

ご両親は、悠世くんにどんな大人になってほしいですか?

(お母様)様々な国籍の方と上手くコミュニケーションがとれる社交性やグローバルに活躍できる人になってほしいと思っています。また、自分の考えや意見をしっかり持った大人になってほしいと思っています。実は「悠世」という名前の由来の一つに、外国の人にも発音しやすい音というものがあります。グローバルな人になってほしいという願いを込めてつけました。

 

とても素敵なお考えですね。お母様はどのようなお気持ちで 3 年間悠世くんを見守ってこられましたか?

(お母様)毎週学校の荷物とキャタルの荷物両方を持って行っていたので「疲れた、、、行きたくない。」と言い出すことは時々ありました。ですが「辞めたい」と言うことは一度もありませんでした。私からは、大変だけど努力したことは必ず力になると声をかけて励まして行かせることもありましたし、そのようなことが続く時には、本当に嫌だったら無理して続けなくてもいいとも話し見守ってきました。

 

悠世くん自身はいかがですか?3年以上キャタルを続けてきた今の心境を教えて下さい。

(悠世くん)夢色紙をいつも見ていて「自分はサッカー監督や選手の通訳になりたいんだ」と常に確認しています。辞めたいとはほとんど思わないですし、そういうことはあまり考えないです。学校でも自分の夢についての作文を書いてそれが教室に貼ってあるのでいつも見ています。英語ができるようになったと感じると、いつも夢に近づいていっていると実感します。


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事