英語の学習効果を最大化する方法

5senses
英語を習得する上で、勉強時間は大切ですが、もっと大切なことがあります。それは「学習効果」です。学習効果が普通の人の2倍あるなら、勉強時間が同じ場合、2倍の差がついていくからです。これから多くのことを学び始める子供達は、学習効果を意識した学び方を取り入れるかどうかで、成長速度が大きく変わっていきます。

小さい頃から、効果的な学習の習慣ができていることは、お子様にとって何よりの財産です。今回は、「英語の学習効果を最大化する方法」についてお伝えします。


 

なぜ「聞き流すだけ」は非効率なのか?

電車の中で、リスニング教材を勉強している人たちがいます。スキマ時間に一人で英語の勉強ができるので、効率のよい勉強だと思われますが、まったく逆で、とても非効率です。リスニング力を鍛える時に、口から音を出さずに静かに聞いていると、学習効果が半減してしまうのです。

人間の脳は別々の働きをするいくつかの部分が集まってできています。リスニングを担当する聴覚野と、発音を担当する運動野は別の部分ですが、両方を同時に刺激することで、脳のシナプスがつながりやすくなるため、かけ算の効果が期待できます。”聞き流すだけ”では英語が身につきにくいのはこのためです。

電車の中で勉強する場合も、聞き流すだけでなく、周りに聞こえない程度の大きさで、音源を聞きながらブツブツ言って音読をすると、黙って本を読むより遥かに効果的です。

 

英語学習の効率を最大化する2大ポイントは?

英語の学習効果を最大化するポイントの1つは、「五感を使って勉強すること」です。五感を使って脳を刺激することで、学習効果を高めることができます。

もう1つは、感情とつなげることです。感情が動かされるということは、「濃い体験である」と言えます。濃い体験は記憶に定着しやすいのです。「あなたの幼少期の思い出は?」と聞かれて思い出されるのは、感情が動いた濃い体験のはずです。夏休みの楽しい思い出かもしれませんし、初恋の思い出かもしれません。英語塾キャタルが、バイリンガルの教師にこだわっているのは、レッスンで濃い体験を提供し、学習効果を高める目的があるからです。

 

1人でできる!効率のよい英語学習は?

とはいえ、1人でできる効果的な学習法もあります。それは、「興味のある本を、感情を込めて、声を出して読むこと」です。静かにリスニング教材を聞き流すより、何倍も効果的な学習方法です。しかも、自宅で誰でも取り組める勉強法です。CD付きの本もたくさん出ていますので、ぜひお子様と一緒に、声に出して本を読んでみてください。また、小説もおすすめです。小説の良いところは、小説のストーリーを想像しながら読み進めていくので、五感と感情を結びつけやすいため、学習効果が高まります。


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事