英語に夢中になれる「英語本」


15185-08
なにかを学ぼうとするとき、「楽しい」と感じられるか、そうでないかで学習意欲は大きく変わります。
特に子どもにとっては、おもしろくない勉強を継続的に行うことは苦痛でしかないでしょう。
英語も同じです。英語が「好き」、「嫌い」というのは、その勉強が「楽しい」「おもしろい」と感じられるか否かが大切です!しかし、日本の英語教育は文法偏重のカリキュラムで、テストで良い点数を取るためだけの退屈な内容です。そして、実用的な内容をほとんど学んでいなかったことに気づき、今となって英語の習得に私たちは苦労しています。
一方で、バイリンガルに英語の勉強について聞いてみると、勉強は楽しいものだという認識を持っている方が多いです。そして、彼らに「楽しい」と感じさせていたのが「読書」です。英語の本を読むことは、勉強を楽しいものにし、さらにはバイリンガルが英語を身につけた方法でもあるので、とても効果的な勉強法です。

今回は、英語初心者の小さいお子さま〜中学生にオススメの本をご紹介したいと思います!

 

【小さいお子さま・小学生向け】
超初心者向けの良い本は、有名な童話をもとにしたものが多く、非常に多くの出版社が同じタイトルを出しているのでどのシリーズを読むかが重要です。日常的に使われる重要単語・表現をたくさん用いて平易な文章で書かれたものを選ぶのがおススメです。

THE CAT IN THE HAT 〔著者:Dr. Seuss/出版社:Random House〕

欧米では知らない子どもたちはいないと言われるほど、言葉の基礎を覚えるために最初に読む 本として有名なDr. Seussシリーズ。お留守番中の兄弟の家に、突然不思議な帽子をかぶったネ コがやってきてイタズラを始める、という愉快なストーリー。とても易しい単語で綴られたリズミ カルな文章は、子どもたちの想像力と、先を読みたいという意欲を引き出します。

Curious George Takes a Job 〔著者:H.A. Rey/出版社:Houghton Mifflin Company〕

キャラクターとして日本でも大人気の「ひとまねこざる」の原作。好奇心旺盛でいたずら好きな子 ザルのジョージのお話です。絵本とはいえ、ハラハラさせるかわいいエピソードとイラストが子 どもから大人まで魅了します。色々なストーリーが揃っているので、気に入ったものから読んで みましょう。

Amelia Bedelia 〔著者:Peggy Parish/出版社:Harper Trophy〕※I Can Read! シリーズ

欧米の子どもたちに大人気、いわれた事を「文字通り」に解釈してしまううっかり者の家政婦アメ リアの楽しいお話。一生懸命なアメリアの間抜けな勘違いを通じて、読み手は一つの英単語が 複数の意味を持つことを覚えることもできます。(このI Can Read!シリーズも、レベルが5段階に 分かれており、たくさんの名作が揃っています。)

 

【中学生向け】
「海外で育ったバイリンガルたちが子どもの頃読んだ本」でもっとも多かったのがロアルド・ダール。英語圏の子どもたちなら知らない人はいないほどの人気児童文学作家です。学校の図書室にも必ずおいてあり、映画化された作品も多いのが特徴です。(「チャーリーとチョコレート工場」はお馴染みですね!)

George’ s Marvelous Medicine 〔著者:Roald Dahl/出版社:Puffin Books〕

ジョージは、意地悪なおばあちゃんに、少しでも優しくなってほしいという願いから薬を作ります。どんな結末が待っているのか知りたい一心で飽きずに読み進めることができます。

Charlie and the Chocolate Factory 〔著者:Roald Dahl/出版社:Puffin Books〕

貧しくて年に1度しか大好きなチョコレートが食べられないチャーリーに夢のような出来事が!映画を見て内容を把握しながら読み進められるのもこの作品の魅力。

The Magic Finger

怒るとコントロールが効かなくなって次々に魔法をかけてしまう不思議な指を持つ女の子とグレッグ一家のお話。この本はダールシリーズの中でも60ページと短く、一文がとてもシンプルに構成されているので、ダールの作品を英語で読みたい!という初心者の方にオススメです。

 

お気に入りの本は見つかりましたか?
最初は読むことに苦労するかと思いますが、内容がわかるようになってくるときっと楽しみながら英語を勉強できるようになります。また、CDがあるとより読書の効果が上がるので音声付きの本もオススメです!

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事