東京グローバル10や進学指導重点校に指定される、都立日比谷高等学校


Hibiya-Highschool-00

<学校の概要>

東京都立日比谷高等学校(以下、「同校」という)は、東京都千代田区永田町にあり、永田町駅、赤坂見附駅、溜池山王駅、国会議事堂前駅から徒歩7~8分で通学できる。1978年に設立され、現在は男女共学の学校であり、授業は45分が7コマである。
東京都教育委員会より、東京グローバル10や進学指導重点校に指定され、グローバルリーダー育成に力を注いでいる。国語、数学、英語において、入学者選抜学力検査に自校問題を導入している。

 

<基本情報>

公立普通科高等学校
スーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイト校
生徒数:968名(2014年12月~2015年2月時点)
共学/別学:共学
学期:3学期制
学費:約25万円(初年度、高等学校)
国内大学進学実績:早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、東京理科大学.、上智大学、東京大学、千葉大学、一橋大学、北海道大学など(2015年)
海外大学進学実績:Foothill College(2015年)

 

英語などの土曜講習を実施している

1限の授業は8時25分に始まり、45分の授業が1日に7コマある。5限は12時45分までで、6限は13時30分に始まる。土曜日には補習を実施していて、1・2年次には英語の講習がある。2015年度の土曜講習は、1年次には3教科について開講し、前期2日と後期6日である。2年次は4教科について開講し、前期2日と後期5日であり、3年次は5教科について開講し、前期18日と後期12日である。
1・2年生は全員が、ほぼ共通の教科・科目を学ぶ。2年生の自由選択科目は、英語表現Ⅰ、ドイツ語、フランス語、中国語、ハングルから選択し、週1回放課後(8・9限)に履修する。3年生は、午後の授業を全て自由に選択し、最大6科目を選択できるが、自由選択を履修しなくても卒業は可能である。卒業に必要な単位数は80であるが、必修の履修単位数が合計94~95である。

 

予習・復習を徹底し、学年に応じて段階的指導を行う

全学年において英語の授業で予習・復習を徹底し、コミュニケーションに対する積極性を育むことを目標としている。1年次にはリスニングに力を入れ、2年次にはライティングの指導を行う。3年次には、社会で必要になる高度なコミュニケーション能力を養う。学校行事としては、英語スピーチコンテストを行っている。

 

国公立大学182、早稲田155、慶應義塾131という合格実績(延べ人数)

2015年の国公立大学の合格数(カッコ内現役)は182(107)で、そのうち医学部医学科は18であった。国公立大学別の合格数は、東京大学37(19)、千葉大学16(13)、一橋大学14(10)、北海道大学10(4)などである。
私立大学の合格数は、早稲田大学155.(98)、慶應義塾大学131(86)、明治大学108(85)、東京理科大学74(42).、上智大学43(36)、中央大学37(19)、立教大学35(28)、青山学院大学30(21.)などである。
同校では5~6教科7科目の大学入試センター試験、および4教科6科目の国公立二次試験に対応できる教育課程を実施している。医学部の合格数は、国公立18(7)と私立35(9)である。

 

東京グローバル10とスーパーサイエンスハイスクールに指定されている

平成26年度、東京都は国際理解教育を先導的に推進する学校を「東京グローバル10」とし、同校はそれに指定され、様々な取組みを行っている。たとえば、ALT(外国語指導助手) および JET (語学指導等を行う外国青年招致事業)の英語指導員が英語教育を行う、地球規模的なテーマの課題研究、国際金融政治経済や人文・社会科学の分野で活躍している著名な学者・研究者による講演会、アスペン研究所との連携、ボストン・ニューヨーク海外派遣研修などを実施する。
ボストン・ニューヨーク海外派遣研修では、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学 の研究室訪問、学生との交流、連邦準備銀行(FRB) や国連本部への訪問、アスペン研究所訪問などを行う。これにより、アメリカ合衆国の建国の歴史を学び、金融・国際政治経済の中枢に触れ、探究してきた研究課題の成果を提言して著名な先生のアドバイスを受けることができる。
また、高大連携・接続を目指し、東京医科歯科大学のスーパーグローバル大学(SGU)創成支援事業に加わり、大学生とともに英語で討論するグローバルコミュニケーションワークショップや、英語によるディベート大会に積極的に参加する。他には、生徒の代表が、アメリカ大使館が主催するEmbassy Academy プログラムのワークショップに参加し、英語による講義とディスカッションに加わった。
さらに同校は、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定され、理数教科で創造性を育んでいる。このように人文・社会科学分野と自然科学・科学技術分野の両方において、グローバルリーダーを育成している。2015年に生徒がスーパーグローバル委員会を発足し、学校とともにグローバル活動を運営している。

 

まとめ

同校は地下鉄の3駅から7~8分の場所にあり、通学しやすい立地である。東京都教育委員会が実施する「東京グローバル10」事業の指定校であり、文部科学省が指定するスーパーグローバルスクールアソシエイト校である。海外研修や、英語によるディスカッションをするプログラムに参加する機会があり、グローバル教育に力を入れている。
国公立大学や早慶上理への進学者が多数で、医学部など理系の進学を志望する生徒にも適している。現役の合格実績が優れていることから、英語の授業レベルは高いといえる。


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事