小学生の英検受験で注意すべき3つのポイント


family_resize
近年、小学生の英検受験者が年々増加している背景には、早期から子どもに英語を学ばせる家庭が増えたことが考えられます。そして、私たちにとって子どもの学習成果を客観的に見るのに適しているのが英検なのでしょう。
今回は、小学生の英検受験で注意するべき3つのポイントをまとめてみました。

(1)英検には英語嫌いのリスクがはらんでいる

小学生の低学年で英検を受験する場合、どうしても「早く、早く、少しでも早く!」と親の方が焦ってしまいがちですが、焦りは禁物です。近い将来、2級や準1級といった級を目指す場合、「英語が好き」「ほっといても洋書を読んでる」状態をつくりあげるべきなのですが、その前に、「英語嫌い」にさせてしまっては元も子もありません。特に小学生のお子さまは多感な時期でもあります。そんなときに「嫌い」という感情を生んでしまうこと自体、一番のリスクです。

 

(2)小学生の英検は長期スパンで目標をたてる

英検は一度合格すると、次の級、またその次の級と十分な学習内容を得られないままに合格することだけが目的になってしまうという落とし穴があります。目先の合格に目を奪われてはいけません。「何年生までに何級に合格する」という目標だてをし、長期スパンで受験のスケジュールを組むことが大切です焦らずに、計画をお立てください。

参考程度ですが、もし、今お子さまが小学2年生であれば、下記が1つの目安になります。
・中学受験がある場合 : 小学4年生までに準2級合格を目標にする(得意であれば2級を)
・中学受験がない場合 : 小学校を卒業するまでに準1級を目標にする(得意であれば1級を)

 

(3)ゴールは合格ではなく、英語が使えること

英検の合格ラインを知っていますか?5級〜2級までが60%、準1級と1級が75%となっています。例えば「準2級にギリギリ合格しました!だから次の試験では2級に挑戦させたいと思います」これは完全に英検の落とし穴にハマっているパターンです。ゴールが英検合格になっています。

運転免許に例えてみましょう。目的は免許を取ることではないですよね。交通ルールを理解して、安全に運転をするためです。英語も同じです。コミュニケーションを取れるようになることがゴールであり、試験に合格するためではありません。そして、60%で合格できてしまうということは、残りの40%は定着していないままということです。これを運転免許に例えるととても恐ろしいことですよね。その人の車には絶対に乗りたくありません。
つまり、大切なことはゴールを見失わないことなのです。

 

小学生での英検受験は「次回でなんとかギリギリ合格」よりも、「次々回に高得点で合格」のほうが、次つながる学習になります。時間的にも余裕のある小学生であれば、なおさら英語学習に時間をかけて向き合い、短期的な学習成果に固執するのではなく、長期スパンで「使える英語」を身につけるための学習設計をおすすめします。


【無料レポート】小学校5年生が英検1級に合格した「受かる+使える」英語学習法

なぜ、小5で英検1級に、小1で英検2級に合格できたのか?
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法を無料公開!

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは


など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事