読書で英語を学習する方法


yomikikase

読書を中心とした英語学習法が注目されています。多読、精読、音読など関わり方はさまざまですが、大きな特徴は「楽しみながら英語を学習できる上、多くの英語に触れることができる」という点だと思います。 今回は読書を通して英語を学習する方法についてお伝えしたいと思います。

英語の本を読む、と聞くと少し難しそうですが、2つのことを守れば全く問題はありません。ひとつは、自身の英語力にあった本を選ぶこと。もうひとつは一度に全てを理解しようとしないことです。

日本の学校では一つ一つの文を和訳して理解をすすめていきますが、これでは読むスピードが遅くなり、結果として絶対的なリーディングの量が足りないという問題がおきます。英文和訳のトレーニングは、文法や言葉の理解ができているかを確認できるというメリットはありますが、実は一つ一つを完全に理解しないと先に進めなかったり、知らない単語が出てくると思考停止してしまったりという悪い癖を作ってしまいます。

英語の本を使って学習をするときは日本語を介さずに、英語を英語のまま理解できるようになることを目指して読み進めていきましょう。日本語でも新聞などを読んでいるときに知らない単語は出てきますが、流れの中で意味を考えればその言葉の意味が分からないままでも全体像はつかめます。これと同じように、自分の英語力に合った本を選べば、少しくらいわからない単語が出てきても、大枠の意味をつかむことはできますし、知らない単語も何度も出現してくるとぼんやりと意味が見えてきます。

ここで大切にしていただきたいのが、リスニングとリーディングを同時に行うことと、それを何度も繰り返すことです。英語圏には 「Bed Time Story」 という言葉があるほど、親による読み聞かせの習慣が大切にされています。読み聞かせでは、絵と文字を目で追いながら音が耳から入ってくるので、ストーリーを立体的イメージして捉えることができます。

入ってくる情報を正しく捉えられるようになるには、はじめのうちは訓練が必要です。絵や音声は言わば自転車の補助輪のような役割で、それをつけて十分に練習をしておくと、次第に文字だけでも難解な文を立体的に理解できるようになります。また上手な人が読んだ音声なら、そこから感情も読み取ることができるようになるので、言葉と感情をつなげることができるようになります。

ただ本を聞くだけでは十分ではありません。これを何度も聞きながら、それを真似して口に出すことが大切です。英語、日本語に限らず言語は 基本的に真似をすることで習得していきます。日本には残念ながら子どもたちが真似をするお手本が足りませんでしたが、代わりにこれを担ってくれるのが音声CDです。

アメリカはオーディオCDと呼ばれる朗読CDの文化が浸透しているので、有名な児童書にはほとんど別売りのオーディオCDが販売されています。この音声CDを使って何度も黙読と音読を繰り返してから知らない単語を調べ、最後に更に音読をする方法で学習していきます。

このトレーニングにはたくさんのメリットがあります。音を聞くのでリスニング力と発音の強化ができますし、知らない単語が出てきても読み飛ばすことができるので読むスピードが早くなります。また何度も同じものを読むので必要なリーディング量も確保することができます。

そして最大のメリットは、何度も同じ英語を重ねて読むことで、英語を英語で理解する「英語脳」を鍛えることができることです。はじめの1、2回は頭の中に日本語を思い浮かべることもありますが、何度も読んでいると英語が英語のまま頭に入ってくるようになります。何度も同じ文を読むリーディングを中心に置くことで自然と楽しみながら英語が習得できるようになります。

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事