ノーベル賞受賞利根川進教授に直接聞いてみた!    第3回 日本とアメリカの教育の違い。そして脳科学が行き着く先とは。


利根川教授は、1987年にノーベル賞を受賞するが、その前にスイスから再びアメリカに移り、現在でもMITで研究を続けている。ご家族もボストンで暮らしており、お子さんたちはアメリカで育っている。最終回は、日本とアメリカの教育の違いや、バイリンガル教育の是非、そして脳科学の行き着く先と教育の在り方などについて直接聞いてみた。


-最近日本では英語教育が加熱ぎみで、特に小さい頃からバイリンガルに育てようと、小学校に上る前からインターナショナルスクールなどに入れて、英語で子育てをしようとする両親が日本人のご家庭などもあります。利根川教授が、ボストンでお子さんを育てた経験からバイリンガル教育についてどのようにお考えでしょうか。

小さい頃から英語を学ばせることには、賛否両論あるわけで、特に母国語がしっかりとできるようになる前に英語を勉強しても、思考の基礎となる母語が出来なければ思考が広がらないという人もいるよね。実際に、バイリンガルの環境で育った子どもの方が、言葉を習得するのが遅くなるというレポートなんかもある。僕も子どもを育てるときに、両親がネイティブでないから、バイリンガルの環境では子供たちに悪影響があるんじゃないかと、相当悩んだ。でも、ある時子どもの行く学校の信頼できる先生と話をしていて、「この子たちがバイリンガルになることができれば、それは子供たちにとって大きなAsset(財産)になりますよ」と言われて、それはそうだろうと元気づけられた。CultureとLanguageは直結しているから、いろんなCultureの視点から物事を見れるようになったほうがいいというわけ。

tonegawa_15
ノーベル賞授賞式で賞状とメダルをスウェーデンのグスタフ国王から受け取っているところ。


 

-バイリンガルとモノリンガルの脳には違いはあるのですか?

脳は、Plasticity(可塑性)といって、学習や経験を通じて脳のProportionが変化するという特徴がある。モノリンガルとバイリンガル、マルチリンガルではこのPlasticityのおかげで脳の形が変わってくる。これは実は、若ければ若い分だけ変化しやすくて、年を取ってくるとPlasticityは失われていくんだよね。だから、小さいうちから多言語の刺激を入れてあげたほうが、習得は早いということになる。

 

-小さいうちから英会話学校みたいなところに行くことについてはどのように考えますか

世にあるEnglish Conversation Schoolみたいなところに行っても、十分ではないと思う。最終的には、きちっと正確な英語を書けるようにならないといけない。インターナショナルな場面で相手をImpressするようになるためには、先生にも相当の実力がないとダメだろうね。だから、あなた達がやっているような、書けるようになるようにするという教育はいいと思うよ(*1)。
例えば、theとかaとかの冠詞。あれなんか僕は今だに間違える。ああいうのが感覚で使い分けられるようになるには、小さいうちに何度も読んで、書いてを繰り返していないとできるようにはならない。あれが完全に感覚で使い分けられるようになったら大したものだ。

 

-他に英語を習得するために、脳科学的にやっておくといいことなどはありますか

脳科学なんて言ったって、脳なんてまだ10%くらいしか分かってないわけだから、よくわからないけど(笑)、Plasticityの話で言うと、音楽を小さいうちからやっておくというのはいいだろうね。たとえソリストなんかにならなかったとしても、脳が音に対してSensitiveになる。僕なんか聞いてもわからない音の違いでも、音楽をやっていれば聞き分けられるようになるから、そういう人は言語をやる上では有利だね。

 

-これからの未来は人工知能が発達して、今まで人間がやっていたことをロボットやコンピューターが代替すると聞きます。そうすると人間はもっと音楽や文学など、感情的な芸術方面に進むようになるのでしょうか。

Artificial Intelligenceの世界には、2045年問題というのがあって、あと30年もするとコンピューターは人間よりも高度な感情を持つようになると言われている。そうすると、コンピューターがモーツアルトみたいな作曲をし始めるかもしれない。もっと言うと、コンピューターを御しきれなくなって人間がコンピューターに滅ぼされるなんて、SFみたいなことも本当に問題になるかもしれない。そういう方向に脳科学が進んでいることは確かだよね。どう規制するかという話も、始まってくるだろう。

 

-最後に日本の英語教育についてお聞きします。去年から日本ではスーパーグローバル大学というのが選定されて、大学も国際化に舵を切ろうとしています。これらの大学は年間約4億の予算をもらって国際化を推進しようとしています。教授はこのような日本の大学の国際化の動きについてどのようにお考えですか。

4億では、予算として小さすぎるね。(*2)。教育というものを本気でなんとかし、行政が引っ張っていこうという力が弱いと思う。例えば、シンガポールなんかは、国がトップダウンで決めていくからNUS(National University of Singapore)なんかは、どんどん進歩している(*3)

国がお金を出して、先生の給料を倍くらいにして、教育に進みたい人をもっとふやしたら、優れた人材が集まるようになるんじゃないか。給料というのはやっぱり大切な要素で、日本だと給料が低い上に、先生は教える以外にも部活や雑用で忙しいから、思いっきり授業に力を注ぐことができず、やりがいが少ない。先生が忙しいから、子供たちは放課後に学校で勉強できなくて、塾に通っている。

ボストンのいい学校に行くと、授業なんかは15人位でやっていて、先生たちはみんなMAやPhdを持っていて、教育の現場に工夫と活気があるこういう学校ではみんな一生懸命勉強していて、スマートであることがクールだということになっている。

tonegawa_14
マサチューセッツ工科大学で行われたノーベル賞受賞の記者会見


こうして利根川教授へのインタビューは終了した。日本を代表する知が今何を考えているか、日本の教育についてどのように考えているかを少しでも読者の皆さんにお伝えできれば嬉しい限りである。

tonegawa_10

 

*1 キャタルでは、Rewritesというライティングのオンラインサービスを行っています
*2 アメリカの大学は、日本の大学とは比べ物にならないほどの資産を持っており、最近では、その資金力を使って合格者はどんな家庭出身者でも大学に通えるような奨学金に力を入れている。日本の中でお金持ちで有名な慶應義塾大学と比べても桁違いの資産を持っている。総資産額:慶應義塾3600億円、MIT 1兆6200億円($13.5bil)、Harvard 4兆3680億円($13.5bil)Wikipedia より
*3 NUSはこのインタビュー後に発表されたTHE(Times Higher Education)で世界ランキング26位。東京大学を抜いてアジア1位になっている。


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事