【英語教育の未来:大学編①】大学入試はこう変わる!


478284069
英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組《In The Dreaming Class》、今回は文部科学大臣政務官の”山本ともひろ氏”をお迎えし、安倍政権の目指す大学入試制度改革についてお話を伺った。今回の記事では、特に「2020年に受験英語はどのように変わるのか?」をテーマに、大学入試制度改革の意図、これからの子どもたちに求めることなどを中心に山本政務官へのインタビュー内容を紹介する。

 

「”英語4技能”を問う」という方針を示した意図とは?

三石:
「今回の大学入試制度改革によって、『センター試験に変わる”新試験”においてライティングとスピーキングも含めた”英語4技能”を問う』という方向性を示した意味合いは?」

山本氏:
「スピーキングやライティングの学習を通して、課題解決的に解答を求めることのできる力を養ってもらいたい。今の中学生、高校生は大学受験を見据えて英語学習の計画を考えてしまいがちだ。そのため、たとえばセンター試験で作文問題が出題されないとなると、高校での受験勉強でもライティングには取り組まずリーディングばかりに取り組んでしまう。とはいえ、子どもたちに『社会に出ると(ライティングやスピーキングも)必要だ』と言っても、子どもたちからは『けれど大学入試では問われないから、(そういった勉強に時間を費やすのは)時間の無駄』と言われてしまう。

三石:
「文部科学省(以下、文科省)としては、大学入試改革により新試験において4技能を問うとしたことで、これからの学生は自分の頭で考えて、スピーキングやライティングもできる必要があるというメッセージを打ち出したということか?」

山本氏:
「そう言っても良いと思う。スピーキングやライティングも勉強をすれば、評価をされる仕組みになるということを打ち出している」

 

スピーキングとライティングの能力を、いかにして測定するのか?

三石:
「現行センター試験の受験者数は、年間50万人にもなる。この50万人のスピーキング、ライティング能力をどのように試すのか?」

山本氏:
「おそらく現状の人員で実現することは不可能であり、人員面での課題は多い。TEAP(※1)やGTEC(※2)、TOEFL(※3)といった外部試験を上手く活用できないかということも、文科省の中央教育審議会(以下、中教審※4)で検討を行っている。

三石:
「新試験の具体的方向性が固まる時期は?」

山本氏:
「現在は、中教審の有識者に4技能を具体的に問う方法を検討してもらっている。2020年の本試験を見据えて、2017~18年には新試験の出題方針を公表できると思う。すでに(4技能を問うという)方向性を打ち出しているということを、保護者の方にもご理解いただき、今後はスピーキングやライティングも評価されるようになることを知っておいてもらいたい」

 

IB認定校を、今後どのように増やしていくのか?

三石:「立教大学や筑波大学といったスーパーグローバル大学(※5)が先行して、入試問題で4技能を問う問題を盛り込んでいることについては?」

山本氏:「まさしく”スーパーグローバル”を目指す上では、スピーキングとライティングができなければグローバルな社会では通用しない。そういった意味で、(全国的な入試制度改革の)けん引役となってもらえるのはありがたい」

三石:「IB(※6)認定校・候補校を2018年度までに国内で200校にするということだが、IB認定のイメージとは?」

山本氏:「海外のIB認定校では、全授業を英語で行うことが一般的である。しかし日本でそこまでやるには、ハードルが高い。そのため日本に少し合わせる形で、科目によっては日本語での試験を採用する方向で考えている。またこうした日本独自のルールを、卒業生の進学先校でも認めてもらえるようにしたい」

 

安倍政権の進める”地方創生”において、教育の果たす役割とは?

三石:「(山本氏は)復興大臣の政務官も兼務されているが、安倍政権の進める地方創生において教育が果たす役割とは?」

山本氏:「地方大学では、大学キャンパスの周辺が城下町のようになっていて、人も集まりビジネスも生まれる。そのため地方大学をサポートしていくことが、(地方創生においても)大切だと考えている。霞が関(中央)がすべてと考えるのではなく、地方は地方の独自性を活かした政策を打ち出してもらいたい。それに対して、政府は規制緩和や予算面などでサポートを行う。地方大学で育った人たちが、その土地の特性や独自性を理解した上で街づくりを行えば、地方はより輝くはずだ。教育が人をつくり、その人が地域をつくり、国をつくる。各都道府県の地方大学を、全力でサポートしたい」

 

まとめ

三石:「大学入試制度改革という大きな英断を行った下村文科相を支える山本政務官に、お話を伺える貴重な機会となった。”グローバル”がただの言葉だけではなく、しっかりとした政策となり予算などが教育機関へと行き渡るようになってきていると感じている」

 

<注釈>

※1 TEAP:TEAP(Test of English for Academic Purposes)は、上智大学と日本英語検定協会が共同で開発した英語運用力を測定するテスト

※2 GTEC:GTEC(Global Test of English Communication)は、ベネッセコーポレーション子会社で英会話教室を運営するベルリッツが実施している、ビジネス英語のレベルを測定するテスト

※3 TOEFL:TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は、非ネイティブの英語コミュニケーション能力を測るテスト

※4 中央教育審議会:文部科学省におかれている審議会であり、教育関連の諸問題について答申などを行う

※5 スーパーグローバル大学:海外大学との連携や世界水準の教育研究を行う大学を支援する目的で、文部科学省が認定した大学

※6 IB:IB(International Baccalaureate/国際バカロレア)は、スイスのジュネーブに拠点を置く国際バカロレア機構の提供する教育プログラム。世界共通の国際バカロレア試験などを実施している。


【無料レポート】バイリンガルの英語学習法 7Steps

多くの日本人を悩ませてきた「英語ができない」理由とは?
なぜ今までの英語勉強法では、英語を「書く」、「話す」ができなかったのか?
3,000人以上の小中高生が英語を使えるようになった
「バイリンガルの英語学習法 7Steps」レポート無料公開!

・日本人とバイリンガルの英語学習の違いは◯◯にあった
・英語を◯◯で学ぶことが「使える」英語習得のカギ
・英検にも合格できて、使える英語も身につく学習法とは



など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英語学習が劇的に変わります。
是非、お子さまの英語学習にお役立て下さい。

ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

関連記事