英語学習における「読書」の有効性とは


English_book_001
海外に住んでいた、海外への留学経験がある人たちのことを「帰国子女」と私たちは呼んでいます。
帰国子女と聞くと、日本語も話せて英語も堪能な人を思い浮かべます。私はこの 10 年間 1000 人を超える帰国子女に会い、彼らがどのように英語を勉強していたのかを徹底的に調査してきました。その結果、気付いたことが2点あります。それは帰国子女の英語力にも大きなレベルの差があること、そして帰国子女の英語力は滞在期間の長さではなく、その時点までの「読書量」が大きく関係しているということです。今回は英語学習における読書の有効性について考えてみます。

私は小中高生向けの英語塾を経営しており、教師にはバイリンガルの学生を採用しています。その採用面接にきた学生のある場面での反応で、彼らの英語力を把握することができるようになりました。例えば、面接にきた帰国子女に教材として使っている英語の本を見せると、反応が二つにわかれます。「なつかしー」 といい興奮しながらページをめくる読書量が多い人達と、有名な小説を差しながら 「これは高校の授業でやりました」 という薄い反応をする読書量の少ない人達です。そして彼らの英語力を測ってみると、見事に読書量の多い帰国子女の英語力は高く、読書量の少ない人は英語力も低いという結果になるのです。

イェール大学で学んでいる学生の例を見てみましょう。彼女の海外滞在歴は 5 歳から 8 歳までと比較的短いのですが、アメリカの TOP スクールに合格しています。聞くと彼女は帰国した時から、お母様と英語の本の読書に取り組み、1 年間に自分の背の高さくらいになる位の英語の本を読んでいたそうです。それを毎年 10 年間続けてきたわけですから、途方もない量のように感じます。しかし、本人は楽しみながら読んでいたので少しも苦にはならなかったそうです。この読書のお陰でネイティブに負けない英語力を身につけたと語っていました。英語力が高い人は、英語の本を読む楽しさを知っている人たちなのです。

読書を通じて英語力を上げることの大切さは、多くの方はすでに理解され、実際に取り組まれたことがある方もいらっしゃると思います。その時に問題になるのは、どの本をどのような順番で読むかです。有名な 「ハリーポッター」 などを原書で読ませたいという親の気持ちが先行しても、子どもの英語力と興味がついてこなければ、読書に対してネガティブな感情を持つようになってしまいます。

英語圏の本は日本語のそれと比べてはるかに体系的に整えられていて、どの本をどの順番で読めばいいのかを指導者はしっかりと理解しています。本を読む楽しさを早期に教えるために文字のない絵本から、一冊読み終わるとある綴りと発音の関係がわかるものや一つの単語を覚えさせることを目的としたものなどもあります。読書量が増えていくに従ってレベルが上がっていくように設計されていて、徐々に絵の量が少なくなっていき、小説やノンフィクションに進んでいきます。

英語圏の本はこんなによくできているわけですから日本の学習でも使わない手はありません。実際に英語力の高い帰国子女はこの順番をしっかりと守って読書経験をしている人が多いです。読書を通じて段階的に英語力を高め、その英語力がさらに強い読書力を作っていく。このスパイラルを作ることができれば、英語学習において心配することはほとんどなくなります。


英語圏で育った子どもたちなら必ず知っている本や文学の中の名作を読むことで、英語だけでなく文化的な背景知識をネイティブたちと共有できるようになります。日本と英語圏との違いを読書を通じて学ぶことで、両者の文化や価値観を客観的に理解できるようになります。こうして、読書を通じて英語を学んだ子どもたちは、同じインプットからも多くを感じ、豊かに表現できる人へと成長していきます。

日本語と英語両方ができるだけでなく両者の文化を深く理解し、尊重できる人。海外の人の考えや感情を客観的に理解すると同時に、自分の考えをしっかりと表現できるような人のことをバイリンガルと呼ぶのでしょう。このような人材は読書を抜きにしては、日本はおろか英語圏においても育たないのです。

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


関連記事